装甲騎兵ボトムズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「装甲騎兵ボトムズ」の項目を執筆しています。
「ムセテンナヨ!」
装甲騎兵ボトムズ について、ヴァン

装甲騎兵ボトムズ(そうこうきへいぼとむず)とは、1983年から1984年にかけて放送されたアニメであり、あわせて、それに付随する一連の映像作品の総称のことである。制作は日本サンライズ

むせる

この作品のもっとも大きな特徴は、小汚い。で、死にやすい。そして、むせる

そのため、下手に小奇麗で命の大切さを全面に押し出しているガンダムシリーズに対するアンチテーゼとして、熱狂的なファンに支えられ続けている作品である。なお、今作品に負けずとも劣らない小汚い埃っぽい作品に、太陽の牙ダグラムという作品が存在するが、奇しくも監督が同じ人物(高橋良輔)である。こちらは少しだけむせる

概要[編集]

この作品は、それまで日本のロボットアニメ界を席巻していた、「巨大でかっこよければ、基礎データなんざどうだっていい」というお子ちゃま理論に真っ向から立ち向かったアニメである。

その一番の特徴である機体は、大人目線で、まず人間工学に則って設計、そして軍隊における運用方法に合った形で諸機能を整備という、それまでロボットアニメに無かったアプローチで制作されている。ビームサーベルアホか?実弾思考のアームパンチだろという世界である。そのため、まず、主人公と味方、敵の乗っている機体に大きな差がない。むしろ、一緒。大きさも4m前後で、かなり小さめの設定がなされている。これは、18mもあるガンダムに対し「たわけ、そんなにでかい機体、どうやって戦場まで運ぶんじゃボケ」という、まず、戦争における兵器の運用に関して暗黙の批判を行った結果である。そして、機体に関しても、それまでのロボットアニメの機体とはまったく違い、戦場においてどのような機能が求められるかを徹底的に追求した結果、ほぼ5頭身で華美な装飾まるでなし、搭乗シーンのかっこ悪さは天下一品というじつにいい機体が完成することになり、初めて見た視聴者をむせさせた。

そして、ごく当たり前の話であるが、ここまでリアル路線を突き詰めていけば、戦争とその描写に関してもリアル路線が追求されていくため、戦場はとてつもなく小汚く、生存性より生産性と性能を重視した結果どうでもいい攻撃で即座に爆発する『使い捨て思考』の機体、ケロシンに浸した紙幣が燃えるよりも早く簡単に消える人命、何よりも、男臭さガンダムの3倍強というキャラクター群。お子ちゃまに売る気ねえだろ、オイ

しかし、この徹底的にデータにこだわる姿勢は、お子ちゃまを卒業した&したい連中、そしてむせることにダンディズムを感じはじめた者たちに大変に支持されることになる。しかし、残念ながらストーリーも大人目線であったため、ガンダムのように、ΖガンダムやらΖΖガンダムといった矢継ぎ早に次の作品を制作することができず、リアルロボット路線は地に潜る事になる。

オープニング&エンディング[編集]

ボトムズのオープニングは発表当初、特に話題になることもなく、主題歌が売れたような話もなく、さらに言うなら、後の時代にポケモンショックの原因として有名な光学処理、通称「パカパカ」まで使用されている。基本的な色使いも、子供向けの青や緑をまるで無視して灰色と赤にこだわるなど、小汚いとはこのことか!ともいえる内容で思わずむせる

だが、それがいい

作品世界[編集]

アストラギウス銀河と呼ばれる架空の宇宙が舞台となる。ギルガメスバララントという二大勢力がいがみ合い、罵り合い、ほぼ恒久無休戦争ばっかりしている最悪な世界である。実は裏で世界を操作する自称神様とか戦争を奨励する自称宗教団体とかの影響力があるのだが、神様が天然チート主人公にブッ殺されたり宗教団体も「うっせ知るか馬鹿、嫁返せボケ」などとチート主人公に罵られ終いには相手にされないなど実にお気の毒な有様である。更には神が死に、銀河の権威が失墜した事態になっても相変わらず戦争だけは続いてしまうという訳であり、既に銀河自体がDQNヒャッハー!戦争中毒患者と言っても過言ではなかったりする。本当にむせる

登場人物[編集]

