結婚式

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「結婚式」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「結婚式」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「結婚式」の記事を執筆しています。

結婚式(けっこんしき)とは、の意向を借りる事で現在の関係性を永続化させようとする儀式の一種。

概要[編集]

男女の関係は古今東西移ろいやすいもので、これを長い間留めておくのは困難を極める。特にお互いに気持ちが通じあうと、どんどん進展を望みグイグイと押し合いへし合いした末に疲弊して関係が終わってしまうケースが多い。それ故に、心も身体も結ばれた状態を長続きさせるにはどうしたらいいか、と古代から様々なアイデアが生まれてきたのである。洋の東西を問わず行われてきた手法としては「家同士の関係にする」というものがある。二人の気持ちが冷めたとしても、周囲の家族がこれをサポートし関係性を維持させるのである。ただしこれはお互いの家族にかかる負担が大きく、また大店や豪農ならともかく代々続く貧乏人の家系では「一族の重み」など高が知れている。そこで、宗教の力を借りて二人を結びつけようとするのが結婚式なのである。

結婚式の種類[編集]

一般的な新婦。

基本的には「神前式」「仏前式」に大別されるが、要は「永遠の愛」なるものを誓う相手が何処の何方様かという違いでしかない。お互いの信教や宗派に合わせた神仏の前で、「貴方は病めるときも健やかなる時も、富める時も貧しき時も愛し続ける事を誓いますか」等の形式的な質問に全てイエスで答えた後、指輪を交換する。これは犬猫の首輪と同じく、所有者が確定している事を示す言わば「売約済み」のアピールツールとなっている[1]

その式を滞りなく終えたならば、それを周囲に広く喧伝する「披露宴」を行う。こちらは形式が強く定まってはおらず、パーティのような形で「カップルから夫婦になった」ということを知らせられれば良い。披露宴では「新郎」「新婦」として振る舞うことが求められる為、当日の式次第は司会者に任せきりでも構わない。

披露宴は平均的なもので300万円ほどかかり、金額がかさめばかさむほど縁起がいいとされる。また披露宴終了後に列席者へ手渡す引き出物と、彼ら彼女らが入場時に渡す御祝儀の金額はイコールになるように調整することが求められる。披露宴まで含めた準備には最低限でも半年はかかり、その間は子作りに励む暇がない。その為披露宴が終わったあとは「新婚旅行」と呼ばれる子作り旅行へと旅立つ権利が与えられる。

現代の結婚式[編集]

バブル崩壊後の日本では、披露宴の金額を安くあげる「地味婚」や適当な人間を神仏に代わりに立会人とする「人前式」が流行し、結婚式の伝統は失われつつあるのが現状である。また21世紀に入ってからは、式自体を上げず書類だけで済ませる形式も増えつつある。

これは結婚式の意味自体を否定する行為であり、二人の関係が「結婚」というステージに進んだことを世間に隠したまま生活することになる為好ましくない[要出典]。思いを寄せる相手がある日突然「この前婚姻届出しました」とSNSで呟いたのを見て、心に致命傷を負うという悲劇的なケースにも繋がりかねない為、可能な限り結婚式はちゃんと行うべきであろう。

脚注[編集]

  1. ^ 交換となっているが、購入は男性が行う。月給三ヶ月分の金額を使うのがたしなみとされ、男性が不貞を行った場合はこの指輪を換金し慰謝料に当てる。

関連項目[編集]

この項目「結婚式」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。