重力

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

重力(じゅうりょく)とは、天体が我々を地面に縛り付けるために生じさせる力のこと。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「重力」の項目を執筆しています。

概要[編集]

すべての物質には引力が働いている。引き合うからこそ男女はくっつき、子どもが生まれる。やがてその子ども達も引き合い、子孫を作っていく。つまり引力があるからこそ人がいるのだ。分かりやすく言うと、引力がないとあなたサザエさんの作者あいつこいつゴキブリ二次元の少女アンサイクロペディアンもいないってことだ。

その引力の中でも、天体が我々人間を始めとした生物を離したくないために発揮する力を重力と呼ぶ。今や人類宇宙で生活しようとしているが、それを予測したかのように地球は重力を用意し簡単に地面から離れられないようにしているのである。

重力の本質[編集]

重力はの力と言える。人間と人間が引き付き合うように、天体もまた重力によりお互いを引き合っている。弱すぎると近づかず、強すぎると衝突して破滅する。まさに愛である。

相対性理論によると、重力は空間を歪ませるらしい。この歪みが強いほど相手を受け入れる準備が整っている指標になる。だが強すぎてブラックホール化してしまい、一度ものを手にしたら離さない天体もある。

人類にとっては地球が自分たちを丁度良く地上に留めさせてくれる役割をしている。地球の送る愛こそが我々にぴったりなのだ。

歴史[編集]

宇宙は誕生時、四つの力を残した。電磁気力・強い力・弱い力、そして重力である。これはこれから星が誕生する時に一人でさみしい思いをしないための引き合う力として用意された。

やがて地球という星が誕生する。かねてより存在した重力のおかげで母親である太陽や兄弟である惑星たちと呑気に暮らすことができた。そんな地球も母になる。幸運にも水を手に入れた地球は重力を使ってそれを引き止めた。そのおかげで生命という子どもが生まれる。そう、子ども思いな母ちゃんは子どもである人間や動物たちを作り出し、一時も離れないために重力を作りだしたのだ。

人類が誕生すると改めて重力のありがたみを確認することになる。

ガリレオ・ガリレイはピサの斜塔から重さの違う玉を落とし、重力加速度はどんな質量でも同じ9.8m毎秒であることを突き止めた。つまり地球は僕らみんなを平等に愛してくれているのだ。

アイザック・ニュートンリンゴが木から落ちるのを見て、地球上の物質は母親の愛の欲しさに自ら落っこちていくことを発見した。すなわち普通の物質にも重力は存在するのである。

いくら愛しているとはいえ、子どもはいつか大人になる。我々は重力という呪縛から離れて宇宙で生活せねばならない。しかしそれでも地球は愛しさ故に重力で宇宙に旅立つ者を引き戻そうとする。

だからこの重力は、母ちゃんの子どもへの思いの結晶、今日もしっかり大地を踏みしめて歩こう。

重力と人類のこれから[編集]

宇宙のあらゆるところに重力は存在している。なぜならいかなる天体も我々を受け入れてくれるからだ。人類はこれからそんな宇宙に旅立っていく。

しかし、身の丈にあった重力のところにいなければ、我々は苦労することになる。例えば月はまだ受け入れの準備が整っていないからか、重力は6分の1しかない。いずれ人類は別のところに出発するだろう。また強すぎるのも問題である。強すぎる愛はストーカーのように歪んだ形で現れ、体に異常をきたすようになる。

重力もどきに使えるものとして遠心力がある。遠心力は重力による天体同士の危険な接触を避ける役割をしている。これに人類は目を付けた。「無重力空間」などと言うが実は重力は働いている。地球を回ることによって重力に対抗できるまでの遠心力を生み出しているのだ。このことは人類が母なる地球に対して反抗期に入ったことを示す。今のところ母親なしには生きられないが、やがて大人になるにつれて遠心力を使った居住地を宇宙に作ることになるだろう。

関連項目[編集]