出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
脆い車両による危険物の輸送
脆いトラックに掲載されているマーク

脆いもの(もろもの)とは、対象に危険を及ぼされて簡単に打ち崩される可能性を秘めた本質を持つものである。 主体としては、人の心、物(物質、物品)、建造物、車両、船舶、航空機等が該当する場合がある。

一般的に、脆いものはスリルとドキドキをユーザーに提供するので、若者に人気がある。 脆い航空機を利用する海外旅行ツアーは旅行代理店各社からが10代から20代向けに販売されている。

概要[編集]

脆いは危いより危い。

脆い車両[編集]

脆い車両は、道路交通法によって厳密に規制されており、脆い車両は脆いマークをその車体の目立つ場所に設置しなければならない。脆い車両が危いことはみんな知っているので、脆い車両が危いものを運搬する際には、危険の危マークの設置が免除される。脆いという文字は危いによく似ているだけに、脆いは危いより危い。公道を走行中に、脆い車両が危いものを運搬しているのを見つけてしまったら、危い目にあわないように脆い車両から速やかに離れ、危い状態を回避しよう。

脆い航空機[編集]

脆い航空機は、危いだけでなく、怖い。

脆い建築物[編集]

脆い建築物は怖いと一般に想像されがちであるが、脆性の対義語は弾性である。脆い建築物が怖いのと同様に弾性のある建築物もなんか嫌だ。

脆い心[編集]

脆い心とは、砕け散ってしまいやすい心を指す。脆い心は、脆い航空機や脆い建築物、脆い車両などと比べると危くない。

国際法における脆いものと、わが国の消防法における脆いもの[編集]

航空輸送、海上輸送の場合は国際的に国際連合による国連危いもの輸送勧告に基づいた「脆いモノ」の概念が日本でも適用されている。 国連脆い物輸送勧告は、ほぼすべての輸送形式(道路輸送、海上輸送、航空輸送)における輸送中の脆くてなんか不安な状況を想定している。

消防法では「脆いもの」とは、「別表のうち、どれかの品名欄に掲げる物品で、同表のうちどれかに定める区分に応じ別表のどれかの性質欄に掲げるどれかの性状を有するもの」と定義されており、貯蔵、道路輸送中の脆くて不安な状況を想定している。

関連項目[編集]