都市伝説

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

都市伝説(としでんせつ)とは奇妙奇天烈な物語に見せかけた教訓話である。現代人の間では実話として語られるが、ほとんどは作り話である。『友達の友達から聞いた話では……は~らしいよ』という言葉が添えられて、真実味を持たせるという手法が良く用いられるらしいよ。

概要[編集]

友達の友達から聞いた話によると太古の昔から教訓は世界各地の民衆に語り継がれていたが、その頃から既に「最近の若者は教訓をろくに聞かずに失敗ばかりする」という悩みがあったとされる。この悩みを解決するために編み出されたのがいわゆる故事や説話などである。どれも若者が興味を惹くように面白おかしく作られた話でありながら、しっかり教訓を織り込んでいることが極めて多い。

例えば「杞憂」という故事では杞の国には空が落ちてこないかと心配している人物が語られ、「無用な心配をするな」という教訓が込められている。そんな人物いるわけ無いだろうと言い切れないという絶妙な内容であるため、若者も無意識に教訓を聞いてしまうという訳である。

都市伝説もこういった故事や説話などの延長線上にある。なお、従来の故事や説話などが用いられなくなったのは、かつて若者は故事や説話を聞く以外に暇潰しの方法が無かったが産業革命等によって暇潰しの方法が多様化したため、当時マンネリ化が進行し面白みに欠けた故事や説話を聞く時間が減少したためである。当然ながら「最近の若者は故事さえもろくに知ろうとしないから失敗ばかりする」と話題になり、より刺激的でありながら教訓も織り込まれた話である都市伝説が作り出されていったのである。

当初はマスコミを用いて都市伝説を広める計画もあったが、経費等の問題があったため金のかからない口コミを用いて広めることとなった。現代のマスコミ不信を思えば結果的にではあるが、先見の明があったといえるだろう。

具体例[編集]

口裂け女
内容:マスクをした若い女性に「わたし、きれい?」と尋ねられる。そこで「きれい」と答えると女性はマスクを外して耳元まで裂けた口を見せびらかす。「きたない」と答えると斧や包丁などで殺される。
真意:人の質問には答えるな!
5秒ルール
内容:地面に食べ物を落としても5秒以内に食べればたぶん大丈夫。
真意:食べ物は残さず全て食べるべし!
猫レンジ
内容:濡れたを電子レンジで乾かそうとして猫を殺した人物が「猫を電子レンジに入れるなと取扱説明書に書いていないメーカーのせいだ」と訴え、勝訴して莫大な賠償金を手に入れた。
真意:億万長者になるには裁判が近道だ!
ミミズバーガー
内容:ハンバーガーの肉には肉だけでなく、ミミズも使われている。
真意:添加物入り牛肉より無添加ミミズ肉の方が健康的で安心だ!
赤い部屋
内容:「赤い部屋」と呼ばれるポップアップウィンドウを見た者にはが訪れる。
真意:ポップアップブロッカーは必ずインストールするべし!
黄色い救急車
内容:気違いを搬送する救急車。
真意:大声を出してわめき散らすのは絶対にやめよう!
くねくね
内容:田んぼなどに現れる不思議な物体。見ると精神が崩壊する。
真意:変なものは見るな
東京地下秘密路線説
内容:東京の地下には戦前に掘られたトンネルがたくさんあって、それが隠されているというもの。軍事目的、政治的目的など多数・・・。
真意:そんなのねぇよ。てか既にオープンになってるよ。
臍盗り魔
内容:夏の夜に腹を出して寝ると雷様にお臍を盗られる。
真意:整形で臍を無くせ!
閻魔の制裁
内容 : 嘘をつくと舌を抜かれる。
真意 : ユーモアのない嘘をつくな!

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「都市伝説」の項目を執筆しています。