秘密結社

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

秘密結社(ひみつけっしゃ)とは、中世ヨーロッパにおいて、隠された闇の歴史に大いなる貢献を果たした団体の総称である。暇人のサークル。 薔薇十字団ゴールデンドーンフリーメイソン等に代表され、 近年では政府ユダヤ人を恐れない多くの果敢なる陰謀論者たちによって、その陰謀が次々と明るみに出されている。   

歴史[編集]

その発祥は聖徳太子が設立した官位十二階に基づく組織分けがなされた黒魔術組織である。 これらは秘密裏に派遣された遣隋使小野妹子によって中国大陸へと渡り、後に独自の変貌を遂げた。 また、聖徳太子自身は現在も富士山の山頂で黒魔術を使い生き延びていると言われている。

この後ヨーロッパに渡った秘密結社は、エリザベス女王ソロモン王など、 後の世界史において暗躍することとなる人々によって数多くの亜流に分断され、それぞれに発展してきた。

主な秘密結社[編集]

目的と陰謀[編集]

多くの秘密結社の目的は、無知な一般市民を陰謀の手のひらの上で転がし、 世界経済を牛耳ることである。その目的の為にはマスコミの行使、暗殺、歴史の書き替え、呪い、黒魔術など、方法はいとわない。 なお、秘密結社発祥の地は日本であるが、現在最もその活動が活発に確認されているのはアメリカである。 この国での秘密結社の発展は目覚ましく、国民の三人に一人は何らかの秘密結社に所属しており、 同国の大学生に配布された「気になる就職先アンケート」でも、FBICIAに次いで秘密結社がランクインしている。

戦いの歴史[編集]

このように歴史の裏で暗躍する秘密結社を排除しようとする動きは、古くは平安時代の源義経平清盛率いる秘密結社、平家を倒すなど、長年の間行われてきた。 現在でも多くの良識ある人々は、自らの社会的地位や精神病院に搬入される危険性を投げ打って、秘密結社の実態の解明とその壊滅に取り組んでいる。 彼らの多くはその驚くべき観察力で、我々一般人には想像もつかない、到底無関係な出来事を秘密結社の陰謀と見抜く能力と、マスコミの手先たちに持論を否定されようと真実を発信し続ける強靭な精神力を兼ね備えており、彼らが一旦騒ぎだした場合の手に負えなさは、インフルエンザウイルスも舌を巻くほどだと言われている。 しかしながら、彼らのような反乱分子に対して、秘密結社が対策を練らないはずが無い。 最近では9.11の同時多発テロなど、テロに見せかけた虐殺が、多くの結社の手によって行われている。 なお、このテロがイスラム過激派によるものだという報道は、それ自体が結社の捏造であり、我々に真実を気づかせないための罠であるので、要注意が必要だ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「秘密結社」の項目を執筆しています。