裁判所

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

裁判所さいばんしょ)とは、八百万の神祝詞を捧げ、政(まつりごと)を執り行う国家機関である。

概要[編集]

裁判所とは、裁判(お上(天上界に住まうそのもの、あるいはカミ)に自らの正義を指し示す、国家的宗教儀式。または祟り祓うための人柱を用意し、お上に捧げる儀式。)を執り行う国家機関である。また、最高裁判所において執り行われた裁判は、国政に厳粛に反映されなければならないとされる。近年天に祈りを捧げこの世の理を歪めているとして、関係各所からの非難が相次いでいる。

組織[編集]

裁判所には、国政を左右するほどの権能が与えられている。そのため、裁判所内部における独自の行政機関が存在し、検閲により削除

連邦最高裁判所[編集]

合衆国最高裁判所を指す。合衆国憲法により運営される。歴史的に培ってきた論理的な判例と、合衆国憲法により保障された強固な3権分立制度により、合衆国の持つ権能を3つに分立させるほどの強力な権能を確保している。

最高裁判所[編集]

日本司法府の最高機関である。日本国が有する権能を3権に分けた場合、立法、行政と並び司法に該当する。これは、日本の四方は海であることや、始方あるいは死法と掛けられることなどから、古来から最高裁判所は裁判の最高儀式体としてその地位を強化してきた。最高裁判所を参照。司法権の持つ権能は次のとおり。

  • 意見立法審査権
    • 立法に対して審査できる。特に、司法権に対する意見の追求を求める立法を審査し、憲法判断を行うことができる。
  • 特別裁判所の禁止
    • 軍法会議の設置や行政機関による終審裁判が禁止されている。また、学級会や家族会議などもこれにあたる。なお、生徒会は世界征服の画策など社会的活動を行っている場合に限り、認められる。
  • 司法権の独立

その他の裁判所[編集]

  • 高等裁判所
    • 最高裁判所の直下に位置付けられるも、その能力は下級である。主に怨念について取り扱う。また、下級裁判所組織に溜まった怨念を増殖させる。
  • 地方裁判所
    • 高等裁判所の直下に位置付けられる。地方にしかない。関東にあったとしても、八王子霞ヶ浦くらいにしかない。
  • 家庭裁判所
    • とてもアットホームな職場です。ここでは皆心優しく慈悲深く奥ゆかしい家庭的な方しか働いていません。あまりの醜さにむせ返るような離婚事件や、名探偵すら解決できないような陰惨で血なまぐさい相続関係事件などは一切取り扱っておりません。
  • 簡易裁判所
    • 玄関空けたら2分で裁判。
簡易裁判所

裁判所の定義[編集]

裁判所は、広義の裁判所と狭義の裁判所に分けられる。

裁判[編集]

ただ形式を整えればよいものではなく、人を作り、場を作り、神を作り出して初めて裁判の本質が現れることになる。

刑事裁判[編集]

何らかが祟られた場合、穢れを鎮めるために有志が募り、犯罪行為を為す。彼あるいは彼らは、裁判所において呪術的かつ形骸的かつ前時代的な法則に則り、人柱としてお上に捧げられる。祟りの内容によって、行わねばならない犯罪行為が形式化されており、検察官という司祭がこの儀式でなすべき呪いの形式を祝詞として奏上する。課金刑や猶予刑などの比較的負担の少ないものから、身体拘束、数年間に渡る強制労働、思想統制などの肉体的、社会的に負担のかかる重いものまで幅広く制定されている。また、それにも関わらず祟りが静まらないのであれば、あるいは魂の浄化に至るまで責苦に喘がねばならないといったこともある。その際、彼に対する呪いの執行までの期間が定められるが、リアリズムを重んじる行政長は、これら呪術の執行を拒むことがある。

民事裁判[編集]

民事裁判は、刑事裁判とは異なり、邪法の一種である。なぜなら、自らの心を黒く染め上げ、神に見立てた裁判官の前で相手を排斥する必要があるからである。まず、2名以上の参加者を募集し、お互いに争わなければならない。また、裁判に臨む前に、可能な限り相手に対する悪意を高めておかねばならない。裁判官を挟み、お互いに自己の正当性と、相手の不当性を非論理的にがなりたてる。この際、実質的に裁判の進行を司る書記官(巫女のこと指す。)を圧倒しなければならない。また、場合によっては暴力に訴えることが不当でないこともある。全ての儀式が終わり、裁判官が厳かに神託を述べたならば、一度裁判官に対して痛烈だが理不尽とも思われるような批判を浴びせた上で、粗野粗暴を装いながら退室する。これにより、参加者のどちらか、あるいは両方が、祟り神に祟られる。祟られた参加者は、相手に自らの非礼を謝罪し、神託を受けた布施を納めなければならない。

判決[編集]

判決には著作権が設定されており、判決自体には資産的価値があるものもある。このような判決文を債務名義と呼んでいる。債務名義を提示された相手は、その限度額を支払い、債務名義を買い受けなければならない。現在最も価値があるとされている債務名義は、アルゼ㈱の保有するパチスロキャラクターに関する版権であるとされる。同社に無断で同人誌を作成・配布していたサミー㈱は窮地に追い込まれた。しかし、後にこの判決文の価格が高騰し、2006年4月にはサミー㈱の株価は一時5000円台付近まで上昇した。

イメージキャラクター[編集]

関連項目[編集]


ぞぬ.jpg この項目「裁判所」は常に不完全であり、フォローが必要です。

そのため、秀逸な記事にして下さる中の人を求めています。
つまり、この程度の内容で我慢できる野郎はお呼びではありません。
また、最低でも通常のMSの3倍の性能を要求します。
※編集が加えられた時点でサポートの対象外となります。ご注意ください。 (Portal:スタブ)