キリコ・キュービィ
不死身の男、と恐れられる単なる一兵卒だったが、高級将校に目を付けられたのが運の尽き。そこから彼は最悪の前線に送られるわ、味方に裏切られるわ、命を狙われるやらもう大変。だがそれでも彼は不死身の伝説を貫いている。さすが主人公補正
いや、普通のロボット物の戦争アニメで主人公補正と言えば、操縦や白兵戦の腕前が抜群で危機を乗り越えたり、乗っているロボットが一品物の高性能機で敵を蹴散らしたりするのであるが、彼の機体は可も不可もない量産機で、あっさりやられてしまう事がしばしば。それでもしぶとく帰ってきて、また機体を換えて出撃するのである。そして超至近距離で心臓を狙われたのに何故か逸れたり、悪運は異常に強い。どう見てもルーデルです。本当に有り難うございました。
また普通のアニメで主人公補正と言えば、ライバルに負けても、このままでは終わらないと猛烈な特訓をして反撃するものであるが、彼の場合、あるときは炎に燃やされても生き返り、一億二千万の死者を出した爆発から唯一生き残る。どう見ても舩坂弘です。本当に有り難うございました。
まさにそこらの人に異能生存体などとあだ名を付けられ(そのことで作中で妻役にアドリブで皮肉を入れられる)たりするに足りる男だ。
TV版後のエピソードを描いたOVAでは自分が死なないことを前提に作戦を立てたりもした。
最近では、機体を滅多打ちにされても、壊れないし、死なないからってことで敵に体当たりをしている。
また最新エピソードで子連れ狼になってしまった。
つねにATパイロットスーツを着続けるスタイリッシュな男でもある。近寄ると秋葉原のとある店舗類の中のように香しい臭いがしてむせるに違いない。
ファンタム・レディ(フィアナ)
にんにくを生のまま丸かじりしたぐらいに、男臭くて男臭くてたまらずむせるこの物語における一服の清涼剤。つまり、美女。物語の中核となる秘密を持っているが、まぁ、よくある話である。なにしろ、テレビシリーズ第1話での初登場シーンで当時の視聴者の心を鷲づかみにしたくらいである。…でも萌え要素は皆無。
ブールーズ・ゴウト
にんにくその1。キリコの後見役として物語に出ずっぱりである。
ココナ
にんにくその2。女性であるにも関わらず、まったく画面から男臭さが抜けないのは、ある意味稀有な才能である。フィアナと違って萌え要素全開なのだが、それ以外の全ての要素によって台無しになっている。
バニラ・バートラー
にんにくその3。もう勘弁して。
孤影再びでは対ATライフルを背負っていたけどキリコに「無理すんな」と殴られていたりする
ル・シャッコ
にんにくその4。助けて!もう常人が耐えうる男臭さのレベルを超えているよ!万人がむせること必至である。
カン・ユー
にんにくその5。高橋良輔作品では強きを助け、弱きを憎む、【人間のクズ】枠が必ず存在するが、なぜか必ず中の人は広瀬正志氏である。
ゴディバ
にんにくその6。チョコレートみたいな名前だがにんにく。元医者。TV版後のエピソードを描いたOVAから登場、だがその匂いはTV版に慣れたやつからは「やはりボトムズだ、むせるぜ」とうならせる。
イプシロン
イケメン。キリコのライバルキャラで一見スタイリッシュ。しかもたびたびヌードを披露し、女性ファンサービスも満点。しかしながら、言語障害者な上敗北にまみれ、泥にまみれ、硝煙にまみれ、血にまみれるという壮絶な人生を見せ付けてくれる
ジャン・ポール・ロッチナ
情報部将校。小汚く泥臭い物語の中、只一人スタイリッシュを貫いた猛者。TVシリーズ最終回で死亡したと思われていたが、他の登場人物の誰よりも小汚くなって続編に再登場。
ディーテル・ロイル・バッテンタイン
ギルガメス軍中将(後に元帥まで昇進)、ロッチナの上官にあたる人物。パーフェクト・ソルジャー育成計画、そして「プランバンドール・スキャンダル」と呼ばれるスキャンダルに首を突っ込んでいるらしく、その後ある事件にて肉屋送りになった。
ギムアール・イスクイ
序盤の敵幹部。初登場時はニヒルに決めていたがその後は中間管理職に成り下がった。後にローゼンメイデン第8ドールとして復活する。
キッデル・トガル
第1話冒頭に登場したのみのいわば「小さじ少々程度の調味料キャラ」…のはずが外伝である「ライトニングスラッシュ」にて廉価版PSである「フェイシャルソルジャー」開発の責任者であったことが判明する。
ヨラン・ペールゼン
アストラギウス銀河における指折りの趣味人。後発であるOVAシリーズにて初登場したにも関わらず作品世界に隠然かつ多大な影響力を持つに至った
タチの悪いオッサンである。自分の趣味で最強最悪の特殊部隊を創設したり、止せばイイのにチート主人公萌えのあまり深入りしすぎて身の破滅を招いたりと
ムッツリした性格の割にはかなり波乱万丈ダイターンカムヒアー。「半生を殺しても死なないチート遺伝子の研究に捧げた」と豪語するが本来の軍人としての立場
からすると大いに問題のある中二病患者でもある。ルーデル舩坂弘、はてはクマムシの研究においても第一人者と言われている。自らの研究の中で発見した
チート主人公に一方的に恋愛感情を抱き、強引に言い寄ろうとするも見事に玉砕。ただでさえ中二病なところにヤンデレまで発症してしまい、以来チート主人公抹殺の嗜好に転ずるも結局ブッ殺された。彼の死後、研究の成果と恥ずかしい日記、中二妄想などが記録された黒歴史ノートの存在が囁かれ、その真偽を探求しようとする
者はことごとく怪異な死を遂げる呪いの書ペールゼン・ファイルと呼ばれるようになった。近年も、「実はエロスクラップなんじゃね?」と大胆な仮説を唱えた研究者が
逆に何者かによって自身の黒歴史ノートをネット上に曝されて憤死を遂げるという事件が発生している。
レッカ・バロウ
外伝マンガ『CRIMSON EYES』の主人公。幼女。ロリ、肌露出多目、凄腕パイロットなど数多くの萌え要素を搭載しているが全く萌えられない。
・・・なお、敵役に女性キャラがまったく見当たらないのはむせるための仕様です。

