自由

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
自由の象徴
小学生にとっての自由の象徴
あの荒野の向こうに自由があるんだ・・・
ソビエトロシアでは、自由死すとも板垣は死せず!!」
自由 について、ロシア的倒置法
「皆さん!何かにつけて自由自由っていいますけど、別に自由はあなただけのものでも、楽なものでもありませんよ!自由への道は時としてつらく、寂しく、そして険しいのです」
自由 について、B'z

自由(じゆう)とは、明治初期に福沢諭吉が英語のフリーダムに相当する単語として創作した日本語である。なお、それまでは「勝手」と訳されていたとされる。 このため、明治以前の日本人には自由というものは概念レベルから存在せず、天皇であろうと百姓であろうと皆奴隷だったとされる。

概要[編集]

その由来は仏教の経典の一文である自由自在から来ている。大日如来こそがこの世で唯一、全てを思い通りにできる存在であると経文には書かれている部分から引用したのである。つまり、日本語における自由とは「自分こそがこの世で唯一絶対の存在で、この世の全てが自分の思い通りになる」ということである。

日本語における自由とは英語のフリーダムともリバティとも全く異なる単語であるが、無能な教育者達は同じ意味だと誤用している。しかし、現代の若者は福沢諭吉先生の教えを正しく理解しているようで、原義の意味での自由な人生を送っている。

後に、お金こそが人に真の自由を与えてくれる物であるという意味を込めて、福沢諭吉先生を最高額紙幣である一万円札にしたと言われている。ガンダムシードにおいても俺様が正しくて一番強いという意味を込めてフリーダムガンダムが作られている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自由」の項目を執筆しています。
Undictionary Logo Text.png
この記事「自由」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
この項目「自由」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)