羽生善治

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「羽生善治」の項目を執筆しています。
「……あれ、あれ?あれ?あれ、待てよ、あれ?あれ、おかしいですね、あれ?もしかして頓死?えと、こういって……あれれ、おかしいですよ、あれー?あれ、あ、歩が3歩あるから、あれ頓死なのかな?エェー、これ頓死?頓死なんじゃないですかね、あれ、えーとあれ、いや、これ頓死かもしれません!なんと。いやー、これ銀桂歩が3つありますからね……でも待てよ、歩の数がちょっと計算が……こういって、歩打って取って打って…いや、ちょうどぴったり間に合いますから、これは、あの大逆転ですねぇ、多分。うーんこれ詰んでますよ。ヒャァー、これ確か…歩打って取ってでしょ…歩打ってこうやって2四歩打って歩でしょ…ぴったり詰んでる。なんという大逆転。NHK戦史上に残る大逆転、じゃないかな?」
あの一局 について、加藤一二三

羽生 善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 - )は、公文式の名誉8段であり、また、通算獲得タイトル数1位、現役最高とも言われる将棋棋士である。もとりあえずやっている。破格の強さの原因はここにあるらしい。続きはウェブで

概要[編集]

羽生善治は早くから天才と呼ばれており、わずか19歳にして将棋のタイトルである竜王位を、24歳で名人を獲得、さらに26歳で7つのタイトルをすべて奪うという大活躍を見せた。

盤外戦術[編集]

羽生は大山などとは違い、盤外戦術をしない棋士であると一般的に思われている。しかし、実際には様々な盤外戦術を多用し、圧倒的な強さを誇っている。

羽生睨み
もはや説明不要。あまりに凄すぎて勝負にならず、面白くないので羽生自身が封印した。
手が震える
終盤の微妙な場面で勝利確定になると羽生の手が震える(相手が強い棋士である場合に限る)。あまりに有名になりすぎたから別に勝利を読みきってなくても微妙な局面で手を震わせ、相手のやる気を無くさせるようになった。曰く、「君は僕を信用しすぎだ」。
終盤が異常に強い
羽生が終盤で絶対にミスをしない、読みきっているだろう、ということで相手棋士は終盤でちょっとでも不利になったら(相手が藤井猛なら絶対に投げないような局面でも)投了してしまうのだ。なぜなら相手がだから。
相手の得意戦法を潰す
わざわざ相手の得意戦法を引き出し、それを叩き潰すことによって相手に「羽生には絶対勝てない」という意識を植え付けるのだ。
溶けるアイス
高いアイスを注文しておきながら、読みに集中していて食べない。対局相手を動揺させたあげく、最終的に溶けたアイスを飲む。この時相手は負けを確信するのである。
感想戦
相手が投了し、感想戦に突入してからが本当の戦いである。なんと羽生は自分の読み筋などを一切隠さず、全てここで相手に教えるのだ。そして「どうやっても羽生には勝てない…」ということを相手に植え付けるのである。まさしく「感想戦」といって良い。曰く「美しかったのに…」。
とにかくもう圧倒的に強い
あと1回竜王を獲ると永世7冠となって正体がであると証明され人間界にいられなくなるため、竜王戦はもう勝たないと決めている。
羽生が相手だと自分が全く悪手を指していなくても負ける。なぜならだから。木村なんて相手が羽生というだけでもう気分的に負けている。

人間将棋[編集]

羽生は人間将棋も少々嗜む。以下が羽生の駒たちである。なお、タイトル戦における羽生と駒の対局とのことを「献上」と呼ぶ。

飛車(森内)
羽生の一番の子分(なんと小学生の頃からの子分である)。子分筆頭ではなくなったから(の恩恵か名人だけ長らく持たせてもらっていたが、気が変わった羽生に強奪された。仕方なく渡辺から竜王を掠め取ったが、糸谷に奪われて無冠に。)、この地位は相応しくない。
角(佐藤)
通称:忠犬「モテ光」。遂に羽生に献上するタイトルがなくなったので、なけなしの「脳内名人」すら献上してしまった。
久しぶりに王将獲得、したのだが渡辺に獲られる。
金(木村)
頭の光りっぷりで金。羽生を見るだけで髪の毛が100本抜け落ちるという。
銀(谷川)
かつての最強棋士も、羽生からすれば働き者の駒でしかない。
桂馬(久保)
急上昇中。羽生の天敵である深浦を破るなどの大活躍。最近無冠を獲得した。
香車(丸山)
羽生に勝つために激辛流になったが全然ダメ。つうか確実に羽生のほうが超絶激辛。トシちゃんのカレー屋もビックリ。「恐怖のチョー激辛10倍カレー」以上らしい。
歩(藤井)
他の棋士にも負けまくってるので歩にまで降格した。2012年まで7年間羽生に負けっぱなしだった。うなぎ屋をやめてしまったのが元の原因。

