筑肥線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wiki-globe.png
アンサイクロペディアの内容じゃないよう
このページの記述には事実が多いので頭の固いウィキに書くべきです。
とっととばかばかしく編集するか、こっちの方に書いてください。そうでないと誰か怒られちゃうよ。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「筑肥線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「筑肥線」の項目を執筆しています。

筑肥線 (ちくひせん) とは、九州旅客鉄道の鉄道路線である。福岡県福岡市西区姪浜駅から佐賀県唐津市唐津駅までを結ぶ路線のことだけを指す。…かと思いきや、あまり知られていないが同じく佐賀県唐津市山本駅から同県伊万里市伊万里駅までの区間も指している。前者を東線、後者を西線という人もいる。


概要[編集]

東区間[編集]

修羅の国最大都市である福岡市の西のはずれ(?)にある姪浜駅から、筑前前原駅など糸島市中心部を貫き、海沿いをひた走り      北のはずれの唐津駅までを結んでいる。が、ほとんどの列車が唐津線に1駅だけ乗り入れ終点の西唐津駅まで行っているため、唐津駅はもはや途中駅である。両県の中心部をことごとく外すように走っているため、通して乗る客は少ないが、糸島から福岡市へ通勤する客が使うため、姪浜~筑前前原間は賑わっている。また、姪浜からは福岡市地下鉄空港線に乗り入れて天神、博多、福岡空港まで1本で行けるため、通勤客はかなり喜んでいる。地下鉄なのでもちろん運賃は高いがなお、玄界灘がきれいに見えることから、鉄道ファンには人気で、乗客は意外と多い。

しかし、姪浜始発のため、鹿児島本線までJR線が繋がっていないがゆえに、乗り換えがかなり不便である。一応地下鉄経由で博多駅へは行けるが、先述のとおり運賃が高いため、乗客は困っている。しかも、路線が繋がっていないため、福岡市西区に所在する姪浜、下山門、今宿、九大学研都市、周船寺の5駅は「福岡市内」に入れてもらえない。そのため、新幹線や特急に乗る際吉塚や香椎など他の駅のような特権が受けられず、遠出する際にはかなり不便である。なお、こういう事態になったのは福岡市交通局がごり押しをして博多~姪浜間を廃止に追いやったからである。(詳細は福岡市地下鉄空港線#黒歴史を参照。)

なお、この区間は全区間直流電化されている。JR九州で直流電化区間はここだけであるが誰も気にしない

さらに、この区間に最近になって導入された駅ナンバリングは、なんと女子高生(JK)である。今のところ、乗客は女子高生より九大に行く女子大生の方が多いのだが突っ込んではいけない。ただし、建設中の糸島高校前駅が開業すれば少しは女子高生の乗客も増えるかもしれない。

西区間[編集]

東区間がかなり発展する一方、細々と営業を続けているのがこの西区間である。唐津線の途中駅の山本駅から、東区間とは全く違い山の中をひた走り、      西のはずれ(?)の伊万里駅までを結んでいる。こちらも東区間同様全列車が唐津線に乗り入れ唐津・西唐津まで行っている。以前は東区間へつながっていたそうだが誰も気にしない

また、この区間はとにかく乗客が少ない。東区間とは異なり全く海が見えない上、伊万里への観光客もみんな車で行ってしまうからである。また、それ故に本数がやたら少なくなり、それがまた乗客を減らす原因になるという悪い無限ループが形成されている。東区間では姪浜~筑前前原間は10分待てば確実に1本は来るし、筑前前原~唐津間も30分に1本くらいは動いているが、この西区間ではなんと1日に10本ほどであり、となりの唐津線より少ないという始末である。

こんな状況からお察しの通り、非電化でディーゼル車で走っているようだ。

歴史[編集]

  • 1923~1925年、東区間が開業。当時は福岡市を南回りで博多駅まで結んでいた。
  • 1929~1935年、西区間が開業。だが松浦川のせいで唐津駅には繋げず、東唐津でスイッチバックし市内を避けるように山本へ向かっていた。
  • 1937年、国鉄に買収され筑肥線となる。
  • 1962年、準急列車が運行開始。
  • 1966年、優等種別は急行列車2つになる。が、うち1つはわずか1年で廃止。
  • 1983年、博多~姪浜間廃止、地下鉄に乗り入れ開始。一気に不便になる。(先述のとおり。)また、急行列車が東区間から撤退せざるを得なくなる。同時に東区間が電化し、九州初の105系103系がデビュー。東唐津~唐津間も開業し、ようやく今の運行形態になる。
  • 1988年、急行が全滅。
  • 1986~2000年、姪浜~筑前前原間複線化。同時に303系デビュー。
  • 2015年、305系デビュー。

車両[編集]

東区間[編集]

自社車両[編集]

