紫外線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

紫外線(しがいせん)とは、人間を攻撃するために作られた光学兵器のことである。特に女性へのダメージが大きい。

概要[編集]

もとは細菌を死滅させるために利用されていた光線を人間に応用したもの、それが紫外線である。紫外線は化学線もしくはUV(Ultra Viorenceの略)の異名を持ち、化学反応を体内で引き起こして人体を攻撃するために作られた光線であることが窺える。

紫外線の兵器利用の始まりは第一次世界大戦時のドイツだと言われる。ドイツの偵察機がイギリス軍の隊列の真上を通過したとき、イギリス兵の体調が著しく不調になったことが確認され、紫外線を使った攻撃であることがのちに判明した。アメリカガンマ線広島長崎に実戦配備するまで、紫外線は目に見えない恐怖の光学兵器として使われ続け、多くの負傷者を出してきた。

威力[編集]

もし紫外線に身体を貫かれた場合、細胞が損傷することは避けられない。特にダメージを受けるのが皮膚である。紫外線を大量に浴び続けた皮膚は痛みを発し、その人間を動けなくする。また「日焼け」という重い後遺症も残ることになり、最悪シミを引き起こすこともある。女性が受けた場合の日焼けによる心理行動の影響は著しく、紫外線兵器の使われていたエリアには女性の出入りが制限されている。

目に紫外線が入った場合は酷いもので、目に入った瞬間激痛に襲われ量によっては失明にもなり兼ねない。後遺症として白内障を発症することもあり、その後の人間の生活を不自由にしてしまう。

第二次世界大戦後は紫外線の兵器利用はなくなったが、あるテロリストが自然界にある紫外線で一般人に攻撃を仕掛けようとしていたことがある。俗にいう「オゾンホール」である。フロンガスというテロリスト集団が太陽からの紫外線をブロックするオゾン層を破壊し、強力な紫外線を地上まで降り注がせ始めたのだ。フロンガスはオーストラリアを中心に破壊活動を展開した。この事態に国連は国連軍を動員、フロンガスを殲滅させる作戦を開始。作戦は成功の一途を辿っているが、オゾンホールは未だ塞がらない状況である。

防御策[編集]

紫外線に対抗するために人類は様々な道具を生み出してきた。その中で最もポピュラーなのが日焼けどめである。日焼けどめはに塗ることで特殊なバリアを形成し紫外線を吸収する。人間の行動を制限することなく紫外線をカバーできる日焼けどめは世界に瞬く間に広がり、多くの戦闘で使われた。紫外線兵器が急速に衰えたのはこの日焼けどめが原因とも言われる。現在では一般向けに多く売られており、紫外線異常発生エリア(浜辺やプールなど)で肌を多く露出して活動する時に使われている。男性よりも紫外線の被害を受けやすい女性にとっては今や必須アイテムである。

帽子サングラスといった防御策もある。これは日焼けどめではカバー出来ない頭頂部やをカバーするものであり、オゾンホールの出来ているオーストラリアでは多くの人が愛用している。サングラスは視界が暗くなるという欠点があるが、最近では無色透明なものも開発され、人々の目を守り続けている。

利用[編集]

紫外線を取り入れて身体の強化に成功した改造人間

紫外線は自然界にもともと存在していたが、運悪く兵器に使われてしまったものである。人間は自然界の紫外線に適応するよう進化してきたことも忘れてはならない。

人間は紫外線を少量だけ浴びるとビタミンDを生成できる。人間の進化の賜物である。このことに着目して作られた改造人間も存在し、日本で一番有名なのは松崎しげるである。松崎しげるには受けた紫外線をすべてビタミンDの生成に利用出来る能力があり、代償として真っ黒けになっているが、松崎しげるは強力な紫外線下でも行動することが可能である。このような改造人間のために作られたメンテナンス機器が日焼けサロンである。

また紫外線は古文書の隠されたメッセージを浮かび上がらせる能力を持つ。弱い紫外線を発するブラックライトという機械が発明され、リョケンウンテンメンキョショウハガキという古代文明の遺物からバーコードなどの謎のメッセージを浮かび上がらせることに成功、今現在解読が進められている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「紫外線」の項目を執筆しています。