以下、主な対局相手。

深浦
棋界随一の羽生ラバー。もはやあれを疑いたくなるほど羽生が好き。
タイトルも持ってるのだが、羽生の駒たちにフルボッコにされ、A級から毎回のように転げ落ちている。だがここのところ3タテくらう等、いいところなし。オモチャに降格。
渡辺
竜王戦以外はヘッポコだが竜王戦は最強。羽生との激戦を制し永世竜王を獲得した。最強の駒である森内をぶつけてみたが、あっさり渡辺に負けた。その後王座を奪って羽生の20連覇を阻止した。しかし最近、羽生の最強の駒である森内に敗れ、竜王の称号を失った。
糸谷
通称ダニ。羽生を破り、さらに子分筆頭の森内も破って竜王を奪う。これで森内は無冠に。
佐藤(天)
通称「貴族」。羽生の温情か名人のタイトルをいただく。しかし、ただそれだけだ。

羽生善治の全盛期[編集]

  • 「50年に一度の大逆転」を毎年数回は起こしている
  • あまりに勝つので王だけ指してた時期も
  • 片手しか使わず勝利
  • 将棋が強すぎるのでチェスをやっていた時期も
  • そのチェスでも日本一
  • 実は将棋より麻雀の方が強い
  • 苦手な事は?と聞かれ 「将棋かな?」と答えたらしい
  • どうぶつ将棋では初めてなのに制作者相手に勝った
  • 毎年、アフリカの恵まれない子供たちへ 盤と駒をプレゼントしている
  • 無人島へ一つだけ何を持っていくか聞かれ チェスセットと答えた
  • 羽生がアニメ化になった
  • イクラちゃんは「ハブー」としか言わないほどの大ファン
  • 羽生は はにゅうと呼ばれると ニヤリと笑う https://twitter.com/habu_news
  • 羽生と目が合うと棋力が3段ぐらい上がる
  • スッと扇子に手を伸ばしただけで5本くらい寝ぐせが立った
  • 羽生のサインが、小学生の書道のお手本に!
  • 自分の座布団に飛び乗って客席に行くというファンサービス
  • 指の震えを見て 高橋名人が投了
  • 羽生の手の震えは アイシテルのサイン
  • 雑誌の取材で 将棋の神と対局したらどうなるかと問われ、「角落ちならいい勝負だが 飛車落ち以上なら勝てないだろう」と答えた
  • 盤上にある全ての駒が止まって見えた
  • 羽生マジックの瞬間 ひふみんのネクタイが3m伸びた 妖刀使いの髪がストレートヘアになった 中原がまた自宅の庭で記者会見を開いた 矢内が山崎にほれた 近藤がゴキゲンじゃなくなった
  • 金の使い道がない、という名言がある
  • 7冠になった時両親に「将棋ばかりしてないで働きなさい」とこっぴどく怒られた
  • 実は公文式でもタイトルを持っている
  • 羽生がTVに映ると視聴率が2%も上昇した
  • 「駒の動きを目で見たらダメだ。気配で感じるんだ……!」が口癖。
  • ものすごい記憶力を持っていると思われがちだが、たまに先崎の名前を忘れてしまう
  • 佐藤や森内を自分の駒だと思っている
  • 実はまだ全盛期は来ていない

羽生善治の今後[編集]

現在も将棋界における最強の地位は揺らいではいない。既にチェスは世界王者がコンピューターに敗れて久しいが、将棋の場合は羽生を打ち破るコンピューターは、100年かかっても完成する見込みが立っていない。コンピューターの発達において羽生の存在は越えるのが困難な大きなハードルとなっており、むしろ高過ぎる目標によってコンピューター開発に支障が出ることが懸念されるほどである。

関連項目[編集]