蜀漢

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
蜀漢
漢帝国(季漢)
国の標語 : 「南征北伐」
蜀漢の位置
公用語 中文(頻字)
首都 成都
最大の都市 重慶
首都機能分割都市 不明
指導者 不明
皇帝 諸葛孔明
丞相 横山光輝&吉川英治
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第三位
553,870平方km
不明
人口
 - 総計(xxxx年
 - 人口密度
世界第三位
86,289,122(2008)人
世界第xx位
x人/平方km
政府 不明
国民的な英雄 不明
建国 221年
通貨 諸葛元 (通貨コード不明)
時間帯 UTC (+8) (DST: 不明)
国歌 「先帝創業いまだ半ばならざるに」
宗教 関帝廟、五斗米道
国際電話番号 221

蜀漢(しょくかん、しょっかん)は中原の南の帝制国家。首都成都。西側は西蔵、南は南蛮、東は、北はと隣接。

第一次世界大戦までは中原三国(三国志)の一角を占めていた。1918年に敗戦により221年以来続いた劉家体制が解体、光栄制となった。このときに安定郡などの領土を手放している。 第二次世界大戦では外相の諸葛亮が南蛮の孟獲との会談を開き、援曹ルートを塞いで枢軸側として参戦。しかし同盟国のが合肥に航空機攻撃をしかけて魏を参戦させたり、第2,079,933次北伐の際、スターリングラード馬謖が包囲殲滅されるなどして北伐の機会を失った。

食文化を中心に文化大国としての歴史も有する。

国名である蜀漢のうち蜀は、成都またはその付近の古い地名(日本語で食、英語でショックの意)から。さらに、10億中華人民のうち最も賢いといわれる諸葛孔明氏が漢字を書けるようになったことを記念して、漢をつけることにした。

政治[編集]

皇帝は正当なヤクザ血筋を引いている。

政体は帝制だが、権力三分の計により、政府、議会、裁判所が設置されている。 憲法は蜀科とよばれる。

行政は原則として皇帝が行うが、君主の政治力が70を切った場合は丞相が政務を行う。丞相の任命は三顧制であり、皇帝が三回訪問するまで居留守を使ってゲーム内の能力アップに勤しむ人物でなければならない。最高裁判所は成都にある馬謖記念裁判所。裁判官は刑宣告時にいつも涙を流しているといわれる。

選挙権は20歳からで、急進右派の蜀民党(党首:魏延)、中道右派の蜀漢国民党(党首:姜維)、中道左派の蜀社会党(党首:蒋?)、急進左派の蜀漢緑の平和党(党首:費?)などが議席を持っている。

行政区分[編集]

地方行政は刺史、牧、太守などがおさめる郡県制。おもな地域区分は西涼漢中巴蜀荊州南蛮など(領有宣言地域を含む)。首都の成都のほか、武都陰平天水街亭定軍山建寧などに鉄道、道路、空港、雀荘などのインフラが集まる。

気候[編集]

気候は大きく3つに大別される。北部は乾燥しており馬超馬岱などの遊牧と繁殖に向き、仲達の運動にも最適。中部は温暖で農耕に向き、農相の李厳の政策で増産政策がとられ、有事の緊急輸送などに期待されている。南部は亜熱帯もしくは熱帯であり、藤甲の生産に向く。長江沿岸では風が強く、人口風による風力発電も行っている。

経済[編集]

経済的に豊かな国である。主要産業は農業であったが近年は工業化が進み、大都市では木牛の渋滞が問題となっている。通勤時間の流馬地下流は満員で、街頭では孔明灯が煌々と広告を照らし、夜も明るい。農産物、工業製品以外では徐庶孟達、美報などを輸出している

農業[編集]

蕪の栽培がさかんで、諸葛菜が主食となっているほか、輸出もされている。南蛮方面では、饅頭の生産量と比例してが人口が増えている。諸葛錦を生産するための養蚕もさかん。

工業[編集]

木牛流馬が全輸出の40%を占める。日本企業の進出も盛んで、トヨタの木牛工場が剣閣に建設されている。 長江沿岸では、10日で10万本を超える弓矢を生産しているが、一度に10発の弓矢を発射する連弩の生産量もあがり、大量の弓矢が消費されている。

宗教[編集]

関帝廟を奉る家が多いが、漢中地方では五斗米道が篤く信じられている。

文化[編集]

スポーツがさかんで、武力が95を超える将軍が5人もいる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「蜀漢」の項目を執筆しています。