登場機体[編集]

ボトムズと呼ばれる冷たい鋼鉄の棺桶に男達は包まれ戦場に赴く・・・棺桶から這い出るためには敵をぶったおすしかねぇ!いくぞ野郎ども!---劇場版パンフレットより抜粋。

スコープドッグ
武装を施した鉄の巨大棺桶のような兵器である。むしろ、巨大棺桶に武装がついている。作品のタイトルに似合わず、その装甲は紙に等しく、普通の銃ですら当たり所によっては爆発。特に火炎放射器には極端に弱く一度食らえば中のパイロットは蒸焼きになってしまう。なんちゅうもろいフネじゃ。そのため、搭乗者の死亡率がシャレになっていない=まともな人材を乗せられない、という簡単な図式が出来上がっており、基本的にこの機体に乗るのは軍隊において最下層(ボトムズ)の連中である。これは、軍においては、人命よりも運用しやすい兵器が戦場で思い通りに動くことが重要であって、戦果さえ上げられれば人間の消耗はまったく問題ないという、実に戦場らしい価値観に支配された結果である。そのため、兵器としての運用も実にいい加減で、廃材から部品をかっぱらって修理に当てたり、その名前の元になっている頭部のスコープを戦車のスコープに転用したりと、どこぞの機動戦士じゃ絶対にありえない描写が満載でむせる
マーシィドッグ
泥蛸。スコープドッグの湿地戦仕様機。浮き袋があるので(水が)多い日も安心。
スタンディングトータス
敵機。いわゆるザク。しかし、残念ながらザクの小汚さを受け継いだのは主人公機だったため、こちらは単なるもっさりした敵でしかない。
スタンディングタートル
泥亀。スタンディングトータスの水陸両用改修機。かんじきを履く事で沼地でもへっちゃら。
スナッピングタートル
スタンディングタートルがベースのPS用カスタム機。機体を青く塗ったので、通常の三倍の性能が出るようになった(かも知れない)。
ベルゼルガ
パイルバンカーの始祖として、多くのロボットアニメに影響を与えた機体。ただの杭打ち機も、ひとたび良き創造者にかかれば、このような変身を遂げるという見本。
ストライクドッグ
イプシロンが搭乗するPS用ヘビィ級AT。PSの反射神経と機体性能が両方そなわり最強に見える。
ラビドリードッグ
ストライクドッグの改良型H級AT。物語終盤でキリコが最後に搭乗する。異能者であるキリコが搭乗することで絶望的な殲滅力も誇る殲滅力を持つことになった。

小汚い(むせる)ということ[編集]

この作品における小汚さは、総じて綺麗な戦争や美しいロボットというお子ちゃまの世界に強烈な皮肉を与えている。汚いのにカッコいい。むしろ、汚いからこそかっこいい。この感覚は、実はガンダムやミリタリーもののプラモデルの世界で培われたジオラマの感覚と同じである。プラスチックで出来た戦車や飛行機、アニメに出てくるロボットやキャラクターをより現実的に見せるには、小奇麗などというアニメの光学処理の都合で決められた色分けに準じてはいけないのである。その結果、プラモデルの世界では白いガンダムより写真栄えのいい緑色のザクが覇を唱え、ドイツ軍の兵器のかっこよさはいつまでたっても強烈に元少年の心に植えつけられる(むせる)ことになる。

