迷宮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

迷宮(めいきゅう)とは、主に立体型の迷路のことを言う。しかし、本当に迷うのは、むしろの中の迷宮であることが多い。

目次

[編集] 起源

迷宮の起源ははっきりしていないが、一番古いものとして、ギリシャ神話におけるミノタウロスの迷宮が挙げられる。これは、クレタ島に存在したとされる迷宮で、実は、一本道。しかし、地図を一見しただけではもつれ合ったにしか見えないという特徴がある。そのため、迷宮とは実は頭の中に一番できやすい存在である。

[編集] 迷宮の種類

頭の中にできる迷宮の種類は大きく分けて2つに分けられる。一つは、主にミステリーなどで密室殺人や絶対に崩すことができないアリバイなどの迷宮が挙げられる。もう一つは、主に外交問題や絶対に不可能な政治的解決問題で構築される。主な迷宮として、米軍による犯罪事件や、イラク戦争による民主主義の発展、および中東地域の平和推進などが挙げられる。

また、有名なゲームには様々な迷宮が出てくるが、最終的には目を閉じてワードナの執務室まで直行でき、レミーラたいまつも使わずに竜王を倒せることを考えれば、やはり迷宮は頭のほうに出来上がったもののほうが、長期間、人を迷わせ続けることができる。

[編集] 世界各地に見られる迷宮

世界には、主に頭が迷った人たちによる迷宮が存在する。有名なものとして、フランスの郵便配達夫が作ったシュヴァルの理想宮や、銃器メーカーの未亡人が幽霊を迷わせるために建築に建築を重ねたウィンチェスター・ミステリー・ハウス、さらに、日本の沢田マンション(高知県)などがある。その全てにおいて、あんまり法律というものがわからなかった&多大な情熱をこめたという共通点がある。しかし、頭の中の迷宮なので、やってる本人(家族)にとってはどうしようもないことなのだ。また、京都も迷宮といわれる場合があるが案内人がいるため迷う人も少ない。

また、普通の民家でも建て増しと建て増しと建て増しぐらいで迷宮化することがある。でかい旅館、病院などは一見さんお断りのような状況になることもしばしばである。修学旅行生を迷わすことぐらい屁でもない

[編集] 自然的な迷宮

鍾乳洞やジャングルなど、世界には自然の力によって作られた迷宮が数多く存在する。そこでは、大自然がエクストリーム・自殺の会場として冒険という名の麻薬をきこしめすバカどもを食っている。なお、全ての時代において一番人間が命を落とした迷宮は、準備不足という名のどうしようもない迷宮である。

富士の樹海で遭難する人間のほとんどは、人生の準備不足が原因である。

[編集] 巨大迷宮

渋谷迷宮構内図.gif
迷宮.gif

迷宮内には魑魅魍魎どもによる縄張り争いがあり、エリア間にはゲートがある。

最も厄介なのは「人の流れ」と呼ばれる魔法で、気づくと見たことがない場所で迷子になっている。 ガイドに聞くという魔法もあるが、縄張り外のことは分からないため、結果として逆に惑わされることもある。 また一度マッピングしても、「改良工事」という魔法が使用されると、ダンジョンの構造が変わってしまうので要注意である。 残念ながら迷宮内にセーブポイントは無い。

[編集] 攻略に必要な持ち物

[編集] 日本六大迷宮

詳細は各項目を参照。

[編集] 主な迷宮の存在地

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「迷宮」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語