稚内市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
稚内から転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「稚内市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「稚内市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「稚内市」の項目を執筆しています。

稚内市(わっかないし)は、北海道にある日本最北端の都市で、文字通り「わっか」(大きな環状の城壁)の内部に築かれた都市である。また、北海道の北の果てにあるので、独特で大いなる孤独感が積もる都市でもあったりする。

概要[編集]

閣下エターナルフォースブリザードを唱えると予告されたのに伴い、稚内市に避難勧告が発令される。

市長は「雪の女王」。市の動物はセイウチ。市の魔法はブリザドとヒャドとブフとアイススマッシュ。市のギャグは「稚内はおっかない。そして稚内はわっかんない。」とこのように言うことから一年中寒い。

風土[編集]

中世ヨーロッパの城塞都市の伝統を残す貴重な町並みを持つ。市庁舎はレンガで作られており、その美しさから観光名所としても有名。氷の気泡内の空気を調べることで大昔の大気の組成がわかり、学術的価値も高い。

家を建てるときにカナヅチを使わずバナナを用いる風習がある。家を建てる前にはバナナを神棚に飾り、工事と完成後の家族の安全を願う。なお、食用としてのバナナは一般的ではない。

気候[編集]

永久凍土の都市である。さらに住民のギャグも寒いため、隣接都市よりも平均気温が5度ほど低い。城門で風が強いのは温度差で空気が流入しているためである。この温度差を城壁とかけて「稚内の壁」と呼ぶこともある。

湖や池では一年中アイススケートができる。自身が氷の彫像になってしまわないよう気をつければ、スケート好きには最高の都市である。

産業[編集]

氷菓
水を庭に10分ほど放置すると過冷却状態になる。これを利用したアイスクリームシャーベットの生産が盛ん。
カニ漁船団
ソ連による拿捕や銃撃といった嫌がらせにより普段は赤字を垂れ流していたが、近年になり対抗策として開発したカニ光線照射装置を用いる事によりアカどもを撃退し、80%もの収益をあげる例が報告されるようになった。
製麺業
東京市東江戸川区東江戸川三丁目の山田みのるが「わっかんないラーメン」として稚内でラーメン作りをはじめたのがきっかけで、これは日本中に瞬く間に大ヒットし、稚内の主力産業となっている。
貿易
稚内港の近辺はロシア人自治区であるが、ここでは貿易が非常に盛んである。トカレフやマカレフなど銃器の輸入、自動車やタイヤなど盗品の輸出は日本で突出して多い。また盗難自転車はロシア領海から盗んだカニを水揚げした北朝鮮船の連中が、漁船に積んで持って行ってくれる。おかげで稚内市のゴミ処理費用が減り、財政的に非常に助かっている。こういった献身的な協力に感謝し金正日を同士または将軍様と親しみを込めて呼ぶ市民が多い。

経済[編集]

流通している通貨は、ルーブルケガニ。特に、1990年代から2000年代の初頭にかけては、ロシアから大量に通貨ケガニが流入した。これを受けて、空前の円高・ケガニ安相場が北海道の各地に出現した。当時はまだ円とケガニの交換を廉価に行なえる為替市場も少なく、ケガニを買い求めにきたトレーダーによって、稚内市を含めた北海道の各地は活況を呈していた。

しかし2000年代に入ると、円の急速な流出を危惧した日本の財務省及び日本銀行らの差し金により、このロシアからのケガニ流入を裏で操っていた鈴木宗男が失脚。急速に各地の市場は縮小していった。

現在は、流通量の減少したケガニに変わる新しい通貨として、タコを市の経済の中心に据えようというタコ本位制が模索されている。

小売業[編集]

セイコーマートが全てを支配しており、セブンイレブンイオンユニクロも稚内への進軍を諦めた。但し、ヤマダ電機しまむらは市内で密かに活動を開始している。 最近になって、マクドナルド軍がとうとうこの地に進行してきて、市内一部を制圧。小学生をハンバー漬けにしている模様。

交通[編集]

北緯45度線に国境があるため、南から北へ向かう場合はその国境を越えなければならないが、国境は簡単には超えられないようになっている。

札幌から1日3本、市内へと入ることが許される列車が出ている。ただし、吹雪になると旭川か名寄で諦めてしまう。

東京からも1日1便、市内へと入ることが許される航空機がある、やはり、吹雪になると羽田へと戻っていくか新千歳や旭川に降りてしまう。

陸上移動であれば国境を通過する際に特に制約はかからない。旭川から車で約4時間、道民の運転なら3時間弱で行くことができる。歩く場合は東京~浜松を徒歩で移動するようなものだと思えばいい。

関連項目[編集]


この項目「稚内市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)