福島県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「福島県」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「福島県」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「福島県」の項目を執筆しています。
「直ちに人が住めなくなるわけではない。」
福島県 について、枝野幸男
「退避を勧告します。渡航は延期してください。」
福島県 について、国際連合
「福島には行きたくねぇ!!」
福島県 について、THE BLUE HEARTS
「やっと本当のさよならできる。」
福島県 について、竹内まりや
「起こってはならないことが起こってしまった!」
福島県 について、ハンナ・アーレント
「ふぐすまべんだのって、なまってまってなにしゃべっちゃんだがわがんねいなw」
福島県 について、青森県民

福島県(ふくしまけん、フクシマ)は、日本国東北にある、核問題で世界的に有名な県である。

なお、『ガリバー旅行記』のどこを見ても「福島」という島が出てくることはないので注意が必要である。

福島県旗(2011年以後)
旧福島県旗(2011年以前)

概要[編集]

素晴らしき田園風景[編集]

絵に描いたようなド田舎東京首都圏に一番近いド田舎。都会の住人が想像する絵に描いたような田舎の風景そのままの世界が福島県にある。絵に描いたような田んぼ畑で、絵に描いたようなもんぺ姿のおじいちゃんおばあちゃんが、絵に描いたような「だっぺ」口調のコントのような訛りでのんびりまったりしゃべる。まさに絵に描いたような想像通りの田舎。「心のふるさと福島」というキャッチフレーズは間違っていないね。

影が薄かった福島県[編集]

今となってはとても信じられないが、かつての福島県は『山形県と言えばさくらんぼ、秋田県と言ったらきりたんぽ』みたいな、人に広く認知される「県を代表する名産品」が無く、とぉーっても地味だった。彼らは桃や梨などの果物を挙げていたがやはり他県には見劣りし、自県の株を落としていたのだが、田舎の人間だったためそれに気付いていなかった。地味すぎて逆に有名な島根県より地味だった。福島県と言われてもピンと来ない人がなんと多数に及んだとか。それどころか2011年の「Fukushima」核災難が発生するまでは、東北にあるってことを知ってる国民も少数だった。「福島県から来ますた」と言おうものなら「わざわざ遠いところから・・・」と反応される時もあるけれど何か勘違いされてませんでしょうか?新幹線で2時間もかかりませんよ?え?福島県はもう新幹線開通してたのって?ははっ、それは多分福井県と勘違いなされてますよ。「福島県ってなにかあったっけ?」 うん、(核施設以外)何もないよバーカ。あれ?書いててなんだか泣きたくなってきた…いや、地震前から唯一全国的に知られてる「喜多方ラーメン」があるじゃないか!しかし…それが福島県だって知らない人間も多し。東北関東で有名な「ままどおる」も福島県なんだよ実は。

影が薄い広域自治体ランキングで1位だったが、まさかBBCやABCとかのおかげで全世界に「Fukushima」の名が広まるとは。いやはや。

核問題[編集]

※「東京電力#世界共通語「福島」を製造」も参照すること。

部外者、特に日本人以外からは、「福島(Fukushima)」は「車諾比(Chernobyl)」の同義語で核災難による放射能汚染を意味する。つまり、「福島県」は「車諾比県」と同義語になる。

日本人が「車諾比に行くんだ」と言えば、「何の調査に行くんですか?」と思うだろう。これと同じで、世界各地で「福島に行くんだ」と言えば、「何の調査に行くんですか?」と思われている。

爆発した核施設の所在地は大熊だから『大熊核電所』なのに、核施設名は福島にも無いのに『福島第一核電所』。だから『福島』が核問題の世界共通語になったんだよ。この『福島第一』という名称は、福島市出身の福島県知事、梁川出身の東京電力社長、それに四倉出身の国会議員(後に福島県知事)が結託して決定した(→#歴史)。

それなのに、行政屋も反核運動家も、これも解らずに会津と福島市と福島核電所を「福島」として一緒くたにするんだから、もう堪らない。世界中に知られてる放射能汚染の代名詞「福島」の名を、会津みたいな放射能無傷地域にまで強制するんだから、もう感受性ゼロである。これだから、会津と浜通りと東白川郡は「『Fukushima』の呪縛は嫌だ!」ってブンムクレて、福島県から脱退したんだよ。福島県庁の行政屋は核災難前から中通り優遇だったし、核災難の地雷を埋めた奴が中通りであるという自覚を持っていないから。

