航空自衛隊

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
第30回 (1971年
エクストリーム・謝罪準優勝プレイヤー
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「航空自衛隊」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「航空自衛隊」の項目を執筆してくれています。

航空自衛隊(こうくうじえいたい)とは、内閣総理大臣防衛省が経営する航空会社。

概要[編集]

不祥事続きであった日本航空および全日空等を政府が解体し、全く新たな旅客航空会社として合併、政府出資の元で経営が開始された。コスト優先のため安全性が低下していた民間旅客機に代わり、耐久性・信頼性などに優れる軍用機を全面的に採用。快適性などは二の次であるが、運賃等は新幹線を意識して格安となっている。 また被撃墜数が0機と文句なしに世界最強の戦闘機であるF-15戦闘機を撃墜していることから戦闘技術は文句なしに世界一であるが、あくまでも航空会社である。

最も民間人が最初に会社員に質問する事は、「みんな飛行機を操縦するの?」または「みんな飛行機を整備するの?」なので、会社員は例外なく素直に「ハイ!」と答え航空会社としてステレオタイプを保たなければならない。また航空会社なので、会社員はどんな止むを得ない理由があろうと呂布に立ち向かってはならない

実態[編集]

赤裸々ノーズアート

米国空軍での留学を終えた幹部自衛官がハンバーガー片手に組織を作ったため、アメリカナイズされたピクルスのごとくそびえたつクソである。そのため、日本で教育を受けた背広組(シビリアン)がオニギリ片手に組織を和風に改善しようと日々努力している。

航空自衛隊が所持するPCには例外なくWinnyがインストールされており、ファイル共有のためのサーバーなどはなく、P2Pで共有されている。近年はShareへの移行が進んでいる。

所有する機体には赤裸々なノーズアートがペイントされており、エアライン各社の失笑を買うどころか見なかったことにされている。草薙はさっさと死ね。

組織[編集]

内閣防衛省航空幕僚監部>航空自衛隊

沿革[編集]

  • 2006年5月:民間旅客航空会社全面禁止法可決
  • 2006年6月:航空自衛隊設置法可決

主な採用機[編集]

零式輸送機
攻撃支援型E-767

ミサイル輸送機[編集]

  • F-4EJ改:2~3飛行隊分(近日運用終了予定・・・のはず)
  • F-15J:152機
  • F-16J (基地内専用戦闘機):5機(ベイブリッジを爆破して南雲隊長を足止めしたりする)
  • F-2:144機
  • EF2000J:72機(近日導入予定)
  • F-22J:12機(民主党が違法輸入を強行中)
  • F-35J:??機(いつ来るかわからない)
  • YF-29:1機

偵察用輸送機[編集]

  • RF-4EJ:1個飛行隊分(近日運用終了予定)
  • RF-15J:??機(近いうちに運用開始予定)

輸送機[編集]

燃料輸送機[編集]

雷頭の五月蝿い連中[編集]

新兵器研究用輸送機[編集]

  • 心神 (航空機):140機以上(練習用輸送機として近日導入予定)
  • F-35:??機(近日導入予定)

開発中の輸送機[編集]

  • F-3:??機(もうすぐ完成)
  • XC-2:40~80機(もうすぐ完成)
  • V-22J:??~??機(もうすぐ完成)

その他陸上兵器[編集]

将来の編成[編集]

戦闘機[編集]

支援戦闘機[編集]

爆撃機[編集]

  • 三菱 B-1:25機。川崎・P-1に敗れた哨戒機の案を爆撃機として採用。本家B-1のように亜音速で作戦空域へと急行する。
  • 富士重 B-2:25機。川崎・P-1に敗れた哨戒機の案を爆撃機として採用。

輸送機[編集]

欲しい物[編集]

MSZ-006

関連項目[編集]