避難具

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

もしかして: 避妊具

避難具(ひなんぐ)とは、火災等が発生した場合、外部に避難できる器具のことである。避難器具とも言う。なんか文句ある?

概要[編集]

避難具とは主に避難はしご、緩降機、滑り台・滑り棒、避難橋・避難用タラップ、救助袋のことを言う。

避難はしご[編集]

避難はしご

避難器具としては、基本的なもので、設置対象となる建物のほとんどの階にある。 使用方法により、固定はしご、立てかけはしご、つり下げはしごに区分され、金属製と金属製以外に分けられ、金属製は、国家検定の対象品目になっている。 4階以上に設ける場合には、バルコニーに設け、金属製の固定はしごを用いなければならない。 そして、降下口が直下階の降下口と同一垂線上にならないよう(千鳥配置)にしなければならない。

緩降機[編集]

降下速度を一定の範囲に調整されたもので、使用者が他人の力を借りずに自重により自動的に連続交互に降下する器具。緩降機には「固定式」「可搬式」の2種類があり、「固定式」は常時取付具に固定されて使用するもの、「可搬式」は使用時に取付具を取り付けて使用するものである。

すべり台、すべり棒、避難ロープ[編集]

すべり台[編集]

建物に固定されたすべり台を設けるもので最近幼稚園等でよく見かける。 安全性が高いので2階から10階迄の各階(上・下)間の利用が認められている。病院等でも使用でき、短期間で多く避難できる。

すべり棒[編集]

垂直に固定した棒を滑り降りるものをいう。 降下スピードが大きいので迅速に避難できるが危険も伴う。 2階からの避難のみに使用できるが6項(病院等)の建物には使えない。

  • 棒の外径は35mm以上60mm以下で円形
  • 棒は鋼材又は同等以上の材質で耐久性のあるもの
  • 3.9キロニュートンの圧縮荷重に耐えること

避難ロープ[編集]

商品一覧 上端部を固定し、つり下げたロープを使用し降下するもの。 使用の際、急激な降下を防止する為、ロープの一部に滑り止めの工夫がなされている。 2階からの避難に限って使用される。

避難用タラップ、避難橋[編集]

避難用タラップ[編集]

可動式の鉄製階段。可動式であるので安全面・確実性に注意する必要がある。 避難器具としては、3階、2階及び地階にのみに限定し設置することができる。

避難橋[編集]

建物と建物を連絡する橋状のもの。 両端が固定し常時使用できるものと、使用時のみ架設できる移動式のものもある。 この避難器具は、建物所有者等のお互いの協力が必要であるとともに、建物構造にも左右されるため、どの建築物でも活用できるものではない。

救助袋[編集]

使用の際、垂直又は斜めに展張し、袋本体の内部を滑り降りるもの。 垂直式は斜降式に比べ場所をとらず迅速に避難できるメリットはあるが、スピードが出すぎないよう、その安全の確保に工夫がなされている。 2階以上の階に適し、病院等でも使用でき、学校にもあったりする。


避妊具[編集]

街中でよく見かけられる
Icon-not-under18.png 注意 : アンサイクロペディアに未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれているのは仕様です。

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

どうも避難具と避妊具を混同する人間が(主に中学生の頃)多い。例えば右の写真の避難具降下位置といったような看板を見かけるとびっくりする男たちが後を絶たない。いやびっくりするだけならまだしも、その場所にじっと立ってあれが降ってくるの待ったりする猛者も存在する。また中には避妊は子供を産むのから一時的に避難しているから避難具とも言えると唱える人たちもいる。そのようなことを鑑みてここで避妊具についても述べることとする。

よかったな。

コンドームの付け方[編集]

ペッサリー[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「避妊具」の項目を執筆しています。

Icon-not-under18.png 注意 : アンサイクロペディアに未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれているのは仕様です。