貨物列車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
日本では一般的な貨物列車。

貨物列車(かもれ)とは、金の無い人や貨物列車が好きな人が使う、普通列車よりも下の隠し列車である。

概要[編集]

貨物列車は、本来は貨物専用の列車である。しかし青春18きっぷを使う者にはできるだけ早く移動する手段として利用されている。本来は違反であるが、通常の電車よりも格段に質が低いことから黙認されている。貨物列車は昔に比べれば本数が減っており特にローカル線においては無くなっているところもあるが、幹線ではたいてい運転されているので十分である。青春18きっぷシーズンにはそいつらで混雑するが、他の期間はガラガラである。確実に物好きしか乗っていない。

利用方法[編集]

  1. に停車中の貨物列車を見つける。通過列車だと飛び移る必要があり危険である。あえて飛び移る人もいるようだが・・・
  2. コンテナに潜伏したり、タンク車の中に入り込む。冷凍タイプだと凍死したり、石油まみれになる可能性があるので、よく見極める必要がある。無蓋貨車ならば空が見えるので人気である
  3. 一般人に見つかると通報される恐れがあるので、できるだけ中に潜んでいるのが望ましい。
  4. 降りたい駅で降りる。駅員に見つかると説教されるので上手く逃げる必要がある。

様々な貨車[編集]

ただのコンテナ
夏は蒸し暑く熱中症などになるので避ける必要がある。中が空の方がいいだろう。
通風コンテナ
風通しが良いので夏季においては、ただのコンテナよりはナンボかマシ。雨天時、冬期の利用は自己責任にて。あまりの風通しの良さに「痛風コンテナ」と揶揄される事もしばしば。
冷凍コンテナ
短距離なら涼しいが、長距離利用をすると凍傷その他になる危険があるので防寒対策が必要である。
タンク車
中が空ならば比較的快適である。当然夏は蒸し暑い。間違えても石油などが入っているタンク車に入ると、どうなるかはお察しください
有蓋車
コンテナとほぼ同じであるが、若干快適である。最近は数を減らしているのでこれが目当ての人もいる。屋根が低く156cm以上だと頭をぶつけるので注意が必要である。
無蓋貨車
晴れている日は最も人気がある。そのかわり雨の日は悲惨である。
ホッパ車
無蓋貨車とほぼ同じであるが、下の蓋が開くと線路に落ちるので注意が必要。もちろん空の方がよい。
甲種輸送車
中々快適と思われるが、鉄オタが群がるので見つかる可能性が高い。これを狙う人もいるとかいないとか。
廃車回送
これも快適と思われる。オンボロ車が使われることが多いので人気がある。また、熱烈的ファンの中にはそのまま列車と運命を共にする者もある。
車掌車
快適度はトップクラス、ストーブや長椅子に机付きで物によってはトイレまで付いている。間違っても手ブレーキを掛けてはならない。
サハ204、サハ208、サハE230
快適度はトップクラス、空気バネ台車を履く。冷暖房付き。ただし座席は使えない場合がある。貨物をスムーズに積み下ろしやすいよう片側に扉を6箇所設置した。

歴史[編集]

日本で最初の貨物列車は1873年に登場した。当時はまだ運賃が高かったので、無賃乗車をしようと貨物列車に乗る者がいた。昔は新しい鉄道が出来た際には旅客鉄道と同時に貨物列車も運転していたので、今よりもはるかに貨レ路線網は発達していた。自家用車が普及し道幅が広くなってきたころから徐々に貨物列車は廃止され、今では大手私鉄では残っていない。しかし技術の発達により、速度は格段に上がっている。特に東京と大阪を結ぶスーパーレールカーゴは電車貨物であり130km/h運転が可能であることから人気が高い。

時刻の調べ方[編集]

通常の時刻表には載っていないので、貨物時刻表を買う必要がある。インターネットにも時刻はあまり情報は載っていないので、やはり買う必要があるだろう。又、貨物ターミナル発着の列車も多いので、旅客駅に止まる列車を選ぶ必要がある。更に機関車のみの単行列車も紛れ込んでいるので注意が必要である。間違えて貨物ターミナルで降りたりすればタイーホされる可能性がある。

その他[編集]

  • 幹線を走る長距離列車は人気が高く、青春18きっぷシーズンは駅に列ができるほどである。
  • 青春18きっぷシーズンは混雑するので、コンテナ内でエクストリーム・満員電車が行われることがしばしばある。電車じゃないという突っ込みもあるだろうが、お察しください
  • ムーンライトながらは貨物列車であるという説が存在し、18きっぱーの156%の支持を得ている。
  • 石油満タンのタンク車に間違って進入すると静電気で瞬時に発火し、その人が焼死するのはもちろん列車運行にも重大な支障をきたす。過去には新宿駅で火災が発生し、周囲の路線が一日中運休になる事態になっている。当事者のその後はお察しください。
  • GW期間中やお盆時には運休になることが多々あるので、注意が必要である。
  • アメリカでは貨物列車のみで旅行をする人もいる。趣味としての地位を確立している。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「貨物列車」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)