賞味期限

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

賞味期限 (しょうみきげん) とは、「この期間、及び日付までに賞味するように」という建前で表示が義務付けられている、食品のパッケージなどについているラッピングの一つである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「賞味期限」の項目を執筆しています。

概要[編集]

前述の通り、「この期間、及び日付までに賞味するように」という建前でつけられている、食品のパッケージなどについているラッピングの一つ。たいていは無視しても平気であるが、まれに表示されている日付を大幅に過ぎている食品を食べて食中毒に陥るケースも発生する

発酵食品などは、むしろ賞味期限として表示されている日付を過ぎてから食べたほうが美味い(あくまで経験者談)こともあり、例えばチーズの消費量が多い地域では実際多くの住民が賞味期限が過ぎてから食す習慣がある。

その他[編集]

  • アイスクリームには賞味期限がない。
  • 生食の文化がないアメリカでは、の賞味期限の目安は大体1カ月である。ただし、保存状態(冷蔵庫内で保存等)の如何については一切考慮されておらず、アメリカの大雑把さが垣間見えるものの一つとされている。
  • 人間(とくにおにゃにょこ)の賞味期限はせいぜい30年ちょっととされているが、一部の特殊な趣味の持ち主にとっては40年、50年経った頃が良いという。また別の趣味の持ち主にとっては10年もしくはそれ未満ということもある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「賞味期限」の項目を執筆しています。


海原雄山.jpg 女将を呼べッ!なんだこの賞味期限は!!
よくもわたしの前にこんなシロモノを出したな!
今すぐ作り直せ!!ジュンサイの旬は初夏だ! (Portal:スタブ)