謝罪会見

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

謝罪会見(しゃざいかいけん)とは、つむじの撮影会である。

概要[編集]

撮影会

主催及び被写体となる条件としては、それなりの社会的地位を築きながらにして、それを揺るがしかねないような失態、不祥事を犯した者がその資格を得る。要は、所謂お偉いさんという人種は、頭を下げてつむじを見せる機会が少ない為、つむじの写真は中々貴重な被写体となる。さらに、ハゲを嘲笑う風潮のある社会では、生え際の現況などにも注目が集まる為、不定期に開催されるイベントの類いでは主催を問わず驚異的な集客力を誇っている。

なお、カメコの参加条件は、新聞記者や報道関係者などマスコミ関連の職業についている事が必須条件である。故に、パパラッチなどが排除され、比較的治安の良好な撮影会となることがほとんどである。

フラッシュ [編集]

頭を下げる瞬間、フラッシュを一斉に焚いて被写体に浴びせつつシャッターを切る。なお、フラッシュは大抵参加者全員にとってはデフォルトであるが、つむじを綺麗に写す、ハゲ頭のテカりを強調する為に無くてはならないものである。なお、ポーズのリクエストは基本的にはしない。

神回[編集]

このイベントは幾度となく開催されるが、年に何回かは神回と呼ばれるくらいに質の高いイベントも存在する。2014年に政務活動費の不正使用の釈明会見で号泣しながら潔白を主張した野々村竜太郎は、披露されたその見事なまでの男泣きが動画でも写真でも残され、多くの人の目に触れる事になった。なお、つむじについては当時よりカツラ疑惑があり、それを検証するかのごとく野々村が頭を下げる度にフラッシュが集中し、野々村が目をやられて涙腺を刺激される原因ともなった。なお、後に行われた裁判にてスキンヘッドで出廷した際には「やっぱりな」と会見に参加したカメコ達を笑わせたと言われている。

関連項目[編集]