童話

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

童話(わらべばなし)とは、幼児向けに作られた文学作品である。幼児や知的障害者でも比較的話の内容が理解しやすいように考慮されている。絵本になっていることが多い。

概要[編集]

童話の目的は、主人公の行動や思考を通して読んでいる者に人として何が正しいかなどを教えるものである。つまりこれは、主人公が何か行動をして、よい結果になる内容なら、主人公の行動は正しかったと読者に思いこませることができる。逆に主人公の行動によって悪い結果が生まれれば、主人公の行動が間違っていたと思いこませることも可能である。これらを利用すれば読者の思考は自在に操れる。

使い方[編集]

現在の童話の使われ方として、幼児を洗脳し、将来犯罪を犯させるというものがある。他にも子供を幼いうちから宗教の信者にするという使われ方もしている。しかし、製作者は「あくまでこれは、ただの文学作品である。」と主張しているため、放置されている。現在、童話を洗脳に使用している国は朝鮮民主主義人民共和国に限られており、先進国首脳会議で一度議題になっただけで、それほど問題視されていない。

代表的な童話作家[編集]

イソップ
かつてはラグビー花園を目指していたものの、夢やぶれて、傭兵の世界に身を投じ捕虜となった後逃亡するなど紆余曲折の末、文筆の世界に入る。著書であるイソップ童話の内容は、「」、「葡萄」、「に落ちたは叩け」など、擬人化した主人公にすえることで社会や文明を皮肉ったものが多い。
アンデルセン
所詮、この世の中、正直者や貧乏人は馬鹿をみることを見抜いた彼は、同時にそのような物語は同じような境遇の人間から同情や共感を得られることに気づき、それを童話の中心テーマにすることを思いつく。予想は違わず、お涙頂戴物てんこ盛りのアンデルセン童話は、貧乏人は元より、下級層の不幸に同情する事で優越感に浸りたいと思っていた上から目線の富裕層にも大好評を得る事になる。
グリム兄弟
兄「グリ」と弟「リム」の共同執筆によるグリム童話は、悪い子を脅かす戒めるために、女の子が喰われたり手足を切り刻まれたりという残酷なシーンばかりという、マニア垂涎の1冊。日本語訳にあたっては、PTAYokoyari.pngが入ったため、残酷シーンが丸ごとカットされたソフトな内容に改めさせられたが、20世紀末、原書からの正確な翻訳が国内にでまわり、世紀末思想と相まって、女性を中心に大流行となった。
黒いサンタクロースなどというクリスマスらしからぬキャラクターが生まれたのも、このような土壌が存在していたためと思われる。
新美南吉
孤島に住む少年「ゴン」と、島の食物連鎖の頂点に立つキツネグマとの交流を描いた「ゴン狐」はあまりにも有名。10年後、ハンターとなって島に帰ってきたゴンが、人肉の味を覚え村を襲うようになったキツネグマを倒すシーンは涙なしでは語れない。
最後の1行「ゴンは嬉しそうに微笑みました。」は、土壇場で諸処の都合により「ゴンは哀しそうに微笑みました。」に差し替えられた。

主な童話[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「童話」の項目を執筆しています。


Mario.png マリオ土管に入れません。
とりあえず早く入れるためにパックンフラワーを倒すか穴をあけてください。
できるだけ早くお願いします。 (Portal:スタブ)
Clay pipe.jpg