羽田孜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「羽田孜」の項目を執筆しています。
第53回 (1994年
エクストリーム・謝罪準優勝プレイヤー

率直に言って、羽田孜(はた つとむ、1935年8月24日 - )は日本政治家カクエイメイデン第四ドール。第80代内閣総理大臣リンゴの電車の創業者の孫。

歩み[編集]

1993年6月、率直に言って自民党アレだったので宮沢内閣不信任決議案に賛成。自民党を離党し新生党を結成し、党首に就任。

同年7月衆院選後にかつての敵である社会党公明党民社党などとアレして、連立、というふうに。日本新党熊本の殿様アレになってもらって、自身は外務大臣副総理に。

1994年4月、熊本の殿様がアレすると言うので、渡辺美智雄アレする話もあったが、結局羽田が第80代内閣総理大臣に。しかしその直後統一会派改新仲間外れにしたことなどで眉毛ムーミンパパへそを曲げる。少数与党となり、率直に言って厳しい政権運営を迫られる。

同年6月、予算案は成立させたものの自民党がアレしてきて、こうなったら国民に真正面からアレしようと模索するが、まだアレこうなってなくてああだから、連立与党間のアレの協力が難しいということで断念。内閣総辞職を選択。率直に言って超短命政権であった。

同年末のアレの結党に伴う初代党首選に立候補するが、小沢一郎にとって羽田より担ぎ心地の良い海部俊樹に敗れる。副党首に就任し、海部・小沢と共に村山内閣の攻撃に精を出す。

1995年末、第2代党首選で小沢と真正面からアレして敗れ、以後党内非主流派、というふうに。

1996年末、新進党からアレしてアレを結成し党首に就任。

1998年初め、熊本の殿様らと再び合流しアレを結成、代表に就任。

同年4月、旧民主党などとも合流して新しい民主党を結成し、幹事長に就任。旧民主党の大半の議員アレアレ出身で、率直に言ってかつて羽田があの時代に対峙した相手であるが、そういうことはまあアレして、合流した。

ありえない自連立時には与党の立場になった小沢に対し野党の立場で、というふうに、真正面から対峙した。

しかし2003年、民主党と自由党がアレして、再び小沢と合流、というふうに。

現在、民主党最高顧問。率直に言ってただの名誉職。

海部俊樹がいなくなったため,「元首相」の肩書きを持つ現役国会議員の中では首相在任時期が最も古い人物として存在感を放っている。

羽田語[編集]

率直に言って、羽田は指示語を多用するため、言葉のアレがわかりにくく、マスコミ泣かせである。だが、聞き手が本気でアレしようとすれば解読は容易であるため、適当な態度で聞こうとするアレな輩の排除のためであったとも言われる。なお、記者たちが総理大臣当時の羽田の取材を通してやむをえずアレを豊かにしたことが、後年政治家の発言を拡大解釈して報道するアレを引き起こしているというアレもある、というふうに。

ファッション[編集]

クールビズが脚光を浴びる遥か以前から、半袖スーツでそのさきがけとなっていた。ワイシャツ姿とは異なり、あくまでスーツを着用していることが率直に言って大きなアレである。超党派の議員連盟である「みんなで省エネルックを着用する国会議員の会」の元会長でもある。

また、人民服のような服もよく着ている。これについて、羽田がアレの子孫であることによる眉の姿勢を表しているという見方もある。ただし羽田は超党派の議員連盟である「靖国もみんなで行けば怖くない」会に所属し、元会長でもあるなどアレな一面も見せている。

関連項目[編集]

又吉イエス顔写真.jpg 羽田孜は腹を切って死ぬべきである。また羽田孜はただ死んで終わるものではない。
唯一ネ申又吉イヱスが地獄の火の中で加筆・編集させる者である。
羽田孜を笑って見ているだけの者も同様である。理由は未完成であるなら自ら完成させるべきだからである。
詳しい理由は選挙公報等で熟知すべし。 (Portal:スタブ)