自宅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「自宅」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

自宅 (じたく) とは自宅警備員の勤務地、および生活拠点、および人生の終着点である。一軒家マンションアパートの一室など種類は問わない。誰が住んでいるかである。

もちろん、普通の人間が住んでいる場所を自分で言う場合も「自宅」と言うが、ここでは触れないことにしよう。そんなのにまったく興味はない。

自宅警備員が警備する典型的な自宅[編集]

一番警備すべき部屋[編集]

  • 厳重な鍵が掛かっている。
  • エロCG、エロ動画が入ったパソコンという最重要な宝が格納されている。
  • 当然ながら他に住んでいる人の部屋からは離れている。
  • トイレ、リビングまでの通路に邪魔なものはない
  • 外部から狙われないように窓は24時間ずっとカーテンが掛かっている。
  • 敵の情報を得るために常にパソコンが起動している。
  • 烏賊臭い。

台所[編集]

  • 他と比べて一つだけ綺麗な椅子がある。使うべき人はいるだろうが、一回も使ってないみたいだ。
  • 冷蔵庫の中の食べ物は少ない。夜中になぜかなくなるようだ
  • 棚にはカップラーメンがいっぱい入っている。食べる人は一人だけらしい。

リビング[編集]

  • テーブルの上には就職情報雑誌、人生の本が無造作にたくさんおいてある。ただし、誰かが投げ捨てた形跡がある。
  • どことなく暗い空気が漂っている。

玄関[編集]

  • 長年一回も履いていない靴が置いてある。

機能[編集]

押し売り業者やNHKの襲撃をかわすために呼び鈴は取り外されており、もちろん出入り口は施錠してある。また、自宅には自宅警備員専属の雑用係がおり、激務に追われる自宅警備員に定期的に食事などを作る。よって自宅警備員は仕事につきっきりになることが出来るのである。

関連項目[編集]


この項目「自宅」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)