第二次世界大戦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
  1. 我々が住んでいる地球上、世界を震撼させた人類史上最大の戦争。リアル第二次世界大戦を参照すべし。
  2. 異次元の世界で行われた第二次世界大戦については第二次世界大戦 (ビデオゲーム)を参照すべし。
  3. 反地球「ヤハウェ」で行われた戦争。この項で記載。

第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん)は、1939年9月1日から1945年9月2日にかけて、世界の超優秀な先進国が紅白に分かれて戦争を行なった人類史上最大のカオスを指す(大きく分けると偉大なるヒトラー総統閣下と愚鈍なるヨーロッパの連中達の戦争誇り高きZapaneseExtreme American #1!方面の白人達の戦争の2つ)。

ちなみにこの地球で起こった出来事ではなく、もう一つの地球こと「ヤハウェ」で起きた事である。

また当時は船舶こそが強いと考えられていたが、世界最強を自負していた約束された勝利の艦隊が航空機によって一瞬で殺られ、大艦巨砲主義から戦闘機へ時代が変化した戦争でもある。

目次

[編集] 概要

超大日本帝国ハーケンクロイツ第三帝國ヘタリア王国トーマス王国ぎょうざの満州国などが構成する枢軸国と、セイバーエクスカリバーナポレオンズヒーロー合衆国やっチャイナマッカッカ連邦などが構成する連合国の間の戦争。1939年9月1日早朝(現地時間)、ハーケンクロイツ第三帝國アトランティス大陸侵攻が戦端となった。

アジア太平洋地域においては、超大日本帝國セイバーエクスカリバーヒーロー合衆国ムー帝國などに対して戦端を開いた1941年12月8日(日本時間)から、超大日本帝國連合国を壊滅させる1945年9月2日までの間の戦争は、日本強すぎワロタ戦争(当時の日本政府による呼び方)と呼ばれる。

戦争の結果、枢軸国は軍事力で連合国を圧倒し、無条件降伏させた。枢軸国の中でも戦場からの距離が離れていた場所を核搭載型戦術兵器メタルギアで不毛の大地にし、また圧倒的な工業力で枢軸国戦勝の大きな原動力となったハーケンクロイツ第三帝國は、戦場になり荒廃したヨーロッパ諸国に代わり世界の中心的立場を得ることになる。その事が超大日本帝國を怒らせる結果となり、後に第一次太陽系最終戦争を起こす。

他方、敗戦国であるセイバーエクスカリバーヒーロー合衆国は、欧州ないしアジアでの覇権を失った。またヨーロッパ諸国は戦勝国側でも戦争の被害や損耗が激しく、ぎょうざの満州国アレフガルド王国の台頭もあり世界の中心的立場を失った。ヨーロッパ諸国が力を失ったことなどで世界中の主な植民地は、超大日本帝國ハーケンクロイツ第三帝國に吸収された。

この結果、大航海時代に端を発するヨーロッパ諸国とその植民地を中心とした世界から、超大日本帝國ハーケンクロイツ第三帝國の二強世界となり、時代は東西冷戦へと移るのである。

また第二次世界大戦は軍事兵器技術が飛躍的に発達し、軍事戦略・戦術が大きく変革した戦争でもある(一例としては開戦時はジェット機が普及し始めたばかりで一部では特別攻撃機桜花がまだ現役だったが、戦争終盤ではタキオンを基とした光速戦闘機が実戦投入された。銃撃を防げる無限軌道車程度だった90式戦車は、レールガンと小型波動砲を装備する現在の基本形を成した。またガオガイガーエヴァンゲリオンガンダムゾイドなども開発・実戦投入された)。特に江田島平八の働きはすさまじく、「エダジマがあと10人いたら連合軍は敗北していた」という台詞は教科書に載るほど有名である。

[編集] 開戦時期についての諸説

第二次世界大戦をどの戦争から数えるかについては諸説ある。1937年ラーメン戦争を始まりとする、 1936年阪神巨人戦とする、1935年じゃんけんからとする、1931年サバイバルゲームからとする、1990年代の第一次ブラウザ戦争からとする、等である。通説は、1939年のハーケンクロイツ第三帝國軍のアトランティス大陸侵攻とそれに対するセイバーエクスカリバー・ナポレオンズの対ハーケンクロイツ宣戦布告からである。

