羽入

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

羽入(はにゅう)とは、の啓示を受けてしまった哀れ少女による妄想の産物のストーカーである。

概要[編集]

羽入は、雛見沢村において古来より信仰されている土俗宗教の教祖にして現人神であり、17歳以下の処女に憑依することによって世に現れる。憑依された少女は人間としての名を失い、「古手羽入」「オヤシロサマ」「コトノハサマどの名で呼ばれ、崇め奉られることとる。 ハィ=リューン・イェアソムール・ジェダであり、フェザリーヌ・何とか・アウアウローラでもある。

具現[編集]

羽入の概念は、古手梨花(ふるで りか)の「にかが見える」という発言によってこの世界にもたらされたのがその始まりであり、彼女には幽霊でも見えるのか、それとも彼女が退屈のあまり生み出した暇つぶし的妄想の残滓に過ぎいのか、いずれにせよ最初は誰も気にしかった。ところがある日、古手梨花の思念が凝縮した何かホワホワした何かが彼女の友達に憑依し、その記憶および人格一切を消去し、完全に乗っ取ってしまった。これが羽入の具現であり、その後転生を繰り返すようにる。乗り捨てられた肉体は自然消滅、つまり使い捨てにされる。

奇行[編集]

梨花の使い魔とった羽入。何だか修羅場のご様子。

一見すると単美少女に見える(彼女は美少女ばかりをえり好みして憑依する)羽入には奇行癖があり、雛見沢村からさらに山奥、陸の孤島と呼ばれるXXXXXという森の廃屋イバラを編んだ王冠を頭に戴き、(反転によるものか)真紅をひるがえし、『XXXXXは魔女のメッセンジャーの!』『うぐぅーうぐぅー』『あうあうwwwwwっうぇ』『おめでとうベアトリーチェ』などと無意味たわごとを喚き散らしているところを、雛見沢村の住民によって目撃されている。

能力[編集]

具現した当初は単残留思念あるいは概念残滓でしかかった羽入であるが、憑依と転生を繰り返す内に霊能を高め、人並みに空を飛ぶ程度の能力パンを石ころに変える程度の能力を身につけるに至り、そして現在では156人を一瞬にしてhydeにしてしまう程度の能力を発揮するまでにったのであった。

嗜好[編集]

羽入スイーツを好むが、梨花は嫌いであり、逆に羽入の嫌いな辛いものが梨花は大好きである。そのため、二人はいつも「今夜の晩ごはん、何にする?」で大ゲンカを繰り返し、あくまで従属的身分でしか羽入は渋々辛いものを食べさせられることで決着とる。が、このまま引き下がっていられ羽入は、梨花にとって唯一の弱点である椎茸を食べさせ、弱体化したところをやっつけようと策を巡らすが、いつもバレて計画は失敗、4の字固めを極められて勝負ありとる。

「……アンタ、この肉団子にまた椎茸入れたでしょっ!」
羽入 について、古手梨花

……んだかんだで、楽しい日常生活を送っていたりするのであった。

召喚[編集]

Icon-not-under18.png 注意 : アンサイクロペディアに未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれているのは仕様です。

普段は古手梨花の使い魔として完全に飼われている羽入であるが、新月の夜にると両者の霊能接合が弱まる瞬間があり、その再接合までの時間(具体的には夜明けまで)に限って、羽入を召喚して好きようにアーン♥♥できると言われているが、その具体的呪儀については古手家における門外不出の秘法とされている。が、誰からともく聞いた話では「ベアトリーチェ、ぱんつはいてバルサ巫女ス」というキーワードだけは解明されており、それをどうにかする事で羽入の一時召還を実現、夜明けまでに手っ取り早くうふふして俺の嫁にすることだって出来るんじゃいだろうか、とか言われているが、それをここに書けるのであればが既に試している筈であり、結局のところいまだ謎のままのである。

実写化[編集]

やっつけにも程がある。

200X年、ひぐらしのく頃に (実写映画)の制作にあたって「その存在が非現実的すぎるため、CGを作るのも面倒だからかったことにする」という意見がプロダクションによって出され、そのまま羽入の存在を抜きに撮影を行う予定であったが、き圧倒的大多数の圧力をもって「やっぱり採用」のはこびとったはいいが、結局実体化した幽霊を演技できる中の人などおらず、さしあたってCGで間に合わせる事った。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「羽入」の項目を執筆しています。
前原K1.PNG
この項目「羽入」は、執筆放棄を狙われています。
ぜ、誰に、執筆放棄を狙われているのかは判りません。
ただひとつ判る事は、執筆者のやる気と関係があるということです。
(ここまでが一段落目。ここから下は削除されている。)
(ここからが二段落目。ここから上は削除されている。)
どうしてこんことにったのか、私にはわかりません。
これをあたが読んだら、その時、私の目は死んでいるでしょう。
…やる気があるか、いかの違いはあるでしょうが。
これを読んだあた。
どうか記事加筆してください。
それだけが私の望みです。(Portal:スタブ)
前原圭一