地理[編集]

天気が相容れない地域の寄せ集め[編集]

県庁所在地は福島市。しかし、磐前県福島県(1876年以前)若松県の3県の合併によって成立した為、「福島県」という意識を持つ住民は中通りを除いて極めて少ない。中通りの、中通りによる、中通りの為の行政区域が福島県だからである。

静岡県(沼津+静岡+浜松で東海が一総め)や大石川県(富山+金沢+福井で北陸が一総め)のような3県合併と違う点は、天気が全く相容れない3県が合併された事である。若松県(会津地方)は雪国として有名だが、磐前県(浜通り)は雪が降らない。福島県(1876年以前)(中通り)はその中間の内陸気候である。磐前県・福島県1876年以前・若松県の3県が合体合併されて福島県が作られ、福島市が県庁所在地になった要因は、明治政府が会津と平と中村に嫌がらせする為である(→#歴史)。

1876年以前の福島県である中通りでは、明治政府が九州山口の士族をど真ん中・郡山に投入して交通網開発を実施させ、一方で福島市民は少い世代の教育を軽んじて利権を引き寄せた。この為、中通り北部以外の住民は完全に福島市に背を向けている。それどころか、浜通りは、完全に中通りに背を向けて、同じ沿岸同士の茨城県北部や宮城県南部といちゃいちゃしている。

会津地方も、中通り北部と浜通りなんて眼中に無く、東京行きに便利な中通り中部(旧田村家領)、気候と水系が同じ下越(新潟県)、国道121号谷伝いの栃木県北西部(日光・鬼怒川)の方が親しい。なお、近年では大峠トンネルや甲子峠トンネルが開通した為、米沢山形県の国道121号沿線)や那須白河(栃木県北東部~中通り南部)とも親しくなっている。

同じく、鉄道の機関庫(国鉄分割民営化後は運輸区)は旧城下町である会津若松市岩城市(城下町名:平市)と相馬市(城下町名:中村市)の方が相応しい。ところが、会津若松市と岩城市には機関庫が建設されたのに対して、相馬市は原町市に機関庫を強奪されてしまった。原町市が機関庫所在地になった要因は、原町市が相馬市に強請りたかりした結果であり、原町市民が「それが地理じゃないか!『頭や足に方角』の市が『方角の親元』をやっつける、当たり前じゃないか!」という歪んだ地理観を振りまいてるからである。この結果、中通りと会津地方と浜通り夜ノ森以南(旧岩城家領)は密度の濃い地域になっているのに対して、浜通り夜ノ森以北(旧相馬家領)だけは密度が薄い地域になってしまった。

福島市・郡山・白河・会津若松・岩城の五つを「福島県の五大都市」と呼ぶ。この五都市は、膨張し続ける東京仙台に立ち向かうため、かの有名な「ウラワクロス」(→武蔵浦和駅)に匹敵するほどの美しさを誇る「ウツクシマクロス」と呼ばれる陣形を編み出すことで、東京と仙台との間で揺れ動く郡山都市圏の安定を保つよう努力していたのは、今となっては昔のことである。

広大な県域は山々によって「浜通る、中通る、会津・リオンドール、ままどおる」で分けられている。なので、同じ県といっても結構なまりや地域性が違う。中通るの住民は自分たちが日光や那須と同じ栃木県民の一員だと思っているし、雪が降らない浜通るの住民は「関東人」だと思っているし、ままどおるの住民は「ママ最高!!!!!ミルク最高!!!!!三万石最高!!!!!!柏屋は逝ってよし!!!!!!」と考えているし、会津・リオンドールの人たちはもう、あなたのご存知の通り

そのため、関東からは東北(=田舎)と認識されているのは当然のこと。東北のほかの地域からも「東北もどき」「関東もどき」と呼ばれたりする。

各地域での違い[編集]

中通る[編集]

