蝸牛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
純粋な子供は皆、一度は殻に攻撃して手痛い反撃を食らったはずである。

蝸牛(カタツムリ)とは、という字のとおりの一種である。いやの一種だったかもしれない。まあ牛も虫も似たようなもんだからどっちでもいいじゃんということになるが、牛の方が神聖な生き物なのでひよこ陛下の御意によって牛であるということになった。鳴き声は当然「モー」である。 和名は電伝蟲(でんでんむし)であり、その名の通り殻の中に電撃を蓄える能力を持っている。


[編集] 概要

元々はナメクジという別の生物だったが、その中でも品格のあるブルジョアジー層のナメクジが移動式の持ち運び出来る巻穴式住宅を購入しやがってその巻穴式住宅と同化して蝸牛になったと言われている。ゆえに基本的に蝸牛は金持ちで品があり、ナメクジのようにばっちくないし害虫扱いされてをかけられる事もない。しかし、この対応の違いについてナメクジ側は差別じゃないかと人間を訴えるつもりでいるとの事である。

しかし、なぜ住宅を購入する金があったのかこの時点ではまだ分からない。しかし、最近になって真相が究明されカタツムリは電電公社の回し者であったという通説が浮かび上がってきている。しかし、強大な電電公社にびびって詳しいことを語るものは未だにいない。

なお、一部ではカタツムリを指して八九寺真宵と呼ぶ者もいる。

[編集] カタツムリの歴史

世界で初めてのカタツムリは産業革命まっさかりの時に炭鉱都市ナルシェで発見された。発見当初は生物兵器として利用されていたと言われる。資料によると、触と蛮というふたつの国家が、この生物兵器を用いて激しく争い、歴史上「蝸牛角上の戦い」として知られる。ちなみにこの戦いの様子が記されたのは、古代中国の書物である荘子である。時代が合わないような気がするが、それは荘子という書物がオーパーツだからである。

以下は実物のカタツムリを発見した時の雑兵たちの会話のやり取りである。

ビックス「まてよ、こいつは……思い出したぜ!」
ウェッジ「知っているのか?」
ビックス「以前、雷を食う化け物の話を聞いたことがある……」
ウェッジ「殻に強力な電流を蓄えているとかいう……」
ビックス「そうだ。殻には手を出すなよ、ウェッジ!」

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「蝸牛」の項目を執筆しています。


コピー_~_白い奴 あっ、この「蝸牛」はステータス異常にかかっていますね…
わたしでよければエスナかけてあげますけど……
でも、わたしまだ未熟だから………ど、どうします? (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語