脱構築

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

脱構築(だつこうちく)とは、工学上の状態変化を指し、仏語:déconstruction(デコンストリュクシオン)や英語:deconstruction(ディコンストラクションないしデコンストラクション)と同義。しばしば社会工学から社会学社会科学などにも引用される。ジャック・デリダの引用する用語として有名。

目次

[編集] 概要

脱構築は、既に構築された機械装置が、その動作によって分解するさまを指している。例えばネジ止めの緩いエンジンが、動作の振動によってネジが緩み、シリンダーヘッドが吹っ飛んだり、クランクケースからオイルが漏れギアが外れ、ギアロッドが放り出される様が脱構築とされる。

これはマルティン・ハイデガーの『存在と時間』によっても原型となる概念が示されたが、時系列変化の中で進行する性質のものであり、前段階には建設ないし構築または組み立てが存在する。既に組みあがった装置以外では、脱構築は発生し得ない。既に組みあがり動作する装置が自身の動作によって機械要素が脱落して崩壊することこそが脱構築である。

しばしば誤解される所ではあるが、脱構築は破壊とは同義ではない。破壊は非可逆的な状態変化であり、装置が脱落する脱構築とは性格が異なる。脱構築した要素ないしそれと同等の部品を取り付ければ再び動作するのに対し、破壊はその破損部分において被った損傷は、機械としての機能を損なっている点で異なる。

[編集] 脱構築の別の側面

脱構築は主体となる機械装置の部品が撒き散らされながら分解していく様であるが、同時にそれは利用可能な部品が脱構築によって機械装置の周辺に発生することを意味し、例えば飛行機から脱構築したジェットエンジン自動車に組み付けることも可能になる点で、脱構築は平行して新しい価値を生む媒体を発生させる現象である。

[編集] 社会科学と脱構築

これは社会運動のポストモダンに見られる所であるが、既存の美術概念が脱構築によって分解することにより、その部品からポストモダニズム再構築されている。前段階のモダニズム脱構築が無ければ、ポストモダンを構成する部品は存在しない。例えばモダニズム建築地震などで脱構築した際に、この廃材を使って犬小屋を作ることはポストモダン建築である。

[編集] ぐだぐだ主義

別名、ぐだぐだ主義と言う。今から脱構築を説明するのだが、今、私は脱構築の説明を始めようとする。なぜ説明するのかと言えば、ここは紛いなりにも百科事典だからである。つまり脱構築とは、解説した文を、次の時点で評論してしまうので、これは評論となる。なぜ、私は脱構築の評論をしようとするのか、と言えば、私は解説をしなければ、評論が出来ないので、こんな訳で、ぐだぐだな文章になるのである。

ぐだぐだな文章を書いている、私を解説する為に、私は私自身を評論する。評論を解説するのは、ぐだぐだな文章になるので、この文章を解説した。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「脱構築」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語