酷使様

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は左に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。
日々愛国活動に忙しい。
酷使様(こくしさま)とは、総兵力17万人の軍事・政治パフォーマンス集団である。この兵力は陸上自衛隊の総兵力とほぼ等しいが、専らラーメンやナノテクゼリーの販売だけによって整備・維持されている。政治思想的には「在宅特権」を擁護してくれる維新政党・新風と親和的。

主な任務[編集]

日常は自宅守備隊として各々自室に完全武装で駐屯し、自宅師団の師団長として、わが国の独立と平和を堅持すべく、敵と日夜死闘を繰り広げている。また思想統制のためのネット検閲業務も重要な任務であり、自らの美学と相容れないものは韓国製を基に開発された純国産火病センサーによって探知され、全て「サヨク」となる。このため日常美学として戦前回帰や尊皇主義を謳うものの、なぜかしばしば天皇陛下がサヨク、つまり敵対勢力として認定されることがあるが、これは火病センサーの開発元が韓国だからなのか、国産化の過程に問題があったのか、原因がわかっていない。しかし最近は弾切れで、敵を攻撃する材料がほとんど入ってこない為、過去の出来事を掘り返し、抗議したり怒りを挙げることに執念を燃やしている。決してニートの暇潰しの為だけの遊び等ではない。

「この過酷な任務への報酬は月50万円でも高くはないはずだ」と自分たちの“特別国家公務員”化と高額報酬を要求している[1]が、要求が政府に伝わっている様子はない。というより、政府は彼らの存在を最近まで知らなかった。2009年の総選挙前に当時の政権洗脳による命令ネットウヨらと共にビラ配りを半ばやらされた経緯があり利用された節もあるが、結果を見るに無駄に終わったようだしそんな事は誰も気にしない。ちなみに軍隊や情報機関にしてみれば、便所の落書きである匿名掲示板への(しかも日本語での[2])カキコより、コンピューターウイルスを作って標的の機関に送り込む方がずっと実用的且つ有効である。

敵対勢力の陰謀[編集]

酷使様を敵視するミンスマスゴミが、酷使様の家の周辺に毒ガスを散布している。大変危険な状況なので酷使様は滅多に家から出ることも出来ない。敵の隙をうかがって、近所のコンビニに行き少年ジャンプを立ち読みして(ちなみに彼らの多くは漫画雑誌など卒業して然るべき年)、すぐに帰宅して家の警備に復帰しなければならないという過酷な生活である。毒ガスは当然家の中にも多少の影響を与えるが、酷使様はナノテクゼリーを食べているので、健康を維持できるのである。

主要装備[編集]

F5キー
韓国や中国の酷使様(糞青)との交戦において必須装備である。双方がF5アタックの応酬で敵通信網の撃破を狙う。酷使様にとっては最大の頭脳戦術であり、これ以上の複雑な攻撃手法は採られることはない。
電話
国内における突撃兵器。電凸戦術に使用される。国外への攻撃に使うと過大な戦費で自らも玉砕しかねない、且つ、ハングルや北京官話、更には英語も全く話せないため、韓国・中国などへの攻撃に利用されることはない。
2ちゃんねる
外界とつながる唯一の生命線。兵站線であり、友軍との連絡にも使用される。
YouTubeニコニコ動画
一般人に世の中の「真実」を伝える宣伝機関として利用する。敵の情報を集める時にも使われる。
Yahoo! ニュース
主に「コメント欄」をプロパガンダの場として使用。思想投稿後、別アカウントを用いて「私もそう思う」の多数派工作を展開する。外出して直射日光を浴びると即死してしまうため屋内戦専門部隊である。

脚注[編集]

  1. ^ 以下は本人たちからの主張:
    前から言おうと思ってたんだけど
    「家でひきこもってるやつが国防語るな」だの「自衛隊に入ってから言え」だの言ってるやつ。
    お前らに言いたい。お前らはアホか?と。
    お前らの頭の中では国防と言えば「軍事」だけなの?戦国時代じゃないんだぞ?
    そりゃ戦国時代なら兵隊になりゃ済む話だろうが、今は高度な情報化社会。情報戦も大切なんだよ。
    俺たちのおかげで日本の情報戦は成り立ってるんだぞ?
    本音言うと月50万ぐらい給料もらいたいほどの激務。
  2. ^ プロパガンダをやるなら相手国の言語で相手国のそれに書かなきゃ全く意味が無い、しかも相手国の人間に成りすまして。……あれ?在留者の成りすましって、当の酷使様達の最大の攻撃対象じゃなかったっけ…?

関連事項[編集]

この項目「酷使様」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。