103系1500番台
九州唯一の103系。揺れがひどく、利用者にはかなり不評であった。顔は完全に105系だが気にしてはいけない。以前は地下鉄にも乗り入れていたが、ワンマン運転が基本の地下鉄なのに、ワンマン非対応であった。この車両はさぞかし邪魔だったろう。なお、現在はワンマン対応の305系に置き換えられ引退…かと思いきや、筑前前原から先の田舎海沿い区間で未だに走っている。なお、途中で水戸岡鋭治魔の手によりデザインが変更されたが、ウィキペディアでは未だに初期塗装の画像・解説しかない。([1])こういうところにも、ウィキペディアがいかに遅れているかが表れている。
303系
走ルンです九州版。103系の置き換えをしなかったため、この世に3編成18両しかない希少車両。
305系
最新型車両。外見と車内の大部分は817系のまるパクリに似ているが、なんとトレインビジョン付き、方向幕もLCDという、首都圏への対抗意識丸出しの車両である。ドアチャイムに至ってはE233系のものをそのまま拝借してしまった。九州初の押しボタン式ドア(スマートドア)車両である。揺れと騒音がひどい103系を置き換えるために入った車両なのに、置き換えたのは6両の103系のみで、3両のワンマン車両は未だに運用している。これでは305系の存在意義が問われる。なお、SIC-VVVFとは名ばかりで、走行音から分かる通り、湯を沸かしながら走っている。いわゆる蒸気機関車である。

乗り入れ車両[編集]

1000系
2000系
福岡市地下鉄からの乗り入れ。いずれも筑前深江駅で力尽きる。

西区間[編集]

キハ47
全国で走る気動車。地味にこの車両が乗り入れる最西端路線でもある。
キハ125
気動車界の末期色。隣の唐津線でも走っている。

沿線[編集]

姪浜~筑前前原間[編集]

スタートは、もはや完全に福岡市地下鉄の駅と化した姪浜駅である。もともと国鉄の単独の駅だったなんて今では誰も気にしない。ここからしばらくは通勤客が多く、九州有数のエクストリームスポーツが盛んな区間である。駅を出ると地下鉄の車両基地の隣を走るが、木が邪魔で車両は全く見えないので鉄ヲタは落胆しないように注意。下山門駅を出ると生の松原の横を走り、ほんの一瞬だけ海が見えるが、すぐにトンネルに入ってしまう。残念でした。トンネルを出ると再びほんの一瞬だけ海が見えるが、すぐに市街地に入ってしまう。残念でした。そして今宿駅を過ぎると、九大学研都市駅とかいうやたら長い駅名の駅に着く。この駅で新型のホームドアを試験しているそうだが、本当に事故を防げるのかな隙間がある。まあ、某路線とある駅で試験中のスマートホームドアとかいう手抜きの失敗作よりはましか。その後周船寺駅まで福岡市内なのに福岡市内じゃない駅(意味が分からない?だったらggrks)を通り、波多江駅から糸島市に入り、建設中の駅を横目にしばらく走ると筑前前原駅に到着する。

筑前前原~唐津間[編集]

筑前前原を出てエクストリームスポーツもひと段落したところで、103系率が大きく高まるとともに単線になる。305系や303系から103系に乗り換える落胆は大きい。駅舎が無駄に派手な美咲が丘駅、無人駅の加布里駅一貴山駅を過ぎると、福岡市地下鉄車両が力尽きる筑前深江駅に到着する。その後大入駅福吉駅鹿家駅あたりまではところどころを除き玄界灘を臨むことができる。鹿家駅を過ぎると      に入るが誰も気にしない。その後浜崎駅虹ノ松原駅と進む。虹ノ松原駅は、その名の通り虹ノ松原のど真ん中にあり、木が線路に近すぎて走行車両が木をかすっている。車両が傷ついたらどうするつもりなのやら。そしてかつて唐津市の中心駅だったが今ではすっかり寂しくなってしまった東唐津駅、唐津線のすぐ隣の和多田駅を過ぎると、東区間の終点・唐津駅に到着する。だがほとんどの列車はそのまま唐津線に乗り入れ西唐津駅まで行く。正直唐津駅のほうが栄えているが。

山本~伊万里間[編集]

西区間の起点は山本駅だが、全列車唐津線に乗り入れ唐津駅西唐津駅まで乗り入れているので、起点という感じは全くしない。そしてしばらく走ると唐津線の本牟田部駅のすぐ近くを通るが、ホームはない。そもそも作ったところで誰も気にしない。そして、その後はずっと山の中。話すことのない車窓・駅が続く。駅はほぼ秘境駅ばかりで、特に西相知駅は秘境駅ランキングにもランクインするほどである。そして書くこともなく終点の伊万里駅に到着する。松浦鉄道はお乗り換え。だが線路が分断されてしまったため乗り換えは不便である。

廃線区間[編集]

博多~姪浜間[編集]

地下鉄が糸島方面の客を奪い取るために国鉄に姪浜からの直通を要請(というより命令)し、国鉄が太刀打ち出来るわけもなく実現し、並行区間として廃止に追いやられた区間。地下鉄とは異なり市街地を避けるように平尾・鳥飼を経由する形となっていた。

博多駅を出ると、間もなく鹿児島本線と分岐し、現在も跡地(かと思わせといて後から作っただけのホームっぽいやつ)が残る筑前箕島駅西鉄天神大牟田線と乗り換えできた筑前高宮駅、鉄道廃止後福岡市内で陸の孤島と化してしまった小笹駅、今の西新とは全く位置が違う西新駅、廃止前は結構栄えた鳥飼駅を通って姪浜駅に到着する。なお現在は筑肥新道という道路や梅光園緑道に変わっている。

虹ノ松原~山本間[編集]

前述のとおり後から唐津経由になり廃止となった区間。東唐津駅が今と位置が違うこと以外話すことはない。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「筑肥線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)