軽量化

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

軽量化(けいりょうか)とは日本伝統技能の一つ。 あらゆる物に対してドリルで孔をあける、ヤスリで削るなどして重量を1ミリグラムでも軽くすることを競うものである。

概要[編集]

原義の意味では機械の性能向上のために強度を損なうことなく重量を軽くすることであったが、 軽量化病を発症すると、とにかく「孔をあける」「ヤスリで削る」の二種類の動作をひたすら繰り返すだけの精神病患者と化す。

日本ではミニ四駆の流行により軽量化病患者が全国の小中学生の間で大量発生することになった。

病状の実例[編集]

この病気を発症した有名な技術者に堀越二郎があげられる、彼の設計は徹底的に軽量化にコダワリ、わずかでも孔があけられる場所を見つけると孔があいていないと怒ったという。 この結果、零式艦上戦闘機は孔だらけになり、さらに敵に機銃で孔だらけにされた。 ちなみに穴だらけにされることを俗に「蜂の巣にされる」と言うが、ハニカム構造(蜂の巣構造)は強度と軽量化を徹底追及した昆虫界の例である。

さらに、病気が第二段階に進み悪化の一途をたどると、 削るだけでは満足せずに大金をつぎ込んで軽量化パーツに手を出し始める。 チタン合金とかカーボン素材とか、ほとんど中二病としか思えないような超々ジュラルミンなどで出来たパーツを購入し始める。

もっと酷くなって、第三段階に進むと自分の成果を確かめるために、1ナノグラムまで計れるような日常生活で意味の無い高価な精密電子秤を購入するようになる。 あくまでも、測定するのは重量だけであり、軽量化によって速度とか燃費とかが良くなったかどうか計ろうとはしない。

近年では物理的な機械の軽量化だけでなく、パソコンOSを軽量化するという方向へ走る病人も多くなった。 これはビルゲイツさんの作ったウインドウズがまったく軽量化されていないためでもある。

アニメなどにおける軽量化[編集]

徹底的に機動性を重視したため防御力が限りなくゼロに近い。紙装甲とも呼ばれ、もはや死亡フラグの一つである。

  • スペシネフ(電脳戦機バーチャロン)
  • ケンプファー(機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争)
  • コルレル(ガンダムX)
  • 力石徹(あしたのジョー)

関連項目[編集]