都市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

都市(とし)とは、サル人間というのは迷信である)が大量に集まっていて住みにくい所である。共通することとして、水田と呼ばれる貧困者・浮浪者(ホームレス)の集まる場所があることが上げられる。

一般的な都市の外観

しかし田舎者の間には、「都市は夢のある所」などという盲信がまだ残っており、毎年スラム化を更に推し進めるべく、多くの若者などが詰め掛ける。特に東京大阪に(名古屋福岡札幌とは塵にも思わない)。そして社会・企業の歯車になるか、現実を知って戻るという、余りにも典型的なパターンを毎年繰り返している。これから判断できるのは、「人間は、『他山の石にする』という思考を持っていない、馬鹿生物」であると言うことである。

概要[編集]

都市とは、都市計画法によって、住居表示を廃止し、すべて地番となった地域が80%あるところである。例えば、大阪都梅田区出前一丁目9番5号という住居表示を廃止することにより、「大阪都梅田区出前508486番の150の145」という表記することができ、郵便配達や地図がとても見やすくなる。

都市計画とは株式市場でたとえるなら仕手戦にあたるもので、地方自治体と不動産会社、まさに官民一体の連携により買い注文の飛躍的増加を偽装することにより地価を吊り上げ、その差額を搾り取ることがその真意である。 そのため政府には固定資産税が、銀行には住宅ローンの利益が、不動産会社には土地売買の差額が入り、経済活動をより一層加速できる。

この仕組みにより近年世界は都市化の一途をたどっている。

都市の構造[編集]

日本の都市にはまず中心部に無人駅が存在する。無人駅は広く、西口に出るか東口に出るかで様相も一変する。西口に出てしまって、ああ間違えた東口だった、と西から東まで歩くのに3時間くらいかかることもあり、田舎者に至っては出られないことすらある魔境でもある。出口を間違えたら破局は確実であるため、デートの待ち合わせ場所に使われることは絶対にない。

無人駅には、駄菓子屋が乱立し、子供たちががたくさんいる。それに対して、百貨店は水田地帯の中にあり、おばちゃんたちの活動拠点のひとつとなっている。また、人力車乗り場も存在するが、ここは長蛇の行列となり、待っている暇に歩いたほうが早いということに気づかない人たちが愚痴を言い合いながら列を延ばしていく。

無人駅の周囲には漫画喫茶居酒屋風俗店がなく、人はすべて駄菓子屋ですべての用件を済ませなければならない。しかも、ここに迷い込んでしまうと出られなくなるから注意が必要である。また、駄菓子屋は、客引きという人の動きを妨害する人類の敵を雇っており、絡まると本当に出られなくなるから、慎重な注意が必要である。

水田地帯まで進むと、官庁街が見えてくる。午後1時ぴったりに一斉に庁舎を出てくる集団もあるかと思うと、夜中でも部屋電気が灯っていたりする。しかも、官庁街はコンビニさえない辺鄙な地であることも多い。

都市の外縁部にはスラムが広がりそこへ足を踏み入れた者たちは身ぐるみはがされて下水道に流される。都市から出る強烈な悪臭を伴う下水に触れた人はショックのあまり自殺してしまうので、スラムに入ることはを意味する。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「都市」の項目を執筆しています。