釈迦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「釈迦」の項目を執筆しています。
「釈迦といふいたづらものが世にいでておほくの人をまよはすかな」
釈迦 について、一休

釈迦(しゃか、紀元前560年 - 紀元前480年紀元前463年 - 紀元前383年 他、数回の生涯あり)とは、仏教の開祖であり、記録上最古に近いエクストリーム・自殺プレーヤである。

目次

[編集] 生涯

生き返りの一例。普通に人間として生まれてくるとは限らない。

仏教には輪廻転生という考え方が存在するため、釈迦の生涯は記録に残っているだけでも100万回生きた猫並みに波瀾万丈である。全ての生涯を表記するには筆者も輪廻しなければならなくなってしまうほどであり、非常に困難であるので、ここでは最後の生涯についての記述にとどめたいのであるが、その生涯を送ることになった理由が、その一つ前の生涯におけるエクストリーム・自殺の賞品であるとされているため、そのことにまず触れておかなければならないであろう。

その頃、釈迦はただの成年であったが、森の中で飢えたの親子に遭遇している。普通ならばその場で襲われた上、食われて終わりなはずであるが、なぜかその時に虎を哀れに思う余裕があったり、一度岩山に上ってから虎の前に身を投げる余裕があると言った不思議な死に方をしている。これは記録上最古の部類にあるエクストリーム・自殺として、日本にも文献が伝わっており、法隆寺に記念のレリーフが残されている。今日ではエクストリーム・自殺において表彰が行われることは少ないのであるが、当時は表彰制度があったと考えられ、このことが表彰された釈迦はインドの王子として生き返ることとなった。王子と言ってもインド全体を治める王の子供ではなく、地方領主の子ではあったが。

しかし、生き返りには無理があったのか、母親を悪夢で苦しめた挙げ句右脇を破って出てきた上、七歩歩いて「天上天下唯我独尊」とエゴ丸出しの発言をしている。いろいろショックだったか、母親は直後に病死した。

なんにせよ不思議な力を持った子供だったので、父親の期待はすさまじいものがあったという。専用の宮殿を与えられ、当時一流の家庭教師によって学問や武道をたたき込まれたのだが、環境的に友人が少なかったか、教養や体力はあっても中ニ病をこじらせていたようで、結婚して子供が出来た直後に「俺の居場所はここではない」とばかりに頭をスキンヘッドにイメチェンした後フーテン生活に入る。嫁さんと息子はもちろんほったらかしである。しかも息子には「障害」という意味の名前をつける。でも息子は父ちゃんリスペクト。母親の教育って本当に大事。

家出直前の話もなかなかひどい。遊びにでかけよう→病人がいるわ、エンガチョ→今度こそ遊びにでかけよう→死体があるわ、やめよう。 こんなのばかりである。とりあえず死体は埋葬してやれ。

前世が前世だったため修行はすさまじいものであったという。文字通り背中の皮と腹の皮がくっつくほどの絶食や、自分の体をただ単に痛めつけるだけの苦行など。幻覚を見てついうっかり飛び降り自殺しかけたことまであったとされている。しかし、所詮は中ニ病の王子様であり、やがて挫折してそのあたりの村で行き倒れになりかけた所を村娘(この村娘は名前が文献に残っている。釈迦は命を救われたのがよほど嬉しかったか、その村娘がよほど魅力的であったかどちらかであろう。)の差し出した一杯の牛乳がゆによって救われている。 (後にこれがスジャータと言う水と植物油の合成物に変わり、ポーションと銘打っていても体力回復には使えない単なるまがい物になってしまったのは20世紀後半からである。) しばらく後に母国が攻め滅ぼされたことを聞き「やはり俺は正しかった」と喜びと悲しみの狭間の境地に達した。 その後はどこかの僧侶に勝手に弟子入りしては幻滅して去ることを繰り返した。 ここにいたって、釈迦は一つの悟りを開く。「何事もほどほどがいい」「こだわりすぎると大事なことを見落とす」と言ったことである。修行を始める前に気付いておいた方が良かったことなのではないだろうか。

そういった誰でもわかることに理論武装を施すためにさらなる修行を積んだ釈迦は、仏教と称する新興宗教を開き、多くの人間を集めた。当時としては非常に高齢である80歳頃まで仏教の教えを説き続けたが、最終的には食あたりで亡くなっている。どうやら肉かキノコにあたったらしい。食べ物で悟りを開いて食べ物で亡くなるというのも何かの因縁だろうか。

釈迦の死後、教団はいくつもの派閥に分かれ、最終的には完全に分裂してしまう。そのため、力をつけたヒンドゥー教などに押されて本家のインドでの居場所を失い、日本タイネパールブータンチベット…を国と言うと怖い人が来そうだが…などの小国に行き着いて安住の地を得ることになった。しかし、釈迦の死語2000年以上が経過した今となっては、本来の教えはすでに失われていると言っても過言ではないだろう。仏教徒であるにもかかわらず悟りを開くことに執着しすぎ、何日も断食する苦行に手を染めるものも出てきているくらいである。

[編集] 天上天下唯我独尊

面白い形のバイクが好きな人たちの服に縫い込まれていることがあるこの言葉、よく勘違いされているが「この世で俺だけが偉い」という意味ではない。本来の意味は「この世に俺は一人しかいないから偉い」であり、ナンバーワンよりオンリーワンなのである。しかし、おもしろバイクさんは「個性」の意味も取り違えているため、間違っていても間違っていなくても大差ないとも言える。

[編集] ブッダは何故布教活動を渋ったのか?

ブッダ「だってそうだろ。だれがわかるんだ。エントロピーのことや遺伝子のこと、微積分、相対性、不確定性、超対称性、場の理論‥‥ムズカシイ‥どう説明したらいいんだぁ‥‥」

[編集] 現在

現在は有給休暇を取りバカンス中。 東京都立川市のアパートの一室でイエス・キリストと二人暮らしのようである。現在、漫画家をしており、天界のフリーペーパー「R2000」に「悟れ!! アナンダ!!」を連載中。単行本も発行した。 天敵は小学生。

また、エクストリームスポーツ・聖杯戦争にも参加したらしい。

[編集] 関連項目

Bouncypotato.gif
この記事「釈迦」は何故か「撃打」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Uncyclo letter u2.png この記事は第一回拡張王コンテストに参加しました。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語