出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(あき)は四季の一つ。の次、の前を意味する。しかし気候変動の影響で強大化した夏や冬に侵食されつつあるため、生息数を減らしている。夏の暑さで歪んでいた時間と空間(空間の歪みは焚き火などで観察されるものと同一)が元に戻るため、一部のでは時計が進められる。

気候[編集]

花粉症がないとでも思えばよい。 夏の暑さでハイになった気持ちが涼しさで冷やされ、葉っぱの運命と自分を重ね合わせたくなる。

秋の行事[編集]

落ち葉をあつめて芋を焼こうとしたら火事になったり、山が紅葉したもみじで真っ赤に染まったり、天候が良いため夕日を赤く感じたりと、赤っぽいイメージがある季節だが”白”が季語になっている。 次々と行われる遠足運動会などの学校行事が怪我の原因となっているが、秋をよりっぽく彩るきっかけになるので文部科学省にも推奨されている。

秋休み
これがある人は年中お休み。
秋分の日
昼間の長さと夜の長さが同一になる。この後北半球では夏の間劣勢だった闇の軍勢の勢力が拡大に転じ、野外での活動時間を短くしてわれわれをパソコンの前へ向かわせる。

文化[編集]

秋の文化的活動を推進する標語に「~の秋」という言葉があるが、宣伝文句にも多用されるなど低質化が目立っている。

[編集]

秋の後には動植物の活動が鈍る冬が到来するため、冬越しをする動物は秋に食い溜めをしている。現代でもその名残が影響して秋には人間の食物摂取量が増しており、またより多く食べられるようにと食物の味が他の季節に比べて良く感じられるようになる。そのため俗に食欲の秋などと呼ばれる過食が行われる。本能と美への羨望が共存している女性は意識下でジレンマに悶え苦しんでいる。

また、他の季節なら味が悪くてとても口に出来ないものまで食べられるようになるため、秋の七草と呼ばれる七種類の植物を材料にした粥が作られる。

読書[編集]

闇の勢力により延びた夜を生かそうと読書の秋が叫ばれているが、パソコンやケータイ小説が浸透したため近々廃止される予定である。

関連項目[編集]