西和彦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「誰?」
西和彦 について、ビル・ゲイツ
「さあ?」
西和彦 について、古川享

西和彦(にし かずひこ、1956年2月10日 - )とは、日本を代表するドン・キホーテのひとり。西サハラのプロデューサー(国家元首)。ロバのMSXに跨がり、従者のビル・ゲイツを引き連れて、インターネット上のあらゆる「ウソ・大げさ・まぎらわしい」を撲滅するべく孤高の戦いを続ける偉大なピエロである。

プロフィール[編集]

経歴[編集]

西和彦氏肖像
  • どこかで生まれる
  • アスキー創業
  • アスキーから追放される
  • おそらく生存中
  • 詳しくは本人の意向によって、全て削除されました。

パーソナリティー[編集]

好きな食べ物
本人の意向によって、以下の文章は全て削除されました。西和彦・削除.jpg
血液型
本人の意向によって、以下の文章は全て削除されました。西和彦・削除.jpg
初恋の思い出
本人の意向によって、以下の文章は全て削除されました。西和彦・削除.jpg
トラウマ
本人の意向によって、以下の文章は全て削除されました。西和彦・削除.jpg

2ちゃんねるとの戦い[編集]

見よ。この溢れんばかりの肉体美。

インターネットの進むべき道とMSXの使い道を探していた西和彦は、インターネットの砂漠のど真ん中で2ちゃんねるに出会った。そこでは名もない人々が西のためにスレッドを用意して彼の到着を歓迎してくれた。

これに感謝した西は彼らのために盛大なオフ会と呼ばれる牛丼パーティーを開催したが、それはどう見ても「西和彦ワンマンショウ ?ドンキホーテ オン ステージ?」だった。その中で西は「2ちゃんねるはデカイだけの能無し便所だ」と2ちゃんねるを褒めちぎり「2ちゃんねるの煽りは世界一イィィィィィ」と賛美の言葉を贈った。

ところが日本語のわからないバカな2ちゃんねらがこれらの賛美を「2ちゃんねるはデカチン専用ノンストップ肉便器」「2ちゃんねるのアナルは世界一気持ちいいぃぃぃぃ」と勘違いしたため、西は様々な方面から色々な方面を狙われることとなってしまった。

こうして2ちゃんねるとアナル貞操を争う戦争に突入した西は、製造中止寸前になっていたロバのMSXを率いて戦場へと向かった (この際、従者のビルゲイツは、Windows XPの発売前で忙しかったので参加していない)。

ところで西には、ひとつ心配事があった。それは2ちゃんねるに住む何百万人という名もない人々のことである。西の手に懸かれば、2ちゃんねるはほんの数十分で跡形もなく消え去ることは明白だった。このままでは2ちゃんねるを失った大量の難民がネットに溢れかえり、インターネットは閉鎖され、テレホーダイ契約者が激減しNTT倒産して郵便局が世界を牛耳り、することのなくなった引き蘢りティッシュペーパーを大量消費して、世界混沌切手イカ臭さで覆い尽くされてしまう。

このような事態をさけるために西は、2ちゃんねるの代替となる掲示板「1ch.tv」を設立した。 そして、1ch.tvが2ちゃんねるよりも素晴らしいモノとなるように最高の運営会社、最高の管理人、最高の煽り、最高の荒らしなど、世界最高水準の人材を惜しげもなく投入した。 こうして万全の体制を整えた西は、史上最悪の掲示板「2ちゃんねる」を撲滅して、この醜い争いに終止符を打つべく旅立った。

西の旅立ったあと、1ch.tvはその実力をいかんなく発揮、世界最高水準の荒しと煽りの驚異的な努力によって瞬く間に史上最悪の掲示板の看板を2ちゃんねるから奪い取り、ポスト2ちゃんねるの地位を確かなものとしたのであった。

史上最悪の掲示板「2ちゃんねる」撲滅の戦いに身を投じた西和彦は、思っていたよりも早く「史上最悪の掲示板」へと辿り着いた。あろう事か2ちゃんねるは西からの攻撃を避けるべく、1ch.tvの看板を掲げるという姑息な手段をとっていた。「何という無様な。これが世界最大の掲示板といわれた2ちゃんねるか。まるで便器にこびり付いたウンコではないか」西和彦は少し悲しそうに溜め息をついたあと、渾身の力を込めてこれを一刀両断にした。

こうして世界は救われた。

アンサイクロペディアとの戦い[編集]

「君達の頭脳は所詮ポテトでしかない!」激しくアンサイクロペディアンを挑発する西和彦。

2ちゃんねるを退治して一躍スーパースターとなった西和彦は、ネットの片隅で蠢く嘘と欺瞞に満ちた邪悪な気配を察知し、色々あってワンチップに成り下がったロバのMSXに鞭打って現場に急行した (この際、従者のビルゲイツは、Windows Vistaの発売前で忙しかったので参加していない)。

果たして西が辿り着いた辺境の地に広がっていたのは、嘘・大げさ・紛らわしいの権化「アンサイクロペディア」であった。この無限に広がるどうしようもなさを前にした西は軽くあいさつ程度に失禁をすると、こう言った。「アンサイクロペディアはラスボスだ。こういう場合、ラスボスの前には中ボスがいるはずだ。そうか、アンサイクロペディアのパクリサイト『ウィキペディア』がそれに違いない。まずはウィキペディアを秒殺し、その後で貴様を料理してくれるわ」

こうしてウィキペディア退治へと向かった西は、そこで自らの分身西和彦 - Wikipediaと出会う。その中途半端な経歴と丸々と太った姿に怒りを覚えた西は、躊躇なくこれを粉砕。西とウィキペディアとの愛憎に満ちた壮絶な戦いはこうして始まった。現在はその理想に邁進を続けており、ルール無用のデスマッチを仕掛けた西の影響で、数多のwikipedianが発狂すると言う壮絶な泥仕合へ。ウィキペディア側は利用者の発狂防止に相手にしない様に警告を出す異例の事態となった。[1]



本人の意向によって、以下の文章は全て削除されました。

功績[編集]

本人の意向によって、以下の文章は全て削除されました。西和彦・削除.jpg

主な著書[編集]

本人の意向によって、以下の文章は全て削除されました。西和彦・削除.jpg


有名なエピソード[編集]

本人の意向によって、以下の文章は全て削除されました。西和彦・削除.jpg

主な発言[編集]

本人の意向によって、以下の文章は全て削除されました。西和彦・削除.jpg

主な役職[編集]

本人の意向によって、以下の文章は全て削除されました。西和彦・削除.jpg


脚注[編集]

  1. ^ アゴラ : Wikipediaはネットの肥溜 - 西和彦

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「西和彦」の項目を執筆しています。
  • 西サハラ
  • 本人の意向によって、以下の項目は全て削除されました。西和彦・削除.jpg


Hito.png この項目「西和彦」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)