腕時計

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「腕時計」の項目を執筆しています。

腕時計(うでどけい)とは、資本家が労働者を時間に縛り付けるために使われる手錠である。

概要[編集]

時間に縛られるサラリーマン。

現代では、置き時計・掛け時計・街頭時計・腹時計など様々な時計が設置されており、人々は容易に時刻を把握できる。しかし、利益と効率を極限まで求める資本家たちは、それだけでは満足できなかった。

彼らは労働者に腕時計をつけさせ、分刻み、いや秒刻みのスケジュールを組むことで、さらなる利益と効率を得ることに成功した。

歴史[編集]

機械式腕時計[編集]

昔の腕時計は、超小さいゼンマイ・超小さいテンプ・超小さい歯車・超小さいネジ・その他超小さい部品を超たくさん使い、しかもすべて手作業で組み立てていたので超高かった。なので幸いにも貧乏な労働者たちは腕時計を買えなかった。

社長出勤しても怒られない人たちは、未だにこっちのをつけている。

クォーツ革命[編集]

1969年、日本のセイコーが世界初のクォーツ腕時計を発売した。時間に厳しく働き者な日本人の国民性を反映してなのか、高級機械式腕時計を持ってしても歯が立たないほどの精度を持っていた。そしてセイコーの特許切れと同時に、市場経済のもとでの自由競争が始まり価格は大暴落。今では最安845円(価格.com調べ)で買えるようになってしまった。

かくして労働者を縛り付ける手錠たる腕時計は、資本主義経済の発展とともに実用化の道を歩み、富める者と貧しき者の格差を広げる要因となったのだ。

その他の拘束具[編集]

関連項目[編集]