ふんどし

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
から転送)
移動: 案内検索

(ふんどし)とは日本における伝統的な男性の正装着の一つであり、現在でも日常的に着用する者が多い。白いもの(白フン)が一般的であるが、通常の3倍である者は赤い褌(赤フン)を身に着けることがある。

歴史[編集]

旧石器時代のものとみられる遺跡の壁画から動物毛皮を用いた下着の描写が確認されたが、これが褌になるのかパンツになるのかは未だに学会で決着がついていない。 明確に褌であると広く認められているのは、平安時代前後の木綿製のものである。この時点で下着としての褌の原型はほぼ完成したと言ってよい。

江戸時代に入ると褌のファッション性に注目が集まり、センセーションを巻き起こすこととなる。まず女性から「褌の着こなし」が重要視されたことで、いかに素早くスマートに褌をしめるかが男性の課題となった。また火事などのイベントではすべからく褌に注目が集まることから、普段のいなせ黄ばみ茶ばみをステータスから除外し、常に清潔にしておかなくてはならなかった。また、個性的な褌が商店街を飾っていたことが記録に残っている[要出典]

現代では高級志向が主流を成しており、シルクを使ったものも登場している。 また軍事的利用として防弾性を持ったものや、あらゆる環境での着用を想定した非常に丈夫で機能的にすぐれた褌が開発されているという。特にNASAにおいては、宇宙に特化した褌の研究に注目が集まっている。宇宙空間は無重力であるため、陰茎が浮遊する不快感または快感を抑制する必要がある。

わが国における文化的な側面では、国営放送にて褌のみを着用したモデルを延々と1時間以上映すなど、褌文化の維持に力を入れている。これが功を奏し、流行に敏感な女性が身に着けることもあり、褌が広く愛されていると言える。

機構[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「六尺褌」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「越中褌」の項目を執筆しています。

構造は明治維新以前は長方形のさらし布であるもの(六尺褌)が多く、また維新後に普及したのは長方形の布の端にを取り付けたもの(越中褌)であり、展開形態はT字型を成している。この形態は一反木綿に酷似しており、一反木綿とは干していた褌が風に飛ばされたのを見間違えたものではないかといわれるほどである。赤フンは白フンの3倍の速さで飛ぶ。

主に縛ることによって固定するため、縛るのが苦手な小さい子供には向かない。 身に着けると肌触りのいい部分が股間の一物を非常に優しく、しかししっかりと包み込み、かつTバックの如き通気性をもたらすという。また、赤フンを締め仁王立ちすることで男性的な魅力を跳ね上がると考えられており、男性が勝負下着としてしばしば用いる。寒中水泳においては、白フンであってもこういった効果があると言われている。このような効果については、阿部高和博士によるフンドシ=モッコリ連想説が有力である。また、「仁王立ちは、ひざまずいた男性の前で行うのがベターであり、芳しい」とコメントしている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ふんどし」の項目を執筆しています。