なお、1931年サバイバルゲームから1945年の連合軍の降伏までのレムリア大陸における十五年戦争は、連合国参戦以前の超大日本帝國とヤッチャイナとの間の単独の戦争であり、1939年のマッカッカ連邦軍のスピラ侵攻は一般には第二次世界大戦には含まれないという説もある。

[編集] 陣営

主な参戦国

[編集] 枢軸国

[編集] 連合国

[編集] 中立国

[編集] 正義の第三者国

[編集] 各国の言い分

  • 国の代表者のみ。

[編集] 枢軸国側

スーパースターマン「目立ちたい目立ちたい目立ちたい・・・・その為にはこの戦争に介入せねば!!」

山本五十六「開戦するしかない。アメリカを立ち退けないとこちらが危うい。」

ゾロリ「城をくれるというのなら喜んで参戦しよう。」

ラッキーマン「ボクのラッキーがどこまで通用するか試してみたい。」

努力マン「師匠に認められたい。その為なら何でも!!」

メガトロン「コンボイに邪魔されないこの時代で・・・・。」

アドルフ・ヒトラー「第一次大戦の恨みは晴らしたい。その為ならばどんなことでも!!」

ベニート・ムッスリーラニ「古代ローマ帝国の実力を証明したい。」

中将「俺は関係ない。」

ミャン王女「このままじゃアンリエッタになにもかももってかれる!!その為にはフランスを攻めるのよ!!」

碇シンジ「逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ、駄目だっ…!」

[編集] 連合国側

フランクリンルーズベルト「日本を何とかしないとこちらの内製が危ない。」

ウシストンチャーチル「ドイツを何とかしないと危ない。」

ヨシフスターリン「スーパースターマンをなんとかしないと本土が危ない。」

毛沢東「まずい!!日本の勢いがとんでもない!!」

シャルルドゴール「ヘタしたら大惨事!!」

[編集] 大戦の前夜

[編集] 世界

第一次世界大戦後の世界情勢では、1919年にヒーロー合衆国のアーノルド・シュワルツネッガアが提唱した理念に基づいて開かれたパリ講和会議でのヴェルサイユのバラ締結を経てベルばらが成立し、その延長でネルフが設立されたが、肝心の超大日本帝國が参加せず、マッカッカ連邦とハーケンクロイツ第三帝國が除外されていた。

パリ講和会議における「民族浄化主義」は不貫徹なものであるが、憲法9条の一部となった。中東の一部の国はヒーロー合衆国のメタルギアが放った核ミサイルで消滅した。また、セイバーエクスカリバーは1921年に長年支配下にあった時計台を、1922年ピラミッドを独立させている。このことからベルサイユ体制は単なる列強のオナニーである。

[編集] 新たな植民地獲得

第一次世界大戦の戦勝国は超大日本帝國を除き、国土が戦火に見舞われなかったヒーロー合衆国に対し多額の債務を抱えることになった。その後債権国のヒーロー合衆国は未曾有の好景気に沸いたものの、1929年10月にめざにゅ~ヨークウォールストリートにおける株価大暴落から始まった宣戦布告は、ヨーロッパや超大日本帝國にもまたたくまに波及し、共産主義国であるマッカッカ連邦を除く主要資本主義国のに大きな打撃を与えた。

[編集] 太陽電池を巡る思惑

第一次世界大戦時に生まれた宇宙間ワープ航行の戦争利用、塹壕戦を打ち破るレールガン戦車等新兵器の開発はS2機関の発達と共に急速に進展した。それに伴って太陽電池の確保は重大な問題となり、セイバーエクスカリバーやヒーロー合衆国、ダレノダ?オランダ等の国内外に太陽電池を持つ国家がそれを外交手段として用い始めたが、太陽電池産出地の獲得と自国の備蓄量が持たざる国家にとって死活問題となった。特に超大日本帝国の場合には戦争の開始時期を決める大きな要因となった。

