葛飾北斎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
北斎HENTAIはHENTAIの元祖であり、真骨頂であるとされる
食っていくために一般人が好む平凡なエロ画も描いた。

葛飾 北斎(かつしか ほくさい、宝暦10年9月23日?(1760年10月31日?)~嘉永2年4月18日(1849年5月10日))浮世絵師を自称する変態である。

本当はパンチラ絵やおっぱい絵を気の済むまで描きたかったようだが、捕まってしまう為謹んだ。

[編集] 概略

葛飾北斎の生きた江戸時代は、現代よりもエロ本変態エロゲーオタクには寛容だと言われたり、 おおらかだと言われたりハッキリとはしていないが、どちらにしても彼の情欲は許容範囲ではなかったので、色々と問題であった。

その戒めに因るフラストレーションに苦しんだ結果、まるでそのストレスを発散するかのように自分のザーメンを思わせる荒れ狂う津波の絵や、自分の勃起した一物に見立てた富士山などを描いて富嶽三十六景を仕上げた。後年には蛸の親子に触手責めを食らう女の絵を自分で描いて、所謂自慰のオカズにしていた。また曲亭馬琴と組んで沢山のエロゲーを作り江戸のオタク達を大いに満足させた。

そんな18禁丸出しなのにもかかわらず、現代では偉人扱いされている。もちろん18禁作品を描く際は別ペンネームを使っていたからである。「葛飾北斎」のペンネームでは、風景画やら子供向け絵本を専ら描いていたので、近年になるまで18禁作家である事が知られていなかったのである。つい最近になってようやくこの事実が発覚したのだが、既に教科書に載ってしまったために、取り返しがつかなくなってしまったのである。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「葛飾北斎」の項目を執筆しています。


Nodasori.jpg この項目「葛飾北斎」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語