貨幣

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
典型的な偽造硬貨の一例。一見すると本物と同様だが、力を加えると容易に切断・変形するため、注意すれば見破ることができる。
「死刑なら払う。」
貨幣 について、西村博之

貨幣(かへい)とはたいていの場合、薄くて丸い金属である。人の顔が描いてある紙切れは貨幣と間違えられることも多いが正確には紙幣という偽物である。かつては生きていくには必要の無い価値の無い物であった。主に経済において人からモノを騙し取るのに使われる。

カネとは同じであり違う。

形状[編集]

コスト削減のため薄く、また小さく、使用者が怪我をして製造者に賠償を求める訴訟を起こされないように円状に加工されている。表面と裏面があるが、どちらが表でどちらが裏かはあまり重要ではない。偽造防止のために、美化された独裁者の顔や数字などが彫りこまれていることが多い。

機能[編集]

Money don't play
こういう遊び方もある。

貨幣の重要な機能として、次の4つが挙げられる。 これらの機能は資本主義経済の成立において極めて本質的な役割を果たしている。

  • 価値の尺度 : 本来、モノの価値は騙し取るのに必要なテクニックに比例すると考えられているが、テクニックの比較は難しい。しかし貨幣との交換で騙し取る場合には人々のテクニックはあまり影響しないと考えられるため、貨幣の量をもって価値を量ることが考えられる。
  • 価値の保存・蓄積 : 多くの騙すテクニックは使わずにいると衰えていく。例えばある時点で大根一本を騙し取るテクニックを持ってる人でも、時が経つと騙し取れなくなっているかもしれない。しかし貨幣で騙すテクニックは衰えないので、貨幣さえ持っていれば時が経っても大根1本が入手可能となる。
  • 人生に置いて

親が汚いからあまり触るなというが汚いのは親の心であり子供の小遣いをマッチポンプしていることが20xx年に農学部の研究家達の調査に置いて分かっているとくにラブホテル経由につかわれ金=にやけ顔の代名詞のもなるほどである。

  • 交換の媒介 : 貨幣を介する社会では、モノを貨幣との交換で騙し取ることにより、騙し取りをスムーズに行うことができる。これに対し、貨幣を介さない騙し取りの経済においては、騙すために時間や労力を必要とし、ときには騙し取ることに失敗することもある。

作成[編集]

貨幣の作成は拝金教では名誉な宗教儀式とされており、司祭より国民宿舎への宿泊券(3年以上)がプレゼントされる。

ニコニコ動画などで崇拝行為を行えば、親切なコンシェルジュが宿泊の予約を代行するため、貴方は下着と歯ブラシを用意するだけでよい。すぐに自宅までツートンカラーに赤いランプをあしらった送迎車が貴方をホテルまで案内するだろう。

貨幣を使った詐欺[編集]

売買[編集]

この手の詐欺は全国各地に存在するコンビニエンスストアなどの売店(小売店)や問屋等を問わずに使用できる。店の商品を手に、店のものに貨幣、特に一万の紙幣(最近は、ターバン野口を使う手口もあり)をひけらかすと、その商品とともにアルミや銅等までも持ち帰ることが出来る。 個人に売った場合50円が1万円で買い取られる現象も発生している。

貯蓄[編集]

銀行あるいは郵便局において、「金を預かる」として、そのまま借りパクする(倒産)と言う方法で、そのまま金を社長が独り占めすることが可能である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「貨幣」の項目を執筆しています。
現在のところ貨幣の供給不足によってスタブ状態に陥っているため、それを脱却するためならやれることは何でもやるという姿勢を明確に打ち出したい。
・・・・・と言うか、一日でも早くスタブ状態を脱却させるために供給を増やせ!! (Portal:スタブ)