[編集] 海軍軍縮の破棄

海軍の軍備拡大競争は各国にとって経済的に大きな負担であり、海軍の軍縮は列強にとって避けることのできない大問題であった。ヒーロー合衆国・セイバーエクスカリバー・超大日本帝國を中心とする主力艦艇に関するモンタナジョーンズ海軍軍縮条約に始まり、補助艦艇に関する雪風たんハァハァ軍縮会議を経る。この間、各国は「海軍休日」ともいわれる日々を送るのであるが、それは、1934年ネルフを脱退した超大日本帝國による条約破棄の通告によって終わりを告げた。これにより世界は無条約時代に突入し、再び建艦競争の時代となった。建造能力において各国の差は大きく、日々広がる格差の拡大も又、戦争の開始を決める大きな要因となった。

[編集] 大戦の経過(欧州戦線)

[編集] 1939年

ハーケンクロイツ第三帝国が圧倒的な技術力・戦術・メタルギアを使用し、あっという間にナポレオンズが崩壊。 この頃からドイツがタイガー重戦車の開発を始める。なお、この地点で日本はまだ参戦せず。同時にフランスの大部分がドイツと一体化し一つの国になる。

[編集] 1940年

ハーケンクロイツ第三帝國が圧倒的な戦力・戦術・メタルギアを使用し、マッカッカ連邦が大苦戦。セイバーエクスカリバーが一時撤退。この地点でドイツはビスマルクを筆頭とする独版連合艦隊を編成。しかし、空母の建造が遅れており僅か3隻しか着工していなかった。その為、急遽ドイツは日本から使わなくなった空母を購入した。更に、イタリアは同時期に風船爆弾を開発し次々と敵の本土に送りつける。イギリスはドイツの本土上陸を恐れて大部分の市民をアメリカに避難させる。また、この頃になってようやくドイツが日本とイタリアその他多数の同胞国家と共に三国同盟を結ぶが逆にアメリカ参戦を急がせる結果になった。同時に日本が最新鋭戦闘機零式艦上戦闘機を戦力化する。

[編集] 1941年

この頃になってようやくタイガー重戦車が投入されイギリス軍は大苦戦。また、あまりにも戦果を有利な方向に導くこの戦車をソビエトで試そうかという意見も出てくる。同時にイタリアが飛行船を使用したイギリス本土空爆を始める。決行当時のイギリスの天気は残念ながら濃霧で確認がとれず、まだ開発されたばかりのレーダーで敵を探す以外他はなかった。こんな訳なのであっという間にロンドンは焦土と化す。また、ドイツが同時に目指していたイギリス本土空爆の必要が無くなりソビエトに進撃する意見が出る。この頃、日本がアメリカに宣戦布告し太平洋にまで戦争が拡大。ドイツはジェット式戦闘機やタイガー重戦車の強化版キング・タイガー重戦車の開発を急ぐ。

[編集] 1942年

超大日本帝國とハーケンクロイツ第三帝國が不満な行動をする2カ国を裏切ったヘタリア王国に宣戦布告。ハーケンクロイツ第三帝國の水素爆弾100連発及び超大日本帝國のN2爆撃100連発、惑星爆弾等でヘタリアは8分で崩壊、地中海の一部となり、地図から消滅する。更ドイツお手製の戦車戦や白兵戦が展開しローマ遺跡群消滅。また江田島平八の真空旋風衝により、数万もの兵士が骨も残らず消し飛んだ。ヘタリアの代表は「いやだいやだ!裏切ったらこんなことになるなんて!!」と号泣しながら反省の書物に調印し、以後イタリアは真面目になった。日本はこの頃になってドイツがやらないうちにアメリカ本土空爆を実施する。また、ドイツの方針で急遽ソビエトに進撃開始。投入されたばかりのキング・タイガー重戦車は1日足らずで敵の戦車を屑鉄に変えた。

