進化論

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

進化論(しんかろん)とは、今では全て誤った科学として認識されている、科学的概念である。アメリカ合衆国の一部の州ではこれを疑似科学として、その記述を教科書に載せることさえ禁止している。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「進化論」の項目を執筆しています。

ダーウィン[編集]

Informatico mono.jpg

チャールズ・ダーウィンは、イギリスに生まれ、若くして国費留学で世界一周の旅に出た。その経験により後年著書「進化論」を出版した。

その世界一周の途上、まず最初に上陸したアメリカでは、それまで趣味でサッカーのゴールキーパーをしていた強肩から、誕生したばかりのスポーツ・野球の投手にもなった経験がある。またその経験を生かし、日本でも阪神に在籍していたこともあった。彼がこの概念を発明したのは、この日本を訪れたときに閃いた(誤解した)と著書「進化論」で語っている。

ダーウィンの進化論[編集]

ダーウィンの誕生した頃のイギリス社会では、完全なる階級社会であり厳しく、階級間の移動や結婚は非常に困難な社会であった。そのような制約の多い社会で育った彼がアメリカに渡米したときは、その自由な雰囲気に飲み込まれた。そして、生物や人が自由のなかで過ごせば、いったいどのようになるのかという疑問に達した。

そして、日本にダーウィンが訪れた時、ちょうど封建制度が崩壊した後であり、比較的自由に職業選択や結婚の選択ができる社会であった。また、日本人が自らの置かれた境遇において、一生の間に自在にその身を変えていくことが、彼の疑問に対する一つの答えとして、彼の誤ったアイデアを生み出すことにつながった。

一般的日本人は、小学生まではおよそ同じ道をたどるが、その場に応じて、何とか社会に適合していく。例えば、

  • 小学生 → 中学生高校生 → 東京帝国大学生 → 国防省キャリア → 事務次官 → 容疑者
  • 小学生 → 中学生 → 盗んだバイクで走り出す → 暴走族 → 舎弟 → 替え玉 → 2部組織幹部
  • 小学生 → 中学生 → バイトでやっと買ったバイクを盗まれる → その経験をバネに歌手 → 156cm
  • 小学生 → ジャニーズ → 元ジャニーズを看板に居酒屋経営
  • 大学生 → 役者 → コメディアン → ミニにたこが出来て → AV監督

と…。その様子は、よく分かっていないアホな外人には「進化」という誤った概念を生み出すには充分な経験であった。それは、進化じゃないだろうと、情報通信の発達した現代なら、スグに総突っ込みが入りそうなところだが、当時、秘境扱いの東洋の島国の事に対して、誰も検証可能な情報など他に無かったので、そこは誰も気にしなかった

ある女優の世代交代による進化例
人間と類人猿の進化の痕跡

進化論の誤り[編集]

進化論は、物事は時を重ねて、そして世代を重ねるごとに、自然淘汰という圧力が働き、進歩するという物であった。その原理は、後述する反証も当然考えられたため、その反証と、科学的証明から逃れるため、検証可能性回避というあくどい手段をとった。

それはつまり、検証不可能なぐらい長期の時間(何百万年とか)とって、生物学でもっともらしく適用(キリンの首がなぜ長いか等)するという、新興宗教並みの手段であった。

しかしこの手段は、単純ながらも反証は困難であった。だって検証不可能ですから。そのため「科学で否定されない理論」として、いつしか「科学で認められた理論」と勘違いされ、社会一般にその理論が「常識」として拡がっていった。特に「進化論」の起源となった日本では、ゆとり教育の影響もあり今でも正しい理論として認識されている。

しかし20世紀末から21世紀にかけて、様々な反証が得られたことにより、前述の通りアメリカでは誤った理論として、教科書から削除されている。決してブッシュJrアホだからではない。(まあ、アホはアホなんだけどね)

156cmの首[編集]

例えばダーウィンの活躍した時代には、キリンの進化の途中形態が、化石等で発見されないことは、研究が進んでいないからという一言で一蹴できた。しかし研究の進んだ現代でも、進化途中のキリンが発見されないことは、充分な反証としてThe Journal of Chemical Biologyに1992年に「Where is the 156cm Neck?」(和題:156cmの首のキリン)というタイトルで論文が掲載された。これが、進化論否定のきっかけとなった。

妥協[編集]

しかし、当初から前提となる自然淘汰が働かない場面では、それは効力を発揮しないことを、内在した論であった。例えば、男女でダメ者同士の妥協が成立する社会においては、社会の構成員がどんどん進化するわけではない。

「妥協」による進化論の反証例

  • そのため、一夫一妻制が主体の生物(多くの鳥やヒト)は、進化しない生物種といっても過言ではない。
  • 日本政府では、トップ機構である官庁は折衝という名の妥協を日々行うことが仕事である。だから、日本の行政機構には社保庁が存在する。先進国の行政府と言えども、妥協さえ働けば進化論は無効である好例である。

数の論理[編集]

また、ダメ者同士でも結集すれば、優秀な者を圧倒する数の論理という別の論の方が一般的であり、進化論が成立することは稀である。

「数の論理」による進化論の反証例

参考文献[編集]

関連項目[編集]


このページも進化論が正しければ、成長するかもね…