  • 福島:郡山には負けないと思ってるが、駅前の高度成長期臭い風景の時点で負けてる。お買い物なら中合。
  • 郡山:岩城・大熊・新潟を牽制できる位置にあり、東北の二番手と目されている。福島県の歌は知らないが、郡山市民の歌なら完璧。お買い物ならうすい。
  • 白河:阿武隈川流域だが、すぐ南が那須山麓の栃木県なので、「私は東北人ではなく、関東人」と勘違いしてるバカ多数。まぁ新幹線通勤お父さんがかなりいるので、あながち誤ってないんだけど。栃木県に編入される可能性も有る。
  • 矢祭:久慈川流域であり、沿岸でも小名浜より助川の方が近いので、「茨城県民」だと思ってる連中が多数。現在は茨城県に編入されている。

会津・リオンドール[編集]

  • 喜多方:いまだにこの一帯には、高度成長期どころか帝国時代の暮らしを守り続けている。
  • 会津:かつて福島県で最も有名だった都市。福島市や郡山の影が薄いともいう。帝国時代どころか徳川時代の風習を守っている。お買い物ならリオンドール。

浜通る[編集]

  • 岩城:相馬や郡山よりも、水戸からの列車や高速道路の方が便利で本数が多いので、「関東人」「茨城県民」だと思っている連中が多数。お買い物ならマルト。現在は茨城県に属している。なお、「旧佐竹領を無視するな!」という感情から、市名が城下町由来の「平市」に変更されるかも。
  • 相馬:徳川時代までは北の仙台と互角に張り合う力を持っていたが、今や完全に仙台に屈服。気分はもはや宮城県民。現在は宮城県に属している。なお、「『伊達な旅』じゃ片手落ちだ!」という感情から、市名が城下町由来の「中村市」に変更されるかも。
  • 大熊:世界中で「Fukushima」といえばここ。宮城県庁・茨城県庁・日本政府の三者が統治している。水戸や仙台の影響が弱く、最も浜通りらしい地域。

その他の地域[編集]

  • ニコニコ共和国:日本国に併合されたために消滅。いまだに福島県の侵略を恨んでおり制服が入らなくなった謝罪と賠償を求める。

一位になれない福島県[編集]

福島県は果樹をたくさん生産していて稲作もさかんだがどれもこれも生産量1位ではなくなんかぱっとしない。

福島県の面積は47都道府県で北海道岩手県に次いで3位(「県」に限定しても2位)に甘んじている。さらに、福島県のほぼ中央に存在する猪苗代湖の面積も全国4位であり、東北に限定しても十和田湖に負けてしまう。

はたまた、福島県を支える主な水源である阿武隈川の長さも全国5位で、東北に限定しても北上川に惜敗する。福島県の誇る名山・燧ケ岳の高さがやっと東北首位になれるくらいで、地理的な面でも一位の座を戴けない。「2位じゃ駄目なんですかぁ?」とかほざいたどっかの仕分け人が喜びそうな県ではあるね。

もっとも東北ということ自体が地味

また前まで「市の面積全国一位」が福島県のいわき市であったが、2003年に新静岡市が誕生し二位に転落。またしても一位から遠ざかった。しかも「人口密度が高い」とか「水道水が汚い」というワーストランキングですらパッとしない(もっともこれはある意味で有難いのだが)。

歴史[編集]

ちょっと地理に詳しい方なら、「なんで福島県はあんなに広いんだよ?!」「雪の降らない浜通りが、雪国の会津と同じ県って、どういうこと?」と思う方もいるだろう。これは、戊辰戦争で明治政府(長州藩)の死敵だった会津藩と、戊辰戦争で会津藩を援護した磐城平藩と中村藩(これら2つが浜通り)を、明治政府が合併したからなんだ。しかし、会津藩を援護した藩には、庄内藩米沢藩や仙台藩なども該当しており、磐城平藩と中村藩だけではない

会津の連中は戊辰戦争以降、山口県(徳川時代の長州藩)を狂的に憎悪してやまないのだが、しばらくの間口癖のように言っていた「薩摩(鹿児島県)酷い」はいったいどうなったんだろうと、会津人以外は思うのである。これはきっと、会津遺恨全体主義者と手を組んで日本を壊滅しようと企む特亜……もとい、ユダヤの陰謀が絡んでいるんだよ。

