給湯室

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「給湯室」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「給湯室」の記事を執筆しています。

給湯室(きゅうとうしつ)とは、駆け込み寺と大奥を掛け合わせた女性向け会議室である。

概要[編集]

一般的なオフィスビルにおける給湯室。

一般的にはオフィスビルや公共施設に設置されることが多く、表向きはお茶汲みや簡易的な調理等に用いるとなっているがこれはあくまでカモフラージュであり、実際には女性社員/職員に対する福利厚生の一環としての面が大きい。水回りが集中する都合上籠城もしやすい環境で、男性社員や来客からのセクハラパワハラの被害情報を共有したり報復手段[1]の工面なども行う。

その性質上、給湯室は男子禁制の場所として認知される事が多い。男性が給湯室を使用するのは「表向きの利用」以外ほぼあり得ず、またそういった施設では「掃除お茶汲みは女の仕事」「男子厨房に入らず」と教育される場合がほとんどなので[要出典]、男性にとっての給湯室は実質的に完全な禁到区域である。

歴史[編集]

元を正すと、古来より庶民階級の女性たちにとって社交場であった「井戸端」が給湯室の元祖と言える[不要出典]。水辺に集って愚痴をこぼしあう、或いは密談するというのは人間にとって本能的とも言えるものだったが、それを屋内施設として取り入れたのは江戸時代の「大奥」が起源とも言えるだろう。男性的な視点からの大奥は「効率よく子作りをする場所」だが、実際には「不満を軽減するガス抜きの場所」という一面が強かったとされている[2]。故に大奥は、夜以外には当の将軍さえ入れない場所だったのである。

社会的立場が目まぐるしく変動し、変遷に振り回され続ける現代女性にとって給湯室は一種のオアシスとも言えるのである。

脚注[編集]

  1. ^ 色が濃く異物に気付き難いコーヒー類に雑巾の絞り汁や唾を混入したり、事情を理解する同僚を集めソーシャルアタックをかけるなど。
  2. ^ もし仮に大奥がなく女性たちが家臣らと混じって住んでいたなら、不満が吹き貯まって悪鬼妖魔の類いを産み出しかねない。もしくは将軍の胃がストレスで穴だらけになっただろう。

関連項目[編集]