美少女

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「美少女」の項目を執筆しています。

美少女(びしょうじょ)とは、およそ我々が属する三次元という世界には存在するはずがないと思われる、人間少女に似た生命体を指す言葉である。

二次元には多く存在するらしい。

概要[編集]

この生命体は、人間の女性(多くは十代の少女)に非常によく似た外見をしている。多くの美少女は日本列島で生産されて多くの国に伝わる。多くの漫画の海賊版アジア諸国などで製作されるように、美少女コンテストなどと称し女性に美少女の称号を与えるイベントが行われることがあるが、それによって選ばれる美少女は正確には美少女ではない。あたりまえである。これは「美しい少女」を選ぶイベントではなく、「美の少ない女」を選ぶイベントだからである。 世間の耳目を集めるためにわざと紛らわしい表現を用いているが、似てもいない非なるまったくの別モノで、本来微少女と表記されるべきものである。そんなものに飛びつく三次ロリコン、及びおっさんは腹を切って死ぬべきだ

特徴[編集]

特徴として色白、大きい目、ないも同然の鼻、小さい口、長過ぎる足、異常に大きい乳房など、さまざまなものが挙げられる。美少女を表現した多くの絵画においてはこれらがさらに誇張され、描かれた美少女の身体のバランスは完全に崩壊しており、三次元で表すともはや絶対的に恐ろしいものとなる。これらの特徴は、多くの人が想像する外界人の特徴と一致することがあるため、まれに美少女は外界人として分類・認識される。

また、アニメなどでは彼女らの声は異常に高かったり、不自然なほど感情がこもっていなかったりする。こうした点もよく知られた特徴であろう。

社会的問題[編集]

美少女は、青少年(主に男性)の健全な精神の育成に悪影響を及ぼす。とりわけ問題視されるのが、美少女がオタクを増加・繁殖させる最大の要因になっているという事実である。心身ともにある程度まで発達し、自律的な精神を獲得した年代ならば、しかるべき治療を受けて更生することができる。しかし、思春期を迎える前の少年が美少女の害毒に触れてしまうと、その後の人生は極めて高い確率で悲惨なものとなる。そのため ネイバーでは美少女を大人認証キーワードの一つに追加した。

美少女に関するさまざまな人のコメント[編集]

「かわいいは正義」
美少女 について、苺ましまろ
「ビミョーニョ?」
美少女 について、小岩井よつば

関連項目[編集]