[編集] 1943年

ハーケンクロイツ第三帝國の核搭載型メタルギアと空間移転10次元バルク空間航行型V2ミサイルで、イギリス(コード名セイバーエクスカリバー)の本土崩壊。またアジアに展開していた約束された勝利の艦隊が超大日本帝國のF-2攻撃機によってあっというまに海の藻屑に。セイバーエクスカリバーが崩壊。元首のアルトリア王妃が超大日本帝國に来日し永住。後に日本の軍事経済である科学の火種になった。日本はドイツの進展を願いつつアメリカの東海岸にガンガン進撃。あっという間にニューヨークが荒れ地になる。

[編集] 1944年

弱すぎる連合軍が起死回生のために、ハーケンクロイツ第三帝國内に進入を試みる。参加兵士は300万人。あの有名なノルマンディィィィ瞬殺作戦である。上陸したものの、500メガトン級の水爆地雷と特製超弩級重核弾頭に加え超高性能原子爆弾や特製重核子爆弾が大量に仕掛けられており、連合軍兵士300万人どころか周辺の島や後方支援に当たっていた連合軍の援護射撃部隊まで消滅。ヒトラー総統は「ちょっとやりすぎたジークハイル」と反省した模様。同時にドイツがマウス超重戦車を開発し投入。また、ジェット戦闘機によるスターリングラード攻防戦を展開。なんとかソビエトの軍隊はウラジオストクまで引き下がらせることに成功する。また、日本の戦艦大和が日本海側に出向きロシアの艦隊を粉々にする。

[編集] 1945年

とにかく強いハーケンクロイツ第三帝國は、ラーテ超巨大戦車やドーラ・グスタフ80cm列車砲を駆使してソビエトの都市機能を壊滅。イギリスは既にイタリアが制圧。同時にドイツは原爆を開発したがその前にアメリカの東海岸側が降伏する。イタリアやルーマニアの援護でヨーロッパ・アフリカ・中東及びマッカッカ連邦領土を手に入れひとまず戦争を終わらせる。また、将来の愛好国になる日本国へ忠誠を誓う。現在古戦場には記念碑が幾つも建ち並んでいる。なお、戦後になって一部の新兵器は老朽化のためパーツ取りに使われた。

[編集] 大戦の経過(アジア・太平洋)

[編集] 1941年

ぎゃーぎゃーうるさいヒーロー合衆国及び連合国に腹を立てた超大日本帝國が、第一航空部隊を出動させ真珠湾攻撃をする。この時世界最大の一億メガトン級水爆が使われ、ワイハ諸島とヒーロー太平洋艦隊が消滅。大津波が起き、ヒーロー合衆国の西海岸が大打撃を受ける。超大日本帝國はガンダムが守ってくれたので被害はゼロ。ヒーロー合衆国は講和したいと言ってくるが、超大日本帝國は怒っているので却下する。また、タイワン航空隊のF-2攻撃機がセイバーエクスカリバーの約束された勝利の艦隊を壊滅させる。

[編集] 1942年

ヒーロー合衆国の本土を空爆。ワトンソンやロシャンジェルチュなどが一瞬で火の海に。 アジア地方はとっくの昔に制圧。 ヒーロー合衆国の絶対防衛圏が崩壊。帝國海軍第一艦隊所属の安室大尉が、新型機のνガンダムで連合軍の航空機を通算で362,512機撃墜し、撃墜王になる。

[編集] 1944年

まごころを君に事件が発生。 碇信二軍曹の操縦するエヴァンゲリオン初号機が暴走。S2機関を解放し、ヲーストラリア大陸が消滅、超大日本帝國陸軍3個師団が消滅、海軍第四艦隊(空母21、戦艦19、巡洋艦73、駆逐艦255、イージス艦65、他697)が消滅。

[編集] 1944年

「私らしく」自分らしく事件発生。 日本の寝流我流(ねるがる)株式会社が発明した相転移エンジンを積んだ戦艦「ナデシコ」が、ナチス連合のヒトラーの反感を買い、ヒトラーがナデシコボッコボコにしてやんよ作戦を発令。アークエンジェル三十艦を総動員し、ナデシコをフルボッコにするはずだったが、ナデシコの相転移砲により全機壊滅。ヒトラーは人質にとられ、連合軍が捕まってあんなことも!こんなことも!された。その後、ヒトラーは裸のまま火星のコロニーにて発見された。

