羽田

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

羽田(はねだ)とは、東京都大田区の地名の一。

由来[編集]

大田区はその名のとおり一面が田んぼで占められていることが広く知られている。羽田もその田んぼの一部である。地名の語源は、「田んぼが生えている土地」という意味である。文字通り、この地の田んぼは空中に展開しているのが特徴である。

産業[編集]

米を中心とした稲作が主要な産業である。

交通[編集]

京浜急行鉄道羽田空港線及び都道環状八号線が縦断し、また横断方向では第一京浜国道首都高速道路1号羽田線が存在する。もちろん全ての鉄道道路は空中または地下を通っていて田んぼの稲作に影響が出ない工夫がされている。

かつては、この地で収穫された米を炊いて食べると、背中に羽が生えて空を飛ぶことが出来たという、羽衣伝説が残っている。

主な施設[編集]

  • 東京国際空港…上記の伝説にちなんで建設された。
  • 大鳥居…羽田を代表する神社の入口にある名所である。あまりに巨大な鳥居なので、空港に発着する飛行機がよくひっかかっている。
  • 小鳥居…空港の入口、旧駐車場の真ん中になぜか残っている鳥居である。米軍が日本を占領中に空港を建設するために除去する予定であったが、なぜか中止になった。当時の工事関係者に取材したが、言葉を濁すばかりである。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「羽田」の項目を執筆しています。