肥満

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
肥満の例

肥満(ひまん)とは、著しい温室効果を持っているために、地球温暖化の原因の1つとなっている生き物である。語源はHe is a man(彼は男の中の男→体格がいい→デブ)を短縮してできたという説がある。

目次

[編集] 主な特徴

肥満は、その重い体を常時支えなければならない為、足の筋肉が異常なほど発達している。しかし、短い上に太いため、見た目は相当悪く、直視すると脳死する危険性がある。また、いくら発達したといっても、図体とのバランスは悪い為、移動速度は極端に遅い。 身体に蓄えられた無駄な脂肪のため、他からの攻撃に対する防御力は非常に高い。 また、その脂肪が弾性エネルギーを持つため、攻撃された場合、武器等をはね返す事が出来る。

[編集] 生息地

アメリカ合衆国に多く生息している。しかし、アメリカ合衆国にはデブ専といわれる肥満保護団体が発足しているため、肥満を根絶することに対して積極的でない。そのため各国から非難の対象となっている。

日本では古くから肥満同士の体をぶつけ合うスポーツが盛んであり、肥満を飼育(肥育)する組織が幾つもある。

近年では、テポ丼ノ丼の大量生産などから、北朝鮮においても肥満率が高くなってきている。

[編集] 地球への影響

肥満は、特有の大きな口から無駄に多く周囲の空気を吸引し、高濃度の二酸化炭素メタンガスを排出するため、地球温暖化の原因となっている。また、彼らはとして、猛毒ガスや有害物質のDHMOを発生させるため、生物兵器としては有能であるが、只の生物としては迷惑極まりない。

日本の首都圏地方の場合、朝や夕方の通勤通学の電車バスに肥満が乗ることによって、只でさえ混んでいる乗り物が更に混むため、乗客は非常に困っている。この他、エレベーターに肥満が乗ることによって、エレベーターに乗れる人数が少なくなり、重量オーバーのブザーが鳴って恥ずかしい思いをする人間が増加する事も大きな社会問題になっている。

[編集] 宗教

に含まれる動物性タンパク質が、多くの肥満が信仰するである。肥満はそれを口から摂取することによって神を崇拝している。しかし、そのために大量の動物が不必要に殺されることになる為、この宗教を問題視する意見も多い。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「肥満」の項目を執筆しています。
Hartman.jpg 腐れ肥満はお前か!!
「Sir! 自分であります!! Sir!」
正直なのは感心だ。気に入った。家に来てこの項目をぴーしていいぞ。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語