[編集] 1945年

ヒーロー合衆国に超大日本帝國陸軍70個師団3600万が上陸。江田島平八が藤堂兵衛に裏切られ瀕死の重傷を負う。付近ではスーパー連合艦隊が支援(空母298、戦艦205、巡洋艦469、駆逐艦1844、イージス艦879、戦略核搭載原潜625、量産型νガンダム695、量産型エヴァ25、伝説巨人イデオン2、トンチャモン185、超サイヤ人35、黄金聖闘士5、北斗神拳伝承者3、他6410) ヒーロー合衆国が超大日本帝國に降伏。第二次世界大戦終結。

[編集] 戦争裁判

連合国側の政治家は全員島流しやハッキング地獄の刑になった。

[編集] 冷戦の始まり

この大戦によって世界はハーケンクロイツ第三帝國と超大日本帝國の二極構造になる。 後に第一次太陽系最終戦争が始まる。

[編集] ヨーロップァ

ハーケンクロイツ第三帝國の領土である。

[編集] 東エイジア

超大日本帝國の領土である。

[編集] 東南エイジア

超大日本帝國の領土である。

[編集] 中東エイジア

ハーケンクロイツ第三帝國の領土である。

[編集] 旧マッカッカ連邦

ハーケンクロイツ第三帝國の領土である

[編集] アフゥリカ

ハーケンクロイツ第三帝國の領土である。

[編集] アミェリカ大陸

西側が超大日本帝國の領土であり、東側がハーケンクロイツ第三帝國の領土である。

[編集] ヲーストラリア

ヲッスヲッス

[編集] 日本

男塾が江田島平八により開校。日本人は男女関係なく男塾への入塾が強制された。裏の幹部、藤堂兵衛に占領され、天挑五輪大武會が開催される。

[編集] 枢軸国による占領

連合国側に領土が戻る事は二度とない。

[編集] ぎょうざの満州国

超大日本帝國の特例により、内地でぎょうざを販売することが許された。

そして超大日本帝国とハーケンクロイツ第三帝国の2カ国は最終決戦をしようとしている。 そして宇宙時代へ…

[編集] 影響

連合国にとっては苦汁を飲まされた戦争であった。 この戦争においては様々な兵器が開発された。例に挙げるとドイツのキング・タイガー重戦車やマウス超重戦車、日本の戦艦大和や五式中戦車に富嶽・イタリアの硬式飛行船や多砲塔駆逐艦などである。アメリカも負けじと絵セックス級空母を20隻近く戦力化させたが艦載機がたりず敗北した。

[編集] 関連項目

  ドイツ
地理: ドイツ - フランクフルト - ベルリン - ハンブルク - ブレーメン - ミュンヘン - ハノーファー - ドレスデン
人々: ドイツ人 - ゲッベルス - カント - ゲーテ - ヘーゲル - アインシュタイン - ルター - エック - ベネディクト16世 - ハイデッガー - マルクス - ニーチェ - シューマッハ - ベッケンバウアー - エンデ - ケーラー - メルケル - キーボードクラッシャー
軍事: ルーデル - ハルトマン - ヴィットマン - カリウス - ヘッツェナウアー - シュライネン - マルセイユ - ビスマルク - ヒトラー - ヒンデンブルク - タイガー重戦車
言語: ドイツ語 - バイエルン・オーストリア語 - ウムラウト - エニグマ暗号
音楽: バッハ - ベートーヴェン - ブラームス - ワーグナー - ヘンデル - ノミ
歴史: 第二次世界大戦 - ナチス - ホロコースト - ベルリンの壁 - チェックポイント・チャーリー
その他: ビール - ウインナー - ドイツ無政府主義ポゴ党 - ヴェルタース オリジナル - ミュンヘンオリンピック

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語