ま、結局、80年代までの話ですがね。自分で背景からセット、突き詰めていけばカメラのレンズにまで踏み込んで世界観を構成しなければいけないジオラマ文化は90年代になって廃れることになる。代わって、ロボットやキャラクターはフィギィア化され、棚にずらりと並べられる商品として存在することになり、ガンダム復権。エヴァ躍動。しかし、残念ながらというか当たり前というか、たいへんにふつくしくこぎれいなキャラクターばかり。だらけ。ばっか。小汚さを受け継いだはずのガサラキもギアスもなんか小奇麗だし。結局、ボトムズは2010年代になっても生き残ることが確定している。その小汚さむせるによって

しかし現在、生き残るどころかボトムズの小汚さは各方面へゆっくりと拡散しつつある。 謎粒子で(見た目だけは)小奇麗になっていた世界観を一新した、炎の匂い漂うアーマード・コアⅤ。 そしてサンライズ英雄譚などでじわじわと布石を打ち続けて潜伏すること十余年。 遂に始まった、小奇麗なロボットの祭典・スパロボへの殴り込み。 ボトムズのもたらした「むせる」は30年近い時を経て確実に芽吹き始めているのだ。

ボトムズの男性ファン(最低野郎)[編集]

痛いガンダムファンを指してガノタという言葉が存在する(或いは存在した)が、ボトムズファンを指す最低野郎の場合には成り立ち、ニュアンスがかなり異なる。前者はガノタと呼ばれる事に対して、程度の大小はあるにしても不快感、あるいは明確な嫌悪感を示す事が稀ではなく、言うに事欠いて「俺は真面目なガンダムファンだ」などと自らを更なる激痛地獄へと追い込む輩まで存在する次第だが、所謂最低野郎の場合作品名にちなむこの呼称を名誉と捉えてむせる事が常であり、ボトムズファン(特に男性ファン)を指す代名詞となっている。しかしながら、当然というべきかオタクに対する世間の風当たりや内包する主にメンタル的な欠点ガノタなどと同質であると言わざるを得ない。基本知ったこっちゃないが。また、その頑迷とまで言われる保守的性向には定評があり、最近制作が発表された斜め上の方向を指標する新作2タイトルを巡って実に悩ましい事態となっている。基本面白けりゃいいんだけど。

ボトムズの女性ファン[編集]

このように男臭すさまじく汚泥に塗れたボトムズではあるが、意外な事に女性ファンの支持も根強い。TVアニメの本放映当時から毎週のように酷い目に遭うキリコにメロメロでむせていた模様。今で言うところの腐女子が太古の時代から棲息していた事の証左ともなろうが、この際はどうでもいい。当時は寡黙さが素敵とか母性本能を刺激されるとか様々な言い訳を弄していたものだが、実際のところはイイ男が虐められる絵が目的だったという事が明白である。後に外伝OVA機甲猟兵メロウリンクがシリーズに加わるとそんな腐女子達の劣情は加速度的に暴走を開始、相変わらずの小汚さにも関わらず同作品は毎夜の慰み物となったのである。勢い余ってボトムズオンリーイベントまで数度にわたり開催するなど、腐女子の行動力は恐ろしいものであった。凄い時代もあったものだ。後に続編赫奕たる異端での衝撃の結末によって純情な女性ファンが大量離脱してしまい、その煽りを受けてボトムズにおける腐女子的文化は一旦終息を迎える事になる。しかし『女なのに最低野郎』と蔑まれる云わば最低腐女子共の命脈は未だ途切れてはいないのである。恐ろしい事に

== 一般人の認識 ==

ガンダム
ガンプラ、安室とシャーがたたかう話
エヴァ
パチンコ
マクロス
パチンコ、歌う
ギアス
何それ
ボトムズ
アストラギウス銀河を二分するギルガメスとバララントの陣営は互いに軍を形成し、
もはや開戦の理由など誰もわからなくなった銀河規模の戦争を100年間継続していた。
その“百年戦争”の末期、ギルガメス軍の一兵士だった主人公「キリコ・キュービィー」は、
味方の基地を強襲するという不可解な作戦に参加させられる。
作戦中、キリコは「素体」と呼ばれるギルガメス軍最高機密を目にしたため軍から追われる身となり、
町から町へ、星から星へと幾多の「戦場」を放浪する。
その逃走と戦いの中で、陰謀の闇を突きとめ、やがては自身の出生に関わる更なる謎の核心に迫っていく

関連項目[編集]