というわけで県内に限れば、最近は福島市と郡山の敵対、原町による中村(相馬)への強請りたかり、小名浜による平(岩城)の植民地化の方が……。

…と陰謀妄想でふけってる最中、2011年には戊辰戦争の余燼が、浜通りのど真ん中・大熊の福島核施設で炸裂。炸裂した核施設は会津藩じゃなくて中村藩の領土の南外れだが、磐城平藩の領土にまで放射能を撒き散らしてしまった。これも、長州藩の末裔が、戊辰戦争で敵だった浜通り(中村藩と磐城平藩)に強引に建てさせた施設なんだよ。

更に、浜通りの核施設は、長州藩の末裔が言い出して、中通り福島市出身の福島県知事・佐藤善一郎、中通り梁川出身の東京電力社長・木川田一隆、浜通り四倉出身の国会議員から福島県知事・木村守江の3人が、「福島県」という接点で手を結んで、浜通りの僻地に建てさせた施設である。裏返すと、磐前県が存続していたら、核施設は建てられず、放射能汚染も起こらなかったんだ。1876年の福島県成立以来、中通りの行政屋は、浜通りを「金蔓」「潰滅しても構わない場所」としか思っていない。だから、浜通りは貧弱になり、「困った時の核頼み」に陥った。その浜通りの怨念を象徴すべく、福島県庁近辺は重度の放射能汚染地帯になっている[1]が、身から出た銹である。

会津による被害[編集]

初めに必ずお読みください[編集]

会津地方は主に「長州絶対許さん!」派と「もうどうでもいいじゃない」派に分かれている。読者も分かるとおり、大多数かつ正しいのは後者であり後者は会津若松市民である。山口県民もどうか怖がらず会津に旅行するべきである。

会津地方では住民全員が長州を恨んでる訳ではない。会津若松市民からしてみれば会津遺恨全体主義者のやってることは憎ったらしく市民曰く「会津遺恨全体主義者のせいで会津若松市民の俺たちまでもが会津遺恨全体主義狂恨どもと言われてるんだぞ何とかしろ!」という声が出てる。現にこの特に有名でもないこの福島県で会津若松市は数少ない観光名所なのに、会津遺恨全体主義者のせいで悪い都市だと思われている。実は順良な市なのである。

風評被害[編集]

会津の卑劣で悪質な捏造史観ばら撒きに対して義憤を覚える者は、近年稀に見る速さで増加の一途を辿っているが、その一方で一部の人間が会津を抱える福島県及び会津若松市も絶対悪だ」という「住民の一人が凶悪犯罪者なら同地域の全住民も凶悪犯罪者だ」というような無謀で理不尽な屁理屈理念にもとづき、会津全域までをも常軌を逸するほど狂的に憎悪し、事あるごとに非謗中傷するまさに会津人そのままの過激思想に走っており、社会問題に発展することが憂慮されている。

悪いのは会津遺恨全体主義者のみです。

会津若松市民及び福島県民は喜んで山口県民を温かく迎えるので、憎悪をたぎらせる際は対象をあらかじめ良くご確認の上、決してお間違えのないようご注意を。

過去の被害[編集]

会津の連中は、「長州酷い、謝罪しる!」などと喚いているが、戊辰戦争の際、会津軍は彼らが「長州軍はこのような悪事を行った」と主張するそのままの残虐非道かつ鬼畜な行為を、郡山をはじめとして日本全国で欲しいままに行っている(実話)。

交通[編集]

福島県を代表する国道(2008年以前)
中通り
  • 郡山を中心に、県を十字に描くように鉄道国道高速道路新幹線がぶったぎっている非常に判りやすい交通構造となっている。この十字構造のことを、地理の節で記述したとおり「ウツクシマクロス」と呼ぶ。「福島県には新幹線が通っているのですか?」という質問は、中通り住民を意気消沈させるため極力控えた方がよい。
  • お隣・宮城県では「仙台山形にベッタリ」と呼ばれる程の山越え交流圏が存在するが;これと同じく、福島市米沢を向き、郡山は会津を向き、白河田島を向いている(甲子峠トンネル)。
  • 那須白河空港が、郡山の近くに立地している。当初は「福島空港」を称していたが、福島市民は利用しておらず(福島市民は仙台空港を利用している)、福島市から遠くて那須や白河の方が近いため、中通り南部や栃木県那須山麓からは「福島市まで遠い!」「福島市民がろくに使わないのに『福島』空港は変だろ!」と苦情が殺到した為、「那須白河空港」に改名された。
会津地方
  • 会津を中心に、十字を描くように国道や鉄道が貫いている判りやすい構造となっている。鉄道は東西横断と南と南西に敷かれているが、北の米沢へは国道のみ。
  • 観光同盟では、下越は勿論だが、南北ルートである日光・鬼怒川や米沢ともタッグを組んでいる。一方、只見~田島~白河を直結する甲子峠トンネルが開通して、現在では那須・白河ともいちゃいちゃするようになっている。
浜通り

