出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
酢の一種。腐食性があるので瓶に入っていることが多い。

(お酢,:vinegar)とは、古くから知られている毒薬のひとつである。

概要[編集]

常温・大気圧下では無色透明の液体である。糖分またはアルコール醸造することにより製造される。
(なお醸造とは、葡萄のジャムワインに変え、小麦粉または石をパンに変え、血をミルクに変えるなどの効力を持つ古代魔法の一種である。 詳しくは当該記事を参照のこと)

酢は非常に安価で、市場に出回ることも多い毒薬のひとつであるが、欠点として非常に酸味が強いことでも知られている。しかし、この酸味が酢の毒素そのものなので取り除くことが難しい。現状、酸味が苦手な人は青酸カリ水酸化ナトリウムなど別の毒薬を使用することが望ましい。

酢の毒効メカニズム[編集]

酢は猛毒である。ここではその根拠について述べる。

  • 酢は化学式で書くと"CH3COOH・nH2O"、すなわち「酢酸水和物」である。
    • つまり、塩酸酸性雨などと同じ、あらゆる物を溶かすを、猛毒物質のDHMOと任意の割合で混合した物質である。
  • 酢酸の原料はアセトアルデヒドである。
  • 刺激臭を持つ。
  • 酸味が強い。
    • これらは、人間がかつて食料を自給していた時代に興った防衛本能の一種である。防衛本能が働くのは、酢が毒物であるからに違いない。
  • 反射的に唾液を分泌させる効果があり、脱水症状の原因となる。
  • 更に中毒性習慣性が指摘されており、飲用歴のある者は、記憶によって臭いだけでも唾液を多量に分泌する。

しかし、酢は調味料であると主張するメーカーも一部に存在する(後述)。

歴史[編集]

酢は非常に長い歴史を持つ。酒造の過程において放置しすぎると勝手に生成してしまうため、酒の発明とほぼ同じ程度の歴史を持っているとされる。当時から、生成された酢を飲むと(濃度によるが一定確率で)死亡することが知られており、多くの人はそれを避けるために未熟な酒を好んで飲んだと言われている。

しかし、もっと芳醇な酒を飲みたいと考えた一部の酒豪や、この毒をうまく抽出・悪用できないかと考えた一部の研究者は、いずれこの「酢」を発見することになるが、当然のことながら発見した者はことごとく死亡しているため、そのような記録が残っていることは稀である。

なお興味深い証拠として、紀元前1000年前後にエジプトの王であったフォルレⅡ世が戦争に赴く前の食事の際に、ビールから作った酢のドレッシングをかけたサラダを食している様子を描いた壁画に残されている。彼がその後どうなったのかは述べるまでもない

海外における酢の歴史[編集]

海外において酢は、発見以来長らく毒殺用として使用されてきた。詳細はそちらのページを参照されたし。

日本における酢の歴史[編集]

日本に酢が渡ってきたのはおそらく縄文時代中期ごろ、香水として渡ってきたものが最初である。ただこれは香水なのでさすがに飲まれてはいなかったようである。

では初めて飲まれた酢がどのようなものだったかというと、おそらくは香水として伝わるより前の紀元前に、中国朝鮮半島、現在のロシアなどから酒として海を渡ってきたのが最初であると考えられている。当時は高速な輸送が不可能だったため、どれもことごとく酢に自然変化していたのである。

当時の日本人は当然のように酢を自殺に用いた。集落におけるストレス社会が原因であると考えられている。

なお、日本は縄文時代以前から既に自殺大国であった。矢尻が刺さった状態で人骨が出土しているのがその最たる証拠である。そんな日本においては、恒常的に新しい自殺の方法が考案されていた。古代日本人たちはやたら人間に絡み付いてくる複数本の長い足を持ち、海中では黒い墨を吐く赤い体なのに地上に揚げると白く変色する謎の生物を含む 海中のあらゆる生物を生で食してみたり、時には生きたまま食してみるなどあらゆる自殺法が考案されたものの、死に至ることが難しかったり、大きな痛みを伴うものであったり、NRVを貼られるようなものであったりし、これらは広く普及しなかった。

酢の飲用はこれに代わる、痛くなく確実な、画期的な自殺方法として広く用いられた。

また、弥生時代ごろになると集落同士が戦争をはじめるようになるが、横暴な主導者に怯えた農民などがことごとく酢による自殺を行ったようである。後に中央集権や国造による律令制が始まると、人々は困窮にあえぎ酢による自殺を行った。

多くの地方自治体が力をつけるようになった戦国の世になると、ようやく戦死は栄誉であると考えられるようになり、酢は毒殺に利用されるようになった。だがこの頃から酢の毒素のメカニズムが解明されはじめ、毒殺されかけた者は苦心して酢の食用化手法を発見した。これにより、奇しくも酢による毒殺方法を相手に見破られることになってしまったので、多くの末端兵が叱責により酢による自殺を行った。

幕府政府が横暴な政治を行っていた時代は、多くの市民が酢による自殺を行った。参勤交代などは、自殺を行わせないための手段の一つであった。戦時中は再び戦死は栄誉であると考えられるようになり、酢は毒殺に利用されるようになった。だがこの頃から海外において酢の毒素のメカニズムが解明されはじめ、毒殺されかけた者は近代的な合成毒薬による報復を行った。これにより、奇しくも近代的な毒殺手法の研究が進んでしまったので、多くの末端兵が叱責により酢による自殺を行った。

日本でも多くの人が酢による自殺を行ったリーマンショック時は、世界中で酢による自殺が行われる一種の自殺ブームであった。
現代においても、ストレスなどで多くの人々はによる自殺を行っている。

注釈[編集]

  • 日本で酢を購入する際は、薬剤師または登録販売者のいる薬局ドラッグストアからでないと購入できない。
  • 戦国時代に日本で酢の食用化が行われているが、根本的に美味しくはなかったようで、現代では失われた技術となっている。
  • 素という状態があるが、これを「そ」でなく「す」と読むのは、酢による自殺を行った後の状態こそが人間の自然状態である、という日本の死生観があったからだ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。