誕生日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

誕生日(たんじょうび)とは、老いの始まる日であり、人間あるいは一定の組織や個人の中で大切にされている、人間以外の生物が誕生する日である。生年月日(せいねんがっぴ)とも言う。また、妊娠のことをおめでたと言う。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「誕生日」の項目を執筆しています。

概要[編集]

誕生日とは、厳密に言えば私たちが母体内から出てくる日であるが、それ以前の発生を含めて望んでそうしたものは一人もおらず、これらは全て両親が避妊もせずに性交を行ったことが原因である。そして生れ落ちた日から生きるという苦痛を背負わされ続ける忌々しい日でもある。

そしてそれを隠すために誕生日は一般的に喜ばしい日や御めでたい日とされ、自宅やマクドナルドなどでケーキを食べたりプレゼントを贈ったりする習慣がある。ただし外国では、誕生日を迎えた者が自らプレゼントを配る習慣がある。実際マレーシアで経験有り。嘘じゃないぞ!日本では今上天皇西田ひかるの誕生日を特に盛大に祝っている。

また、誕生と同時に人はいくつかの不可避な義務を負わされる(後述する)。そのため、ごく稀にいる冷静かつ理知的な者の間では、親はしばしば罪人とされる。

誕生日の習慣[編集]

  • 日本では、カードやプレゼントの贈呈、歌をおくる、ケーキを食べるなどが挙げられる。
  • 死神が人の生命をろうそくに見立てて監視するように、年の数だけケーキにろうそくを立てて全てに点火。その後本人の吐息によって消火させることにより生きることの儚さを思い起こさせる。
  • 特殊な場合では爆弾やカミソリ入りの封筒を送りつけ/られ/る日でもある。
  • 誕生日の間、生きていくことへの苦痛の根源が誕生にあることは無視され、愚かな能天気さによって脳や場の雰囲気は支配される。
  • ハッピーバースデー トゥー ユー

義務[編集]

人には誕生と主に負うことを強要される義務が存在する。誕生日から命日まで義務は続く。

死への恐怖[編集]

私たちは死の恐怖を味わうことを了解して誕生したわけではない。しかし、恐怖を比較的抑える死に方(→自殺)は社会的に禁忌とされている行為であるため、私たちはいつ訪れるかも分からない死の恐怖に怯えながら生活することを強要される。

親への見返り[編集]

一般的に子にとって親は「尊敬に値する存在」とされており、そのため出産という行為も正当化される。見返りとしては、主に弱体化後の世話があげられるが、親が早死にした場合は回避できることもある(ただし、葬式の費用を負うことになる)。

また、親の気に入るような人格を演じることも見返りの一種として挙げられるだろう。この義務は、親が「自分が駄目だったから子に期待する」と言う理由で出産した場合は比重が大きくなる。しかし、元々劣悪な遺伝子で、劣悪な教育環境の中で育つものが、親が望むほどの人格が形成されるわけが無い。

余談[編集]

  • 基本的に、避妊もせずにセックスしたことによって放出された精子が卵子と受精することによって発生が起こるという過程なのだが、「子は親を選んで生まれてくる」という神話も存在する。しかし、精子は本能的に卵子へ向かっているだけであるので意思は無く、出産の正当化に過ぎない。

超余談[編集]

A「君の誕生日はいつだい?」

B「6月28日さ」

A「いつの?」

B「毎年の」

関連項目[編集]

この項目「誕生日」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)