見るも悲惨。まともな交通路は平以南だけ。水戸や平から仙台に行く場合、通常なら同じ沿岸の中村を経由するはずだが、福島市の行政屋は「郡山と福島市を経由しろ」。常磐高速道路じゃなくて、磐越高速道路が先に全通する本末転倒ぶりである。この為、巨大地震と福島核爆発のせいで、福島以北は宮城県への脱出手段が国道6号のみになってしまった。茨城県民からは、「磐前県が存続していれば…」というボヤキ声も。

名物[編集]

果樹の栽培が盛んで、リンゴさくらんぼが名産であるが、いずれも福島県産のインパクトは無い。しかしながら、こんにゃくいもの生産量は日本でも指折りなので、こんにゃくいもの生産に定評のある福島県という呼び名を貰っており、日本国民の腸内衛生の改良などに貢献している言われる。しかし、群馬県ネギとこんにゃくいもの生産に定評のある群馬県という呼び名を貰っているので、やはり全然目立たない。最近では漬物の生産も盛んになっている。特に、長塚産のホルマリン漬けは、世界中のセレブから予約が殺到している。

又、水戸(茨城県)が納豆消費量1位というのが浸透しているが、実は福島市が1位である。

福島県庁吏員は、医療浜通りを目の敵にするように調教される。冤罪により医師は逮捕されることがある。一方で、東京電力はありがたい金蔓なので、ヘコヘコすることが求められる。東京電力関係者が病院で死ぬと、診断書をでっちあげて、慰謝料名目で賄賂を送る。浜通りに在る東京電力の重油施設核施設が爆発すると、マスゴミに患者を置き去りにしたというウソ・でっちあげをばらまく。このような行為は福島県庁幹部に褒められる。勿論、東京電力の核施設から得られる「ニュークリアマネー」は、全て中通りの為、福島市の為に消費される。

観光[編集]

前述の通り、福島県の知名度は、かつては地味すぎて、逆に有名な山陰の島根県鳥取県にも劣っていた。しかも鳥取県にも島根県にも「鳥取砂丘」とか「出雲大社」とか世界遺産の「石見銀山」とか全国的に有名な観光地を持っているが、福島県で全国的に有名な場所は、「リメンバー、パールハーバー!!」精神が支配する会津以外何1つ無い。

しかし、オタク向け施設ならば存在する。糞チョン翼賛映画「フラガール」の舞台となった常磐ハワイアンセンター、改め「スパリゾート・ハワイアンズ」のみが愚女どもの「聖地」としてカルト的に有名。しかし実際には「朝鮮に接収された民間企業の商業施設を名所にしちゃっていいのか?むしろ名所にしてはいけないんじゃないか?」という疑問や批判を持つ福島県民は当然ながら多数存在するが、その件へ言及することは会津とその盟友である特ぴーによって検閲により削除

同じく、サッカー日本代表の一大拠点として広野に建てられた「J村」も、日本のサッカー界の「聖地」として知られている。このJ村で何度もキャンプを張った、日本代表監督フィリップ・トルシエ(在任:1998年~2002年)が開発した「マミーすいとん定食」は、知る人ぞ知る名物料理である。しかし、このJ村も、ご多分に漏れず、東京電力のカネで建てられた施設であり、東京電力が持つ発電所でぴーをすることは検閲により削除

