試験

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
「試験では、賢い者が答えられないような問題を、馬鹿な奴が出す」
試験 について、オスカー・ワイルド

試験(しけん)とは、学校などで行われるスポーツの一種で、生徒が一番嫌がるスポーツとして有名である。また、年始には巨大な体育館等に集まり、自己嫌悪に駆られる大会が開かれる。

また、後述するように試験の結果が偏った観点からの評価に使われることが多い。

目次

[編集] ルール

  • 筆記用具頭脳を用いる。
  • まず紙に書かれたクイズに対する答えを悩みに悩んだ末筆記用具で書く。
  • 一定時間たつと紙が回収される。
  • 数日後、紙を返される。返された紙の右上(左上)に点数が書かれてある。その点数が100に近いほうの勝ち。
  • その紙をに見せる。
  • 親の反応は良い順から、褒められる>怒られる>泣かれる。
  • 0点の場合、親から「あんたはもううちの子じゃない、出て行け!」といわれ家から追い出されるかもしれないので注意。

[編集] 点数のつけ方

通常のスポーツと異なり点数は試験終了後にまとめて計算される。

紙に書かれたクイズの種類により点数が定められている。このルールは、バスケットボールにおける、通常のゴールが2点、スリーポイントラインより遠くからのゴールが3点というルールと同じようなものである。また、点数をつける時間が十分に取られているので、ミスジャッジが起こる可能性は非常に低い。 しかし採点内容にこじつけて点数を直させることは相手によってできないこともないが、好感度及び内申点が下がる可能性があるのでやめといたほうがいい。

[編集] 反則

  • 競技中に人の紙を覗く(カンニング)。
  • カンニングペーパーと呼ばれるカンニング用の道具を使う。
  • 競技中に騒ぐ。
    • 上記3つが見つかった場合は紙が無条件で回収され、0と書かれた紙が返される場合があるので要注意。
  • 1つの大会で複数の競技が行われる場合、競技ごとに別々の人が同一人物に成りすまして試験を受ける(替え玉受験)。
  • 返された紙を親に見せずに隠す。
  • 右上に書いてある数字を書き換える、また、他人の答案用紙の名前を書き換えて自分のものにする。

[編集] 試験の種類

定期試験
多くの学校で行われている試験である。定期テスト定期考査と呼ばれることもある。このテストの結果が生徒の通知表での格付けに大きな影響を与えるが、それ以外のことはあまり考慮されないのでウィキペディアで嫌われている、偏った観点による格付けといえる。
入学試験
主に高等学校、大学で行われる試験である。主にこの試験の成績上位者が入学資格を手に入れることができるが、それ以外のことはほとんど考慮されないので、やはり偏った観点による評価と言えよう。
模擬試験
試験の練習をするために行われる試験である。模試と略される。通常の試験のように1つの場所で試験が行われる場合と、自分が問題集などを利用して試験を行う場合がある。後者の場合は監視体制が全くと言っていいほど無いので、反則行為が非常に横行している。また、採点も自分が行うので、採点基準が甘くなる傾向がある。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語