出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

(わたくし、わたし、し)とは、私のことである。俺様とも、我輩とも、儂とも、とも、あたくしとも、あたいとも、あちきとも、おいとも、うちとも、わしとも、おいらとも、朕とも、小生とも、それがしとも、わっちとも、おれっちとも、わいとも、わたくしめとも、我とも、Iとも言う。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

私のことである。知りたい人はメールするなり、電話するなりしてきてほしい。もっとも、私自身は責任を取りたくない……と言っているので、連絡先は公表していないのだが。

しかし、ひょんな事から私とあなたはめぐり合うことがあるかもしれないし、あなたがハッカーであれば、数少ない情報から私に辿り着くことができるかもしれない。

私は私ひとりしかいないが、私は人口の数だけいる。つまり、世界は主観と客観に分かれていると言える。主観の世界では全て私であり、ゆえに貴方もある意味では私である。

[編集]

私の意味は重要である。しかし、うまく使うのは難しい。個人主義とも自我とも関わってくる哲学的な問題である。私とは何か?と本気で考え出すとノイローゼになってしまう。「我思う、ゆえに我あり」などのデカルトの哲学でも追究されている。

私の対義語はハムとも、とも言われている。


関連項目[編集]

この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)