血税

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「血税」の項目を執筆しています。

血税(けつぜい、: Blood Tax)とは、租税の一種である。税金とは異なり、金銭ではなく物を直接納税する種別の税(物納)である。2017年現在、日本を含む多くの国で採用されている税の種類のひとつである。

概要[編集]

血税を集める車両。

17世紀、輸血の医学的有用性が発見されて以来、血税は多くの国家によって採用されることになった。しかし、金銭として納税を行う税金と違い、長期的な保存が不可能であることから、常に一定量が供給され続けなければならず、また、血税の滞納問題(後述)などもあり、一部の国家では貯蔵量が慢性的に不足する事態になっている。

日本においては、献血センター[1]と呼ばれる、採血した血を直接納税することができる代行施設が存在する。また、病院などで採血を行い郵便局で納税することも可能であるほか、最近[いつ?]ではコンビニエンスストアなどを通じての納税も可能になってきている。

歴史[編集]

近代的な血税制度の誕生は20世紀以降であることが知られている。

輸血の発見以前[編集]

輸血の効能が発見される17世紀以前では、血液はもっぱら宗教行事として使用されるのみであった。当時は、医学的に効能があるとされていた薬草煙草などが税として国家に収用され、貯蔵されていた。しかし、それら薬用品は産出地域に偏りがあり、それらを産出できない国家は貿易を余儀なくされ、慢性的な赤字の一因となっていた。

よって、それらの代替としての医薬品を研究した結果、17世紀のフランスで「他人の血液を血管に注射する治療法」、いわゆる輸血が発見され、輸血のために必要な「血液」を税とする血税制度が、ヨーロッパを皮切りに世界的に施行されるようになった。

輸血の発見から血液型の発見まで[編集]

しかし、17世紀に発見された輸血の方法は不完全なものであり、多くの犠牲者を出した。輸血が行われた患者の9割近くが死亡していたのである。これらの事故は「患者と同じ血液型の血液を輸血しないと、患者の血液が凝固してしまう」という原因があるのだが、当時の医学ではそれを解明できなかった。

また当時は、税として自治体などが回収した後、国家の貯蔵所まで輸送できるだけの血液の保存法が発見されていなかったため、血税を納めるために自ら貯蔵所まで移動する必要があった。さらに、衛生面での対応も未解決な部分が多く、注射針などが使いまわされていたため、輸血の安全性は低かった。

よって当時は、血税制度のことを「兵役義務」などと揶揄する声も多かった。

血液型の概念は、1900年オーストリアの医学者カール・ラントシュタイナーによってはじめて提唱された。この時点において、近代的な血税制度が誕生したといえるだろう。

血液型の発見以後[編集]

輸血の安全性がおおよそ保障されている現代の先進国における血税制度は、先述の通り「血液を国家の貯蔵所までの輸送し、一定期間保存する程度ならば可能だが、長期的な保存は不可能であるため、定期的・定量的な血液が納付される必要がある」という段階である。また輸血の安全性が保障されていない発展途上国における血税の採用のために、国境なき医師団などが派遣されて、医療水準の向上に日々努めている。

また、血液の長期的な保存法が確立される、もしくは輸血に代わる画期的な治療法が確立されれば、血税という制度は過去のものになるだろう、と多くの専門家は考えているようである。

特徴[編集]

国民に税を迫る妖精。口癖は「が欲しいっ」。狂気。もはや、現在のドラキュラ。

血税は、現代では少数派となった「モノを納付する税(物納)」である。しかし納付するものが「血液」と特殊であるため、税金や他の物納税と比較してさまざまな相違点が存在する。

血税の利点[編集]

  • 血税を納税したあとでも、一定期間待機すれば体内の血液量が復活する。これはほかの税金とは大きく異なる点である。
  • かつての租庸調などと違い供給量が安定している。
  • 所得税消費税のように払う税の量が人によって異なるということがない(年齢により一律である)。
  • 血液が病気の患者の回復などといった合理的な用途に直接的に使用される。税金と違い無駄遣いされるようなことがない。
  • 病気を持つ国民は血税を控除される。これは簡易的かつ合理的な控除方法であるといえる。

血税の欠点[編集]

  • 採血時に少量の痛みを伴う。
  • 現代の技術においては長期的な保存が不可能なので、定期的かつ多量の血液が必要とされる。
  • 血液型の問題により、需要と供給がかみ合わない種類の血液が存在する。
  • 針を刺す必要があるので、痛みを生ずる。
  • かつて安全性が低かったことから、風評被害により安全性を疑問視する人もおり、納税率が高くない。
  • 発展途上国などにおいては、いまだに感染症などのリスクがあるため、血税を採用できない。
  • 注射されると痛い。しかもしばらくするとかゆい。さらに当日はお風呂に入れない

などがあげられる。

また、作られすぎた血液は腎臓膀胱を通じて尿になり体外に排出される。すなわち、その程度の量の血液ならば毎日血税として納税してもただちに健康上の問題はない、と厚生労働省は説明している。しかし、実際に絞り上げられ過ぎると血税を払いすぎて生活が苦しくなる、いわゆる貧血の状態になってしまうと言われている。

血税の滞納[編集]

血税は、他の多くの税や税金と同じく、国民の義務のひとつである。しかし、一部の国民が滞納をしていることでも知られている。しかし、かつての政治家は自分の血を輸送するまでもなく、自分たちの血液を直接貯蔵できるほどの都心で仕事をしていた、という歴史的経緯がある。すなわち、政治家が血税の滞納を免除されていたのは、まだ血液を貯蔵所まで保管できなかったころの名残であり、そもそも単に納税をしていないという問題を抱えている現代の政治家とは異なっているという点に留意する必要があるだろう。

また、採血には多くの時間を要するので、時間的な制約から血税を滞納している職業の国民もいることや、過疎地などには献血センターが存在していないため、血税を納税するために多くの移動時間をする国民もいまだに多く存在するという事実もある。

また、発展途上国などの地域では、いまだ医療技術的な問題により安定して血税を納めるのが難しいという事情もある。

アメリカにおける血税[編集]

なおアメリカ合衆国では、人間から血液を強制的に採取するのは憲法違反である、として訴訟が起こされ、国民側が全面的に勝訴している。そのため、血税が不要であるという先進国の中では珍しい国家である。

そのため、アメリカでは常に輸血用の血液が不足するという別の問題を引き起こしているようである。

脚注[編集]

  1. ^ ただし献血センターによる献血は200mlまたは400mlに限られる。これより多い量の納税を行いたい場合は、医療機関を通して納税しなければならない。

関連項目[編集]