緑茶

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「緑茶」の項目を執筆しています。

緑茶(りょくちゃ)とは、日本でもっともポピュラーな合法の覚醒剤である。一日四杯で夜も眠れなくなるほどの覚醒効果を持つ。

概要[編集]

中国から伝わったチャノキの葉を加工したものである。チャノキの葉は日本以外では通常発酵によって覚醒効果を弱めた嗜好品に加工されるが、日本では生産される葉のほとんどが覚醒効果の強い緑茶に加工されている。

嗜好品としても覚醒剤としても葉からの抽出液のみが使用され、抽出後の葉は廃棄物として投棄される。この廃棄葉の処理は近代、かなりの問題となっている。

現代では、緑茶消費量は高齢層が高く、若年層が低くなっている。コーヒーや本来嗜好品であるチャノキ葉加工品の紅茶などを覚醒剤と誤認して摂取することが原因だとされる。生産者は正しい知識の啓蒙と共に、ペットボトルなどでの緑茶の普及に努めている。

歴史[編集]

緑茶およびチャノキは中国より伝わったものである。元々は葉をそのまま噛んで眠気覚ましとしていたらしい。その後効果の増強のために、副材料(、米、ミカンの葉や皮、牛乳、砂糖、様々な香辛料、その他)を加熱処理したチャノキ葉と共に突き固めた団子を粉にし、煮出すと言う手法が確立された。しかしどうやらこれは味が常用に耐えるものではなかった[1]ため、やがて茶葉だけを突き固めた団子と、煮出す湯に混ぜる塩のみで作成されるようになった。この方法を確立したのは8世紀頃とされる。

その後さらなる効果増強を狙い、乾燥させた葉を挽きつぶした粉末を湯に溶かして摂取するという方法が確立される。これは10世紀頃であり、日本で最初に流行したのもこのタイプのものであった。そもそもは僧侶が修行中の眠気を散らすために利用したもので、半分固形のような、どろどろとしたまさに「茶を練る」という言葉がぴったり当てはまるものであったらしい。このタイプは葉に含まれる成分をそのまま取り込むため、非常に効果が強い。しかし、手軽とは言えないもののため、現在では蒸した後よくもんで乾燥させた葉を煎じた汁を服用するタイプが主流となっている。この現在の手法が確立したのは江戸時代頃とされる。

緑茶とミルクと砂糖とレモン[編集]

日本では緑茶は基本的に何も入れずに摂取する(渋いため、口直しに甘いものをお茶請けとして同時に摂ることが多い)が、同じように緑茶を摂取する地方では砂糖やミルク、レモンを入れて摂取する。現在では紅茶を嗜好品として好むイギリスでも、紅茶の伝来よりも前には緑茶に砂糖やミルクを混ぜて摂取していたらしい。世界的に見れば何も混ぜない方が奇異なようである。だから、緑茶に砂糖とミルクをたっぷり入れて飲む人を見ても引いてはいけない

廃棄葉の後始末[編集]

畳がある場合は撒いてほうきで掃くと畳がきれいになる。また、乾燥させたものをガーゼなどに入れると臭い消しとして使用できる。しかし、結局これらは一時的な利用であり、廃棄物の最終的な処理にはなっていない。日本の家庭では大量に生産される廃棄物であるため、今後の有効利用の研究が待たれるところである。

脚注[編集]

  1. ^ 試すのはやめた方が良い。正確な処方箋も残っていないので、人の飲むものとは思えないものができあがりかねない。

関連項目[編集]

この項目「緑茶」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)