1958年に東京タワーが完成する前には、1921年に完成した原町ラジオタワーがアジア最大の電波塔だった。この原町ラジオタワーは1923年の関東大震災を全世界に報らせたことで有名だが、老朽化の為に1981年に撤去された。テレビ時代を作った塔は東京タワーだが、ラジオ時代を作った塔は原町ラジオタワーだった。しかし、ラジオタワーが撤去された後の原町は、馬追い祭りで有名な中村に強請りたかりするだけの「喝上げ都市」に成り下がってしまった。そんな原町を反面教師にした小都市が、DASH村と太麺焼きそばでおなじみの浪江である。しかし、DASH村は開墾当初から立入禁止になっているのは、なんとも皮肉な話である。

傲慢かつ蒙昧な他県の人々からたまに「福島県ってどこ?」「福島県なんかいらねー」などの意見がでてくるが、実は東京に電力を供給している発電所やXXXXXリカちゃんさんの居城などが「平凡で目立たない」という利点を生かして設置されているので「会津なんかいらねー」と言うならむしろ福島県民こぞって歓迎だけど、あまり変なことを言うと泣きを見るのはあなた自身なので検閲により削除。フクスマ愚にすんでねえぞ。

しかし、2011年3月の核爆発によって一躍有名となった。現在世界各国からの安全情報として、

『退避を勧告します。渡航は延期してください』

と出ている。

人物相[編集]

中通り会津浜通りの各地とも、部外者から銭を巻き上げたり、隣近所の町に強請ったりするのが非常に上手。観光地から核電所まで、幅広く部外者から銭を取る。又、部外者のワガママを放置し、そのせいで酷い目に遭えば、自分の過失を棚に上げて部外者を攻撃する「後出しジャンケン」「目糞が鼻糞を笑う」も特技である。最後にドライバーに対して桜田門組から「お礼状」を送ることも忘れない。東北高速道路では中通り地域内に入ると皆スピードを落とし、宮城県栃木県に出た点で加速を開始する。

会津の住民は、労働や銭よりも、朝寝、朝酒、朝湯と山口県呪詛が大好きなので、集団山口県呪詛や談合の許可という人参でも鼻先にぶら下げてやらないと全く使えないため、福島県の最大の悩みの種の一つであった。

一方、中通りでは隣近所を叩くのが定番。二本松市民は三度の飯より三春叩き、三春市民は三度の飯より二本松叩きが定番。又、郡山市民は三度の飯より福島市叩き、福島市民は三度の飯より郡山叩きが大好きだが、「持てる者」同士の互角の争いであり、中通り住民も疲れているようだ。

極めつけは、『相馬市』『中村市』を自称する原町市のごとく、隣町の名物を喝上げして文化破壊運動に熱狂し、部外者を叩いて低脳受けを狙う「小泉紅衛兵」まで存在する。浜通りでは、原町君が相馬君から金品を強請り、相馬君が原町君を脅し返す構図が繰り返されている。常磐高速道路の岩城JCTは、当初は「<常磐道>双葉 相馬」という表記だったが、原町の強請り根性のせいで「<常磐道>双葉 相馬」に改悪された。これに対して、相馬市民は、「『相馬市』『中村市』にないくせに『相馬』『中村』を名乗るな!」「中村藩の遺産を返せ!」「自治権を剥奪するぞ!!」「南側も『水戸』じゃなくて『西水戸』に変えるつもりか!」と怒り沸騰である。これでも飽き足らず、原町市民は、(1)師勝市民と手を組んで東名高速道路の表示を『名古屋』から『名古屋』に変更させる運動や、(2)東電叩きと反核運動で熱狂してる川崎市民を扇動して、『川崎市』を『東京市』に改悪する運動にも加わっている。(3)常磐道『南鹿島サービスエリア(仮称)』は地元の鹿島区の強い要望により名前が変更された。この結果誕生したものが『南相馬鹿島サービスエリア』と『南相馬鹿島スマートインターチェンジ』である。 …と、正に、Fukushimaよりも先にメルトダウンしてる奴らで、「福島には行きたくねぇ!!」と喚きたくなる卑しい人物相の集まりである。

福島県出身&ゆかりの人物[編集]

田母神俊雄

※ 福島核爆発後も、「日本は核武装すべき」「放射線は体に良い」と主張し続けている、色んな意味でブレない人物。

脚注[編集]

  1. ^ 2012年12月10日時点の放射線量が、警戒区域内の飯館が0.645μSvなのに対して、福島県庁付近は0.750μSvである。

関連項目[編集]

この項目「福島県」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)