出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「」の記事を執筆しています。

(かい)とは、硬く閉ざされた中に軟体部分を隠した生物である。

概要[編集]

人間に寄生する貝の一例。アワビと呼ばれる。

貝は本来的には水棲生物であり、水圧や外敵から身を守るため殻を持つものが殆どである。食用になるのは専らその中の軟体部部であり、殻を抉じ開けて貝柱を切ることで中を探るのが通例である。ただしラッコのように殻を叩き割る外敵も存在している。

陸上では基本的には単体で生存出来ないため[1]、陸棲生物の雌に寄生している事が多い。その場合もとても水気の多い軟体部分が核になっており、周囲の環境から身を守る為に寄生した生物の筋肉や体毛で守られている。また上から防護機構で守られていることもしばしばである。その為を味わうには無防備にした後に外周を拡げてに分け入れなければならない。またその際にで威嚇したり、侵入部位を締め上げたりもする。

多くの陸棲生物は貝と共生関係にあり、貝の組織を使って子宮を保護したり幼体の育成を行う。出産時に膣が大きく拡がったり後産を経て元に戻ったり[2]するのは、貝の軟体構造と関係があると言われている[要出典]。だが貝との共生を見られることを好まない人間も多く、貝が付着した部分は非常に硬くガードされるのが通例である。

人間に付着しやすい貝類[編集]

ホタテが寄生した例。

しやすい、というか女性のほぼ全員が「アワビ」と呼称される貝と共生関係にあると言われている。しかし前述の通り共生関係に関してはガードが硬く、真相は不明である。アワビとの共生期間は非常に長いが、時間等の要因で色合いが変わるわけではない。まだ寄生して日が浅くとも、黒ずんでいる場合もある。また「ホタテ」が付着している場合もある。この場合は殻が大きくせり出し、まるで水着のように見えると言う特徴がある。

男性の場合は貝が付着しにくく、ユムシスッポンが寄生することもあるものの基本的には動物ではなくキノコ類と寄生している。松茸であることもあればシメジであることも。これに関してもガードは固いが、希に共生関係を開示することに喜びを感じる人も存在すると言われている。

脚注[編集]

  1. ^ 蝸牛など一部の陸棲巻き貝を除く。
  2. ^ これを自由自在に行えるようになり、芸として極めた「温泉芸者」と呼ばれる職業も存在する。

関連項目[編集]