認知バイアス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

認知バイアス (にんちバイアス) とは思い込みやイメージ、先入観などで物事が正しく認識できなくなってしまう現象のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「認知バイアス」の項目を執筆しています。

概要[編集]

物事を本質的に関係ない情報で判断してしまうのが認知バイアスである。

認知バイアスはさまざまな要因で発生するが、感覚と計算上の数字今ひとつ納得できないなんとなくそんな気がする三度目の正直仏の顔も三度まで、など気持ちで判断してしまう状態は認知バイアスがかかっていると言っていい。

認知バイアスの例[編集]

6面体のサイコロを3回振る。1回目と2回目はどちらも6が出た。このとき、なんとなく6が出る確率は低そうあるいはこの流れならもう一度くらい6が出そうと思ってしまうことがある。

実際は1回だろうと3回だろうと、あるいは1000回振ってもその時振ったサイコロで6が出る可能性は1/6なのだが、前後の結果から気持ちとしてどちらかに偏って思い込んでしまう、また出て欲しい方が出るはずだ、というのが認知バイアスである。

また、にこやかな顔つきの人は悪い人ではない、眼光の鋭い人は悪人である、などの外見やイメージで人を判断する行為も認知バイアスである。

悪い人が相手を威圧するために表情を作っている場合もあるが、これはあくまで結果から見た話であり、表情の固い人が必ずしも悪人になるわけではない。

単に骨格や肥満のせいで笑っているように見えるやくざであったり、視力が悪くて目つきが鋭くなっているやさしいおじさんなのかもしれないのに、なんとなく見た目から先入観を持ってしまうのである。

バイアスによって起こる事故[編集]

認知バイアスを意識していないと、自分だけは大丈夫だとか今回は平気などの根拠のない自信から重大な事故を引き起こすことがある。

しかしバイアスなしに物事を見るのは非常に難しく、現実的に不可能である。そのためバイアスをなくすのではなく、確率論を理解する、自分の考えに認知バイアスがかかっているのを意識する、より安全な選択肢を選ぶなど、事故を起こさない行動が重要である。

アンサイクロペディアにおける認知バイアス[編集]

記事を書く能力と管理能力は別の能力である。

しかし、お子様ユーザー新規ユーザーどうしようもない記事を多発している執筆者などが貼ったNRVはなんとなく信用ならないように見え、ベテラン執筆者が貼ったNRVはなんとなく納得してしまう。

実際にはアンサイクロペディアに入り浸っていて空気を読めることが信ぴょう性に繋がっているのだが、なんとなく記事の執筆能力があればあるほど管理テンプレートの利用が適切であるように見えてしまうのである。

最後に[編集]

特に嘘は書いていないはずのこの記事の内容がなんとなく信じられない、胡散臭い、騙そうとしているように思えるというのも、これがアンサイクロペディアの記事だということ、また無駄に太字を多用しているなどから発生した認知バイアスによるものである。

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第36回執筆コンテストに出品されました。